美味しいコーヒーの淹れ方と自宅カフェ用おしゃれグッズ8選

美味しいコーヒーの淹れ方と自宅カフェ用おしゃれグッズ8選

最近ではカフェ風のリノベーションやDIYがメディアでもよく紹介されています。

お家でまったりとした休日を過ごしたい方や、家事のちょっとした空き時間に美味しいコーヒーを飲んでほっと一息つきたいなという方は少なくないのではないでしょうか?お家で淹れるコーヒーをさらに美味しくするためのコツと、オシャレにコーヒーが飲めるグッズをご紹介していきます。

美味しく淹れる為に準備する事

コーヒーの淹れ方のテクニックは専門店が出るほど様々です。淹れ方一つで味に大きな変化が出るほどコーヒーは繊細で、飲む人によっても好みが分かれる奥の深い飲み物です。ここでは、基本的な淹れ方と、その理由について解説していきます。

1.美味しく淹れるために準備する道具

コーヒーを淹れる際には器具を温めるためにも少し多めに沸かしましょう。ドリッパーとペーパーフィルター、サーバーの他に、お湯の温度や淹れる際のお湯の量の調整のための別のケトルと温度計も用意して置きましょう。

2.抽出前のひと手間でさらに美味しく

お湯が沸いたらサーバーに入れてサーバーを温めます。抽出はゆっくりなので、サーバーが冷えていると飲むときに温くなってしまうのを防ぎます。また、ドリッパーとフィルターに関しては、濡らす意見と濡らさない意見の両方があるので、自分に合った方法を選びましょう。そして、淹れるためのケトルにもお湯を移しておき、粉はフィルターに入れてゆすったり、トントンと机で叩いて粉をならします。粉の表面をならしておくことで、お湯がムラなく均等に染み渡ります。

3.ドリップをしてみよう

下準備が出来たら淹れます。まずは、少量のお湯を粉全体に水分を均等に染み渡らせて蒸らします。蒸らす工程はコーヒーの美味しい成分を抽出しやすくするために行います。蒸らした後は抽出にムラが出ないようお湯がペーパーへ直接掛からないように注意しながら「の」字を書くようにお湯を流し入れて抽出します。

コーヒーに含まれる味の違い

コーヒーには数種類の味があります。この味のバランスで飲む人の好みが分かれるので、自分の好きな味がどれになるのかを押さえておきましょう。味を押さえておくことでお店での注文も迷わなくなりますし、お家で淹れる時にも好きな味を意識して出せるようにもなります。

酸味でスッキリとした味わいに

コーヒーの酸味についてですが、実はいい酸味と良くない酸味の2つがあります。まず、良くない酸味というのはコーヒー豆の劣化からくるもので、古いコーヒー豆を使うと不快に感じる酸味が出てしまいます。そして、いい酸味というのはフルーツを食べた時のようなスッキリとした酸味の事をいいます。

甘味を引き出しコクを楽しむ

コーヒーにも少なからず甘味があることをご存知でしょうか?コーヒー豆にはほんの少しだけですが、糖分があります。深煎りの焙煎で糖分がカラメル化し、ただ苦いや甘いといった形ではなくコクとして引き出すことができます。また、抽出方法でも80℃以下の温度で抽出することで苦味を抑え、甘味を引き出すことができます。

苦味を上手く調整して好きな味を見つける

コーヒーの苦味成分はたくさんありますが、劣化したコーヒー豆を使うと強烈な苦味やエグ味が出るので酸味と同様使わないようにしましょう。そして、本来の苦味ですが、コーヒーの代表的な成分のカフェインも苦味の一種で、苦味は温度が高いと出やすいため焙煎の仕方や抽出の仕方で苦味を濃くしたりといった変化のつけ方をしてみましょう。

美味しく淹れる7つのコツ

ドリップコーヒーは淹れ方で様々な味が変化します。どんな淹れ方をするとどんな味が出るのかを知っておくと、自分の好きな味や、その時の気分に合わせた飲み方を楽しむことができます。

コツ1:お湯の温度は適温を覚えておく

お湯の温度よってコーヒの味も変化します。温度が高すぎると雑味がたくさん出てしまい、低すぎるとコーヒーの味が十分に出ないとこがあります。お湯を沸かしたら、温度計を使う事をおすすめします。粉に掛けるお湯の温度は70℃~95℃が適温で、高い温度で入れると苦みが強い味に、低い温度で淹れると酸味のあるコーヒーに仕上がります。また、サーバーやカップなども事前に少し温めておくと、温度差の変化が少なくなります。

コツ2:入れる粉の量を加減して好みの味に

コーヒー1杯分の粉の量は10g前後です。濃いめの味にするには少し足していくと好みの濃さに近づきます。また2杯目以降は少し粉を減らして8gずつ粉を増やしていくことで濃くなりにくく、粉の量を調節してコーヒーの濃い味も楽しむ事ができます。

