【動画】夏フェスで崩れない&日焼けしないメイク術♡メイク直しも不要

    テーマ

    フェスが開催される季節になりました。参加される方も多いと思います。

    野外で行われるため、日焼けやメイク崩れが気になりますよね。

    今回は、そんなことを気にせずフェスを楽しんでもらうために、夏フェスで崩れない&日焼けしないメイク術をご紹介します。

    今回は、ピンクをメインにしたカラーメイクになります。普段、カラーメイクをしない人も是非挑戦してみてください♪

コスメ

  • ettusais:オイルブロックベース
  • SKINAQUA:トーンアップUVエッセンス
  • REVLON:カラーステイメイクアップ [ 150 ]
  • the SAEM:チップコンシーラー [ 1.5 ]
  • CANMAKE:マシュマロフィニッシュパウダー [ MO ]
  • CANMAKE:リップ&チークジェル [07 タルトフランボワーズ]
  • excel:パウダー&ペンシルアイブロウEX [ BR-2 キャメルブラウン ]
  • WHOMEE:マルチマスカラ [ happie ナチュラルブラウン ]
  • CANMAKE:ラスティングマルチブロウコート [ 01 クリア ]
  • COFFRET DOR:プレイフルカラーアイ&フェイス [ 03 ヒマワリ/ 06 ビキニ ]
  • ヒロインメイク:ボリューム&カールマスカラスーパーWP [ 02 ブラウン ]
  • UZU:アイオープニングライナー [ ブラックブラウン ]
  • OPERA:リップティントN [ 06 ピンクレッド ]

How To

  1. メイクをする前にしっかりと保湿をしてください。

    保湿をすることで乾燥を防ぎ、余分な皮脂分泌を防ぐことができます。

    保湿後は、ティッシュで軽く抑えてからメイクを始めるとより崩れにくくなります。

  2. オイルブロックベースを塗ります。Tゾーンなど普段皮脂が出やすい部分につけ、指で馴染ませます。(0:03~)
  3. 下地を塗ります。顔の中心から外側に向かって広げます。(0:10~)
  4. コンシーラーを塗ります。

    まず、カバーところにつけ、指で馴染ませていきます。

    次に、水を含ませたスポンジで軽く抑えます。(0:31~)

    ※水を含ませたスポンジを使うことで、肌への密着度が増し、崩れにくくなります。

  5. ファンデーションを塗ります。

    まず、両頬と鼻につけ、指で軽く広げます。

    次に、水を含ませたスポンジでたたき込むように馴染ませていきます。

    ※私は赤みが出やすいので、ファンデーションをつけていますが、つけなくても大丈夫です。(0:44~)

  6. パウダーをつけます。いつもよりやや多めに顔全体につけます。(1:02~)
  7. 眉毛を描きます。

    ペンシルで眉山や眉頭など、足りない部分を描きます。

    眉マスカラをつけます。眉頭に向かってつけ、眉毛に馴染ませたら、眉尻に向かってつけ、形を整えます。

    ラスティングマルチブロウコートを眉全体につけます。眉尻は特にしっかりつけてください。(1:11~)

  8. アイシャドウをつけます。ヒマワリをアイホールにつけます。

    ビキニを上まぶたの1/3につけます。

    リップ&チークジェルを目尻側につけ、目頭側に向かってぼかします。(1:39~)

  9. リチークをつけます。頬骨のあたりに楕円形につけます。(1:51~)
  10. アイラインを引きます。目尻側はややはね上げになるように引きます。(2:00~)
  11. マスカラをつけます。全体的にしっかりつけます。(2:07~)
  12. リップをつけます。唇全体にしっかりつけます。(2:28~)

    ※最後にメイク崩れ防止スプレーを使用するとより化粧もちが良くなります。

レビュー

item:OPERA リップティント[06 ピンクレッド]

ユキさん/26歳/混合肌/イエべ

どのリップを使っても縦ジワが目立っていましたが、こちらは全く問題なしでした。

そしてグロスのようなツヤ感が出るのにべたつかず、使い心地もいいです。

リップ特有の香りもないので、気になりません。

乾燥することもなく保湿力がいいので、数時間経っても色落ちが気になりません。

色の種類が豊富なところも嬉しいポイントです。デートなどに重宝したいアイテムです。

2019年夏にチェックしたいメイク動画はこちら♡



他のコスメメイク動画を見る