【2019】シンガポールの女子旅スポット16選!おすすめの観光地はここ

【2019】シンガポールの女子旅スポット16選!おすすめの観光地はここ

ラッフルズのハイティーで贅沢昼下がり

せっかくの女子旅なら、プチ贅沢な時間も楽しみたいですよね。そこでおすすめなのが、ラッフルズシンガポールでのハイティーです。

6.高級老舗ホテル「ラッフルズ シンガポール」は外せない

View this post on Instagram

A post shared by Raffles Hotel Singapore (@raffleshotelsingapore)

ラッフルズシンガポールは1887年開業の老舗高級ホテルです。シンガポール版ミシュランで最高ランクの5つ星に輝いたことでも知られています。

敷地内は大理石の上品な雰囲気で、どこもを切り取ってもフォトジェニックな女子旅向けのホテルです。

宿泊するのもよいですし、ホテル内レストラン「ティフィンルーム」のハイティーと呼ばれるアフターヌーンティーを楽しむだけでも素敵な思い出になりますよ。

7.ハイティーは予約を忘れずに

View this post on Instagram

A post shared by Raffles Hotels & Resorts (@raffleshotels)


ラッフルズシンガポールのハイティーは、世界的に知名度が高いです。

行く場合は事前に予約しておきましょう。公式サイトから英語で予約ができますが、不安な場合は旅行代理店等に依頼するのが安心です。

アクセス:シティホール駅から徒歩約5分

8.乙女心をくすぐるプラナカン文化を感じよう

シンガポールは多国籍国家で、多様な文化が感じられます。

中でも、中国、マレー、ヨーロッパの文化が入り混じったプラナカン文化は、乙女心をくすぐる可愛い色使いとデザインが特徴です。

9.お土産に最適!プラナカン雑貨

View this post on Instagram

A post shared by RiRi りり (@riri_diary)

女友達には是非プラナカン雑貨を選んでみてはいかがでしょうか。色鮮やかなデザインと上品さが女子の心を掴んで離しません♡

10.インスタ映え間違いなし♪プラナカンの建物

プラナカン文化を感じる街並みが残る場所、カトン地区は女子旅で欠かせないスポットです。パステルカラーの可愛らしい建物が行儀よく並んでいます。

おしゃれな街並みは、インスタ映え間違いなし!いろいろな角度から気に入る1枚を撮影してみてください。

アクセス:パヤ・レバー駅から徒歩約30分 タクシー利用がおすすめ

多民族国家の異国情緒を楽しむ サルタンモスク

1824年に建築された“サルタン・モスク”は、シンガポール最古のイスラム寺院で、見学コースも解放されています。

日本ではなかなか入ったり見たりすることもない文化を体験できるスポット。

美しいたたずまいは言葉を失うほどで、シンガポールならではの多民族国家を実感できる空間となっています。

見学の際は、露出が多い服は禁止されているため観光客用ローブを借りるか、あらかじめ服装を選んで訪れると良いでしょう。

アクセス:ブギス駅から徒歩約8分

Sultan Mosque(海外サイト)

11.礼拝時間に合わせるとお祈りの姿が見学できる

寺院内には最大5000人を収容できる礼拝堂があり、厳粛な雰囲気を見学することができます。

礼拝堂内への立ち入りは禁止されていますが、1日5回の礼拝の時間に行くと実際の信仰者がお祈りをされている姿を見ることもできますよ。

見学ツアーなどはこの時間に合わせて組まれていることが多いので、混雑を避けるなら礼拝時間を確認し、それ以外の時間で訪れると良いでしょう。

12.周辺ストリートでショッピング

モスク周辺には「ブッソーラストリート」や「アラブストリート」など興味深いストリートが沢山あります。

アジアン雑貨やマレー衣装、デザイナーズショップなど様々なお店があるので飽きることもなく、色鮮やかで写真映えする外観も観光客に人気です。

エスニック雑貨などのお土産を購入するにもおすすめですよ。

ふわふわワッフルと可愛いトッピング“Lickety(リィカァティ)”

View this post on Instagram

A post shared by えりキャン△ (@erincology)


アラブストリートで女子旅におすすめのお店が“Lickety”です。ワッフルをクレープのようにしてアイスやトッピングを自由に選べます♪

ふわふわの生地にカラフルで美味しいアイスやトッピングが合って美味しいだけでなく、目でも楽しめますね。

インスタ映え間違いなしなので是非思い出作りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Lickety SG (Facebookページ)

海外旅行カテゴリの最新記事