2018年関西4大花火大会は穴場で!おすすめスポット12選

2018年関西4大花火大会は穴場で!おすすめスポット12選

夏の風物詩といえば花火大会。たくさんの人が集まる席で見るのも良いけれど、たくさんの人で賑わっている観覧席はちょっと窮屈で苦手。そんな方におすすめなのが、穴場スポットから観る花火です。

関西で行われる、なにわ淀川花火大会・天神祭奉納花火・みなと神戸海上花火大会・白浜花火大会の4つのイベントをより楽しめる穴場スポットをそれぞれご紹介します。

なにわ淀川花火大会のおすすめスポット3選(大阪)

平成元年に市民ボランティアによる手作り花火大会としてスタートしたなにわ淀川花火大会は今や大阪の夏の風物詩。毎年、迫力のある大型花火やスターマイン100連発などで見る人を楽しませてくれるイベントです。

2018年は、30回の節目となる年のためこれまでにない趣向を凝らした演出が企画されるそうなので見逃せませんね。

1.本庄公園が比較的空いていて利便性が高め

なかなか穴場スポットの少ないなにわ淀川花火大会ですが、そんな中でも比較的ゆっくり鑑賞できるのが河川敷から少しだけ町の方にある本庄公園。

高い建物も無く、近くにコンビニもいくつかあるのでお手洗いやちょっとした買い物をしたい時も便利です。近年少しずつ認知されている場所ですが、メインとなる淀川の北側や南側よりは例年混雑が少ないので狙い目です。

◾️住所:大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

◾️アクセス:大阪市営地下鉄「中津駅」から徒歩11分

2.海老江地区野球場は家族連れにおすすめ

駅からのアクセスもよく、シートを広げて比較的ゆったり過ごせるのが海老江地区野球場。高速道路の高架があり仕掛け花火などはよく見えませんが、空中の大迫力の花火は十分楽しめます。

海老江地区野球場の詳細は淀川河川公園の公式ページへ

3.日本ペイントビル前から花火を真下から観覧

梅田側有料席のすぐ後ろにある日本ペイントビルは、ビル正面は立ち入り禁止となっていますが、そこから少しずれた位置がベストポイント。打ち上げ会場が非常に近く、臨場感たっぷりの打ち上げ花火を真下から眺められます。

◾️住所:北区大淀北2丁目1-2

なにわ淀川花火大会の詳細はこちら

天神祭奉納花火のおすすめスポット3選(大阪)

1000年以上続く日本三大祭の一つ大阪の天神祭は、毎年130万人が訪れる関西最大のお祭り。約100隻の船団のかがり火と、約4000発の花火が作り出す光景はとても幻想的です。

たくさんの人が訪れるこのお祭りを、うまく混雑している場所を避けて鑑賞できたら嬉しいですよね。そんな方におすすめな穴場スポットをご紹介します。

1.ゆっくり花火を鑑賞したい方は川崎橋へ

川崎橋は天満と都島区網島町を結ぶ、大川に架かる自転車・歩行者専用斜張橋です。

打ち上げ場所からは少し離れてしまうため混雑はそれほどなく、視界をさえぎるものが無いため花火がよく見えます。混雑していない場所でゆっくりと花火を楽しみたい方はこちらがおすすめです。

川崎橋の詳細は大阪観光案内公式ページへ

2.都島橋でライトアップされた大阪城×花火の贅沢ビュー

会場からは少し離れますが、ライトアップされた大阪城と天神祭の花火を同時に楽しめる絶景スポットの都島橋。年に一度この瞬間しか見られない情緒たっぷりの景色が見られます。

都島橋の詳細は大阪市公式ページへ

3.大阪の風物詩を帝国ホテルから間近で

出典:帝国ホテル

帝国ホテル大阪では、ホテルから奉納花火と船渡御を合わせて見られる「ホテルディナーと天神祭観覧席の夕べ」を販売しています。あわせて宿泊プラン、レストランの特別メニューもあり、少々お値段は張りますが忘れられない日になること間違いなしです。

