水着の正しい洗い方|洗濯方法・干し方から長持ちさせるコツまで紹介

     

気をつけたい水着の保管

洗って乾いた水着をタンスに収納しますが、防虫剤は入れないで下さい。

防虫剤の成分が化学反応を起こし、変色してしまう場合があります。

同じ理由で、防虫剤を使用した衣類を一緒に入れるのも止めましょう。

また長期収納する時は、カップ部分の型崩れを防ぐために柔らかい紙を詰めることをおすすめします。

水着を長持ちさせる洗い方のコツ&NGまとめ

水着の洗い方から収納の仕方までご紹介しましたが、着ている間の心がけでも長持ちさせることができます。

ここでは水着を長持ちさせるコツとNGをまとめてみました。

日焼け止めやオイルがつかないように

水着を着ている時に日焼け止めやオイルを使う方が多いですが、塗り方に気をつけて下さい。

水着に日焼け止めなどがついてしまうと変色の可能性が。

水着につかないように塗りましょう。ついてしまった時は、すぐに水で洗い流して下さい。

すべり台やジャグジーなどは摩擦の原因

プールのすべり台やスライダー、ジャグジーなどは生地の摩擦が起きやすく、薄くなってしまう原因になります。

できれば避けた方がいいでしょう。

どうしても遊びたい時は、専用の水着を用意しておくといいですよ。

水着は二度洗いしましょう

プールや海の水は、水着を劣化させる要因が多いです。家に持ち帰って洗う前に、脱いだ水着はすぐに洗い流しましょう。

遊び終わった後、シャワーを浴びるついでに洗えばラクですよ。

水着は日光や熱に弱い

水着の生地はデリケートで直射日光や熱に弱いのでご注意下さい。

「濡れた水着をそのままビニール袋には入れる。」「車のトランクに入れる。」「乾燥機やドライヤーを使って乾かす。」「直射日光で干す。」

いずれも、水着を劣化させてしまうのでNGです。

漂白剤、防虫剤などは使わない

洗濯の際は、おしゃれ着洗い用などの中性洗剤を使いましょう。蛍光剤や漂白剤が入っていない洗剤がおすすめです。

また、収納する時の防虫剤も控えて下さい。

水着を長持ちさせるアイテム5選

大切なお気に入りの水着を長持ちさせる手助けをしてくれるアイテムをご紹介します。

特にスイミングに通っているなど、水着をよく着用する方にはおすすめです!

これらを使うだけで、グンと長持ちしますよ。

夏のお出かけ用にも使えるメッシュバッグ

出典:amazon.co.jp

このまま海やプールのお出かけに使えるサイズのバッグです。お財布やスマホなどはミニバッグやサコッシュに入れましょう。

折りたためるので、旅行にも便利!デザインは4種類から選べます。

[amazonjs asin=”B07RFS4KRD” locale=”JP” title=”BOLUORY プールバッグ トート バック 大容量 カバン 海 ビーチ 水泳館 ジム 旅行用 水着 着替え収納 折り畳み可 トイレタリーバッグ スイミング 水泳 アウトドア 用 (ブルー)”]

1 2 3

ライフスタイルカテゴリの最新記事