コツ3:蒸らし時間で味が変化

蒸らしとは、コーヒーの粉にお湯を注ぎ浸透していくことをいいます。この蒸らしの時間によって、味の変化を楽しむ事ができます。粉の上から20㏄程度のお湯をゆっくりと粉の中心へと注ぎます。ここで待っている間にコーヒーの香りを楽しむ事もで、20秒ほど待つことで軽い味の仕上がりになります。1分ほど待つと濃い味に仕上がり、コクも出てきます。さっぱりしたい時や濃い味が飲みたい時など気分に合わせて蒸らし時間を決めましょう。

コツ4:抽出は少しずつゆっくりと

お湯を注ぐ際には粉が溢れないようにゆっくりと2~4回に分けて注ぎます。お湯の量を少なくじっくり注ぐ事で、しっかりと濃い味のコーヒーになります。またお湯の量を多く注ぐと出来上がるスピードは速くなりますが、粉とお湯が合わさる時間が短いのでコクの薄い味になります。

コツ5:豆の挽き加減で味の変化を楽しむ

コーヒーの粉の大きさによっても味の変化を楽しむ事が出来ます。粒が細かくいほど、苦味のあるコーヒーになります。粗いほど、苦味は少なく酸味が目立つ味になります。中間である中挽きの粉が、両方のバランスを上手に取っている味になりますので、まずはお試し下さい。

コツ6:焙煎の度合いは基本3種類

焙煎度の種類は深煎り・中煎り・浅煎りがあります。深煎りは味にコクがあり苦みが強く酸味が弱いのが特徴です。浅煎りは味にフルーティーさが出て酸味がありさっぱりとするのが特徴です。中煎りはその間の味になります。浅煎り、中煎りでもし味が薄いと感じたら、粉を増やす、蒸す時間を早める方法で味の調節ができます。

コツ7:お気に入りの豆を見つける

当然のことながらコーヒーの味は豆の種類でも大きく変わってきます。コーヒー豆によって軽さ、コク、酸味、苦味といった味の特徴がバランスよく取れているものから、一部の味が強く出ているものまで様々です。豆を購入する際は、自分の飲みたいコーヒーをイメージして買う事をオススメします。

おしゃれなコーヒーグッズ8選

コーヒーグッズにはおしゃれな物はもちろん機能性に優れた物まで幅広くあります。おしゃれな器具などを置いておくだけでもお部屋の雰囲気が代わりカフェ気分を楽しむ事ができます。自分好みの物や来客用におしゃれな物を探しておくのもいいでしょう。

ほっこりする陶器セット


陶器で作られたコーヒーセットもあるのでお好みのデザインを選んで、コーヒーを楽しむ事も出来ます。温かみのある陶器デザインは置くだけで落ち着いた雰囲気になります。

購入はWAGOKORO公式サイトへ

男前シンプルなドリッパー

ステンレス製のドリッパーは雰囲気ががらりと変わりシンプルで、置くだけでかっこよくも見えます。こちらもデザインが多くありワイヤーのみのドリッパーは見た目も面白いデザインとなっています。折り畳みができる物や、手作りされる方もいらっしゃるようです。

置くだけで可愛いサーバー

サーバーのほとんどが中に入れたコーヒーが見えるガラス製です。その中でも丸みがあるものは可愛らしく、淹れた量もすぐ分かってとても人気があります。

デザインと機能性を併せ持つサーバー

スマートなデザインのサーバーもあります。こちらはドリッパーとサーバーが一つになった形になります。真ん中には取り外し可能なベルトがあり、その部分を持って熱いコーヒーでも入れる事ができます。一見サーバーには見えないところが、おしゃれになっています。

注ぎやすいおすすめケトル

ドリップ式のコーヒーにおすすめするのが、注ぎ口が細くなっているケトルです。ゆっくりとお湯を注げるように工夫されて作られているからです。シンプルなデザインが多くあり、おしゃれとカッコよさを併せ持っているケトルです。

カラーバリエーション豊富でインテリア性が高いケトル

ホーローケトルは色やデザインで楽しむ事ができるおしゃれなケトルです。カラフルなものは女性にも人気があり、机の上に置くだけでお部屋の雰囲気も明るくなります。

見た目もオシャレなコーヒーミル

粉を淹れる直前で引くこともコーヒーを楽しみかたの一つです。カリタのコーヒーミル「ラウンドスリムミル ナチュラル」は挽くときに持ちやすく、見た目もオシャレでコーヒーを淹れる時間がより楽しくなります。

香りも楽しめる一人用ドリッパー

カップに乗せて、ペーパーフィルターを使わすにコーヒーが淹れることのできるハリオの「カフェオールドリッパー」。特殊なステンレスのフィルターでコーヒーの香り成分も抽出でき、手軽に美味く香りも楽しめるコーヒーを味わうことができます。

自分好みの味を見つけて癒しのコーヒータイムを

ドリップコーヒーの美味しい淹れ方や味の楽しみ方をご紹介してきました。コーヒーは一言でいうと奥が深いです。自分好みの味や満足感が味う事ができることが、コーヒーの魅力ではないでしょうか。皆さんにも是非コーヒーの魅力を楽しんでください。

レシピカテゴリの最新記事