【動画】オペラ『リップティント N 101』♡限定色のルーセントピンク

テーマ

    5月24日にリニューアルされたOPERAリップティントの限定色である『101 ルーセントピンク』に合ったメイク をしてみました。

    101は、ラメが入っており、青み系の可愛らしい透明感のあるピンクです。

    今回は、リップのイメージに合わせて透明感のある可愛らしいメイク をしてみました。

    デートなどにオススメのメイク方法なので、参考にしてみて下さい♪

コスメ

  • PAUL&JOE:ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N [01]
  • INTEGRATE:スポッツコンシーラー
  • KATE:シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド) [01]
  • CANMAKE:マシュマロフィニッシュパウダー [MO)]
  • ちふれ:パウダーチーク [142 ピンク系パール]
  • CEZANNE:フェースコントロールカラー [4 マットブラウン]
  • CANMAKE:アイブロウペンシル [01]
  • WHOMEE :マルチマスカラ [happie ナチュラルブラウン]
  • excel:リアルクローズシャドウ [CS03 ローズピンヒール]
  • UZU:EYE OPENING LINER [BROWN BLACK]
  • ヒロインメイク:ロング&カールマスカラアドバンストフィルム [02]
  • OPERA:リップティントN [101 ルーセントピンク]

How To

  1. 下地を塗ります。頰、おでこ、鼻、あごにおき、顔の中心から外側に向かって広げていきます。(0:03~)
  2. コンシーラーを塗ります。クマや赤みが気になるところにつけ、指で馴染ませていきます。(0:27~)
  3. ファンデーションを頰の三角ゾーンにのみ塗ります。(0:42~)
    頰の三角ゾーンが綺麗に見えると肌全体が綺麗に見えます。
    三角ゾーンにのみ塗ることで、厚ぼったくならず、ナチュラルな肌を演出することができます。
    また、顔全体に塗っているときに比べ、メイク崩れしにくいので、オススメです。
  4. パウダーを顔全体につけます。顔の中心から外側に向かってつけていきます。(0:43~)
  5. シェーディングを入れます。
    太めのブラシを使用し、おでこからあご先に向かって、Eを描くように入れていきます。(1:10~)
  6. ノーズシャドウを入れます。
    付属のブラシを使用し、鼻先、鼻筋、眉頭に入れていきます。(1:19~)
  7. 眉毛を描きます。
    まず、ペンシルで足りない部分を描いていきます。
    次に、眉マスカラを使用し、内側に向かって2~3回眉毛をとかし、最後に外側に向かってとかし、形を整えます。(1:27~)
  8. 涙袋の影を描きます。
    細いチップまたは綿棒を使用し、影を描いていきます。(1:47~)
  9. アイシャドウを塗ります。
    まず、右上のシャドウをアイホールと涙袋につけます。
    次に、左下のシャドウを目の1/3につけ、上に向かってぼかします。
    最後に、目尻から黒目の中心に向かってつけます。
    目尻は、三角形になるように広げます。(1:55~)
  10. アイラインを目尻側に引きます。
    タレ目に見えるように少し下に下げます。(2:14~)
  11. ビューラーでまつ毛を上げ、マスカラをつけます。
    黒目のあたりを中心にしっかりとまつ毛を上げ、つけていきます。(2:19~)
  12. 頬骨の一番高い位置にチークを指でポンポンとなじませます(2:00~)
  13. リップパレットのベージュ寄りのオレンジをブラシで塗っていきます(2:19~)
  14. チークをつけます。
    黒目の中心から円を描くように丸く入れます。(2:31~)
  15. リップを塗ります。
    中心から外側に向かって塗り、最後に馴染ませます。(2:38~)

オペラの新作リップはこちらもチェック♡


ARVO動画一覧に戻る