【動画】夏におすすめのピンクメイク!2019年はアイシャドウが主役

テーマ

    今回は、夏向けな大人のピンクメイクを紹介します。

    ピンクと言っても、あまりピンク感はなく、甘さをかなり抑えているので、普段ピンクを使用しない方でも挑戦しやすいです。

    また、あえてチークをつけず、夏っぽいヘルシーさを演出してます。

    大人っぽいのに遊び心を感じるメイクなので、これからの季節にぴったり!

    ぜひ参考にしてみてください。

コスメ

  • ボリカ:美容液マスクプライマー
  • ザセム:チップコンシーラー [ 1.5 ]
  • レブロン:カラーステイメイクアップ [ 150 ]
  • キャンメイク:マシュマロフィニッシュパウダー [ MO ]
  • Too Cool For School:アートクラスバイロダン シェーディング
  • セザンヌ:パールグロウハイライト [ 01 シャンパンベージュ ]
  • ケイト:デザイニングアイブロウ3D [ EX-5 ブラウン系 ]
  • エクセル:リアルクローズシャドウ [ CS03 ローズピンヒール ]
  • エスプリーク:セレクトアイカラーN [ BR302 / BE309 / RD400 ]
  • ウズ:アイオープニングライナー [ ブラックブラウン ]
  • マジョリカマジョルカ:ラッシュエキスパンダーロングロングロング [ BK999 ディファインブラック ]
  • オペラ:リップティントN [ 06 ピンクレッド ]

How To

  1. 下地を塗ります。頰、額、鼻、 顎におき、顔の中心から外側に向かって広げていきます。(0:03~)
  2. コンシーラーを塗ります。カバーところにつけ、指で馴染ませていきます。(0:22~)
  3. ファンデーションを塗ります。頰、額、鼻、顎におき、指で軽く広げます。次に、スポンジを使用し、たたき込むように広げていきます。(0:31~)
  4. パウダーを顔全体に薄くつけます。顔の中心から外側に向かってつけていきます。(1:14~)
  5. シェーディングを入れます。付属のブラシを使用し、頬骨から顎先にかけて入れます。(1:25~)
  6. 眉毛を描きます。(1:30~)まず、一番上と真ん中を混ぜ、眉尻を描いていきます。

    次に、真ん中と一番下を混ぜ、毛と毛の間を埋めるように眉全体につけていきます。

  7. アイシャドウをつけます。(1:48~)右上のシャドウをアイホールと涙袋につけます。BE309を上まぶたの1/2につけます。

    左下のシャドウを上まぶたの1/3につけます。また、目尻側はアイホールまで広げます。

    次に、下まぶたの際につけます。

  8. アイラインを引きます。目尻側に引きます。(2:20~)※目尻側だけでなく、全体に引いても大丈夫です。
  9. マスカラをつけます。切れ長な目にしたいので、目尻側を中心にビューラーでまつ毛を上げ、マスカラをつけます。(2:26~)
  10. ハイライトを入れます。頬骨と鼻に入れます。(2:39~)
  11. リップを塗ります。全体的にしっかりとつけます。(2:43~)

レビュー

item:OPERA リップティント[06 ピンクレッド]

KANAKOさん/30歳/敏感肌/ブルベ(夏)

ティントリップは荒れたり変な落ち方をしたりして苦手でしたが、このオペラのティントはとても良かったです。

最初は薄めに発色して、だんだん色味が出てくる感じです。

時間が経つとオイル感がなくなって色味だけ残る感じになります。

ピンクレッドは名前の通りピンクとレッドが混ざったちょうどいい色味で、派手すぎないのにパッと明るく発色してくれます。

オイルの質感が苦手なので、そこだけ好みがあるかなという感じでした。

夏メイクが気になる方はこちらもおすすめ♡



他のコスメメイク動画を見る