リゼクリニック銀座院キャンペーン

「イヴ・サンローラン」の人気リップランキング♡噂の”婚活リップ”は何位?

     
「イヴ・サンローラン」の人気リップランキング♡噂の”婚活リップ”は何位?

「イブ・サンローラン」には、女心をくすぐるリップがたくさん。今回は、「イブ・サンローラン」の人気リップをランキングで紹介します。

ランキングは、ユーザー評価や口コミ評判などにもとづいて4つのジャンルでTOP3を発表。

噂のリップや新作リップもランクインしていますので、ご期待くださいね。

トップ画像出典:Qoo10

人気リップランキング|話題のルージュ ヴォリュプテ シャイン

大手コスメサイトで殿堂入りを果たすなど、何かと話題の「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」シリーズ。

さて、噂の”婚活リップ”は何位にランクインしているでしょうか!

第3位 小悪魔になれるアプリコットレッド「12番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

☺︎Erika.Tさん(@tkhr160cm)がシェアした投稿

「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」の12番(コライユドルモン)のサブタイトルは、小悪魔アプリコットレッド。

大人の女性を自由奔放にさせてくれる魅惑のリップです。

色味は、オレンジっぽくもあり、健康的なコーラル系のピンクレッドといったところ。ブルベ夏さんには特に似合います。

アイシャドウで目元をドラマティックに仕上げたり、ファッションの露出度を少し上げてみたり、リップに合わせて攻め感を楽しみましょう。

第2位 モテるしかないヌーディーなピンク「8番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kimagureolがシェアした投稿


「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」の8番(ピンクインコンフィデンス)のサブタイトルは”THE モテ色”ヌーディーピンク。

唇本来の血色感を際立たせるスキンカラーです。

肌なじみのいいベージュ系ピンクで、ブラウン系からブルー系まで多彩なアイカラーとのマッチも◎  ほどよい濃さで、唇を上品に印象づけますよ。

デートでもオフィスでも使えるモテリップで女度を上げちゃいましょう♡

第1位 プロポーズされたい女性のためのピンクベージュ「15番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

なおさん(@mizuiko)がシェアした投稿

「ルージュ ヴォリュプテ シャイン」の15番(コライユスポンティニー)の別名は婚活リップ。プロポーズさせるミルキーコラールというサブタイトルが由来です。

コーラル系のピンクベージュで、12番(コライユドルモン)よりは明るく発色します。

イエベ春さんには特にぴったり。婚活中でなくても、シングルの女性は素敵な出会いに願いをかけてマストリップにしてみては?

詳細はこちら/イブサンローラン公式サイト

人気リップランキング|新作のヴォリュプテ プランプインカラー

2019年2月に発売された新作の「ヴォリュプテ プランプインカラー」シリーズ。

清涼感や唇のハリといった、これまでにない新感覚の新作リップから上位3つを紹介しましょう。

第3位 自分らしく気ままにさせるオレンジ「5番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

akikoさん(@akiko_224)がシェアした投稿

「ヴォリュプテ プランプインカラー」の5番(デリリアス オレンジ)のサブタイトルは奔放ガールのブライトオレンジ。

元気になれるジューシーカラーですが、品もあってGOODです。イエベさんをよりヘルシーに見せますよ。

カジュアルなスタイルに合わせたり、華やかなドレスにコーディネートしたりして、自分の魅力をアウトプットしましょう。

第2位 虜にさせる乱用厳禁なディープレッド「6番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

あ お いさん(@n.3528_bqx)がシェアした投稿

「ヴォリュプテ プランプインカラー」の6番(ルナティック レッド)のサブタイトルは虜にさせるアイコニックなレッドです。

大人女子の乱用は危険。目が合っただけで、相手を夢中にさせてしまうかもしれません。

どとらかというと、ピンク寄りの深いレッドなので、ブルベさんの唇をセンシュアルに仕上げるでしょう。

狙っている男子がいるなら、モノトーンコーデやダークカラーのファッションで攻めてみて♡

第1位 ありのままの私を解き放つホットなピンク「2番」

 

この投稿をInstagramで見る

 

HINAさん(@nilgiri_one_zero)がシェアした投稿

「ヴォリュプテ プランプインカラー」の2番(ダズリング フューシャ)のサブタイトルは解き放つホットピンク。ツヤのある明るいピンクです。

幼いころから、ピンクは多くの女子にとって永遠のフェイバリットカラー。きっと、自分の中にある乙女な部分をくすぐるのです。

メイクにピンクを使ったことがなくても、洋服や財布、スイーツなどのピンクにときめく女子も多いはず。

ときにはホットなピンクで、ありのままの「私」を楽しんでくださいね。

詳細はこちら/イブサンローラン公式サイト

1 2

メイク・コスメカテゴリの最新記事