【2019年】最新アイスクリームランキング!本当に美味しい人気商品

【2019年】最新アイスクリームランキング!本当に美味しい人気商品

日差しが照りつける夏の日には、ひんやり冷たいものを食べたくなりますよね。

中でもアイスクリームはスイーツとして非常に人気が高く、子どもから大人まで幅広い年代から愛されています。

今回は、そんなアイスクリームの中でも2019年に新発売されたものをピックアップし、特におすすめのものをランキング形式でご紹介します。

夏のスイーツとして人気のアイスクリーム

アイスクリームは1年を通して販売されており、コンビニなどで気軽に購入し楽しむことができる人気スイーツです。

そして1年の中でも、冷たいものを食べたくなる夏季に需要が高くなる傾向にあります。

そのため、夏季は新商品や限定商品を販売するメーカーが多く、魅力的なアイスクリームが数多く並ぶ季節であると言えます。

アイスクリーム市場の売上

アイスクリーム市場は、ここ数年で着実に規模を拡大しています。

2013年度以降、5年連続でアイスクリーム市場の売上は増加しており、2018年度には通年で5000億円を超えた売上を記録しました。

売上が増加している要因には、季節を問わない需要の創出や、高価格帯商品の定着、若者だけでなく幅広い年代をターゲットにしたことなどが挙げられます。

空前のチョコミントブーム

近年のアイスクリーム市場を語る上で外せないのが、チョコミントフレーバーの流行です。

アイスクリーム業界全体でのチョコミント商品数は、ここ5年で1.5倍まで増加しており、多くのメーカーがチョコミントに注目し、ラインナップを充実させていることが分かります。

爽やかでありながら甘くおいしい風味はもちろん、その他にもチョコミントの人気の理由がいくつか挙げられます。

1. 人気のひみつ

チョコミントと他の主要フレーバーで異なるのは、「好き嫌いが大きく分かれる」という点です。

チョコミントに対して「歯磨き粉の味」と揶揄するアンチ派と、「チョコミン党」と呼ばれる肯定派の対立構造が出来上がっています。

そのためメーカーが大きくCMを打たなくても、ユーザー間がSNS上で論争を巻き起こすだけで注目が集まり、購買意欲に繋がるとされています。

2. 見た目の可愛さ

チョコミントは爽やかなミントの緑色と、アクセントとして入るチョコの茶色のカラーリングが特徴的です。

「インスタ映え」という言葉もある通り、SNSにアップした際に引き立つ鮮やかさが、若者を中心に支持される理由になっています。

2019年アイスクリームおすすめランキング

2019年、多彩なアイスクリームが新発売されています。リニューアルされた人気フレーバーや、新食感が特徴的な新作など様々です。

その中でも特におすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

10位|爽やかな果肉感「スーパーカップ ブルーベリーヨーグルト味」

4年ぶりに復活した、「明治エッセルスーパーカップ」の人気フレーバーです。

前作よりもヨーグルトの風味が強化されており、爽やかな酸味が夏にぴったりな商品になっています。

ブルーベリーの果肉も入っており、つぶつぶとした食感に病みつきになる方が多いです。

9位|厳選されたミントを使用「ガリガリ君リッチ チョコミント」

「ガリガリ君リッチ」シリーズの中でも、昨年人気だったチョコミント味が復活です。

ミント味のアイスキャンディーの中に、チョコチップ入りのミントかき氷が入っています。

ミント本来の香りを楽しめるペパーミントのみを厳選して使用しており、本格的なミントの風味が楽しめます。

8位|人気商品のコラボ「ビスケットサンド ミルクキャラメル」

森永製菓の定番商品「ビスケットサンド」と「ミルクキャラメル」の限定コラボ商品です。

バターがほのかに香るビスケットと、優しい甘さを感じるキャラメルアイスクリームの相性は抜群です。

小さい頃にミルクキャラメルを食べたことがあれば、懐かしい気持ちになるはずです。

7位|ほろ苦さが人気「クリスピーサンド 抹茶のクレームブリュレ」

大人気の「ハーゲンダッツ クリスピーサンド」シリーズの新作です。

ほろ苦いカラメルソースが入った抹茶カスタードアイスクリームを、サクサクとした抹茶味のウエハースで挟んでいます。

抹茶の風味とカラメルソースのほろ苦さの組み合わせは絶妙で、甘すぎるアイスが苦手な方でも美味しく食べることができます。

1 2

グルメカテゴリの最新記事