無印良品の大型店舗まとめ|広々店内で大満足な買い物<2019年最新版>

     

4. インテリアを見るなら「MUJI新宿店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

WANSOO SHIMさん(@wsooooo)がシェアした投稿

フルオーダー家具「REAL FURNITURE」の展示や、無印良品が手がける家のモデルハウスの展示などを行なっている店舗です。

住まいに関するトークイベントも定期的に開催しているため、インテリアを見たい方や、無印良品で家を建てたい方におすすめです。

地下1Fから地上2Fに渡って展開されている店内には、もちろん家具以外の品揃えも充実。

2019年7月にリニューアルオープンされたCafé&Meal MUJIも併設されています。

営業時間:11:00~21:00
定休日:施設の定休日に準ずる
住所:東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリー B1~2F
アクセス:JR山手線・埼京線・中央線など「新宿駅」東口・東南口から徒歩5分

5. 大阪の伝統との共存「グランフロント大阪店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆかRさん(@aaa.rrr.rrr)がシェアした投稿

激しい百貨店競争が繰り広げられている梅田エリアに、2013年にオープンした店舗です。

741坪の売場面積と97席という大規模なCafé&Meal MUJIの展開、そしてJR大阪駅から直通というアクセスの良さが魅力です。

また、グランフロント大阪は「新しい大阪のちからを、関西に全国に広げていく」というコンセプト。

大阪で認証された木材を使用した商品を販売したり、地域との交流の場となるワークショップを企画したりと、大阪の伝統に寄り添った店舗展開が特徴です。

営業時間:10:00~21:00
定休日:施設の定休日に準ずる
住所:大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館4F
アクセス:JR大阪駅直通/阪急線・阪神線・地下鉄御堂筋線「梅田駅」下車すぐ

6. 食をテーマにした展開が特徴「堺北花田店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

quronobuさん(@quronobu)がシェアした投稿

Café&Meal MUJIと合わせた売場面積は1,306坪で、世界最大の広さを誇る店舗です。

2018年3月にオープンした当店舗は、無印良品で初の「食」をテーマにした大型専門売場が設けられています。

生鮮食品の販売や大規模なフードコートで話題を集めています。

産地直送の朝採れ野菜や漁港直送の鮮魚も取り扱っており、対面販売型カウンターでは専門販売員が旬の食材の情報発信や料理のレシピを提案してくれます。

営業時間:10:00~21:00
定休日:施設の定休日に準ずる
住所:大阪府堺市北区東浅香山町4-1-12 イオンモール堺北花田 1F
アクセス:地下鉄御堂筋線「北花田駅」駅2号出口からすぐ

7. 東海地方最大級の売場面積「近鉄四日市店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

unddayさん(@undday)がシェアした投稿

667坪の売場面積を持つ、東海地方最大の店舗です。

三重県四日市市の中心として、「地域とともに成長する店」というテーマを掲げる近鉄百貨店四日市店の全館リニューアルに伴い、2018年11月にオープン。

四日市市の伝統工芸などをワークショップとして取り入れる「Open MUJI」をはじめとし、小さな子供が楽しめる「木育広場」など、親子連れでも楽しめる店舗展開です。

営業時間:10:00~20:00
定休日:施設の定休日に準ずる
住所:三重県四日市市諏訪栄町7-34 近鉄四日市店 5F
アクセス:近鉄「四日市駅」 直結

休日は大型の無印良品の店舗でショッピングを満喫♡

豊富な品揃えや充実したサービスなど、大型店舗ならではの魅力がある店舗をご紹介しました。

ぜひお休みの日はこの記事を参考に、無印良品の大型店舗でのショッピングを楽しんでくださいね。

無印良品公式サイト

無印良品のARVO人気記事はこちら♡



1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事