「ホテルディナーと天神祭観覧席の夕べ」の詳細は帝国ホテル公式ページへ

天神祭奉納花火の詳細はこちら

みなと神戸海上花火大会のおすすめスポット3選(兵庫)

みなと神戸の夜空を彩る夏の風物詩として、多くの市民などに親しまれている「みなとこうべ海上花火大会」が今年も開催されます。

兵庫県神戸市の夜景をバックに展開する海上花火大会は、尺玉やスターマイン、仕掛け花火が神戸港一帯をまばゆく照らし出し、海と一体化した演出で見ごたえ抜群です。

1.北公園は夜景をバックに花火が見られる絶景スポット

ポートアイランドの北側にある北公園は、打ち上げ場所と比較的近いという立地に加えバックに神戸の夜景があるという最高のビューポイント。

公衆トイレもあり、整備されているので快適に過ごせます。年々話題となり来場者も増えているそうなので、注意が必要です。

◾️住所:兵庫県神戸市中央区港島2-3

◾️アクセス:ポートライナー中公園駅より徒歩8分

2.静かに楽しめる穴場!神戸布引ハーブ園&ロープウェイ

出典:神戸布引ハーブ園/ロープウェイ

打ち上げ場所から3km程離れているので、臨場感は観客席よりもやや劣ってしまいますが、高台にあるハーブ園の芝生広場や展望テラスから落ち着いた雰囲気で花火を楽しめるのがこちらのスポット。花火と夜景が一望できます。

神戸布引ハーブ園の詳細はこちら

3.新港第二突堤北側は初見さんが来ない穴場

新港第二突堤北側は、公式ページやパンフレットで中央に建物がありますと紹介されているため初めて会場に来た人は行かず比較的混雑が緩和している穴場スポット。花火のみならずハーバーランドや神戸大橋に挟まれ、神戸を一度に体感できる場所となっています。

◾️住所:

◾️アクセス:三宮・花時計前駅C8出口から徒歩10分

みなと神戸会場花火大会の詳細はこちら

白浜花火大会のおすすめスポット3選(和歌山)

和歌山県の白浜町で行われる白浜花火大会は、海辺のリゾート気分で味わえる贅沢な花火大会。県内外から多くの人が訪れます。名物ナイアガラの滝は、約1kmに渡る美しい光のカーテン。人生で一度は見たい絶景です。

1.平草原公園で高台から見下ろす花火

平草原公園は、平草原という白浜の町並みを一望できる高台にある公園です。一般的に、見上げることが多い花火ですが、こちらの高台からは花火大会を見下ろすことができます。駐車場も80台あり、高台から花火の全貌を綺麗に観ることができます。

平草原公園の詳細はこちら

2.白良浜でも南側は比較的混雑が少ない

メイン会場となる白良浜の中でも、比較的混雑の度合いが少なくゆっくりと花火を見ることができるのが南紀白浜マリオットホテル付近の、白良浜の南側。

遠方から来る場合は、南紀白浜マリオットホテルにお部屋をとってお部屋から花火を楽しむこともできますよ。

南紀白浜マリオットホテルの詳細はこちら

3.南紀白浜空港は少し遠いけれど空いていて快適

花火からはやや離れてしまいますが、南紀白浜空港からも花火を楽しむことができます。空港なので、トイレや駐車場も気兼ねなく利用できるので、小さいお子様連れご家族の方などは特におすすめです。

白浜花火大会の詳細は白浜観光協会公式ページへ

穴場スポットで素敵な景色を思う存分味わおう!

花火大会は、音夏を感じてついつい高揚した気分になりますよね。デートや告白の場所として花火大会を選ぶ方も多いはず。そんな大切な場面で、あまりの人混みに二人とも疲れてしまってはせっかくの楽しい時間も辛い時間になってしまいます。

そうならないために、この記事を参考に事前にしっかりと穴場スポットをチェックして、ゆっくりと特別な気分で花火大会を楽しんでくださいね。

他に関西で開催される花火大会情報なら



関東で開催される花火大会情報なら





こちらの記事も読まれています



国内旅行カテゴリの最新記事