水着の正しい洗い方|洗濯方法・干し方から長持ちさせるコツまで紹介

     
水着の正しい洗い方|洗濯方法・干し方から長持ちさせるコツまで紹介

水着の伸縮性がなくなったり生地が薄くなってしまって、お気に入りを泣く泣くあきらめてしまったことはありませんか。

“まだまだ着続けたい”と思っていた水着なら、より残念ですよね。

体にフィットする水着の生地はとてもデリケートなので、間違ったお手入れ方法ではすぐに劣化してしまいます。

ここでは、水着の正しい洗い方や保管方法などをご紹介します。

チョッとした工夫やコツで、水着を長持ちさせることができますよ!

水着の正しい洗い方~家に持ち帰るまで~

「水着を長持ちさせる洗い方」は、実は水着を脱いだ時から始まります。

脱いだ水着を、そのままビニール袋などに入れて持ち帰っていませんか?ここでひと手間かければ、水着の長持ち度が大きく変わってきます!

お手入れは水着を脱いだ時から始まる

脱いだ水着はすぐに手洗いしましょう。

プールの水に含まれる「塩素」や海水の「塩分」は、ともに水着の主繊維「ポリウレタン」の劣化を早める原因になるものと言われています。

劣化した水着は、生地が薄くなったり伸縮性が失われてしまいます。

そのままビニール袋に入れないで!

濡れた水着をそのままビニール袋に入れると、蒸れて色移りしてしまう可能性があります。

水洗いした水着を軽く絞って(きつく絞るのは厳禁!)乾いたタオルに包んでから、風通しのいいバッグやカゴに入れることをおすすめします。

ビニール袋に入れる場合でも、タオルでくるんでから入れるだけでかなり違います。

車に乗る場合、トランクなどの熱がこもる場所には入れないで下さい。

水着の正しい洗い方~家での洗濯方法~

タオルにくるんで持ち帰った水着は、なるべく早めに洗濯しましょう。

洗う前に必ず絵表示の確認をして、「洗濯機不可」の表示があるものは手洗いして下さい。

洗剤は生地に負担をかけない中性洗剤を使います。

オイルや日焼け止めなどがついてしまった時は、中性洗剤を直接つけて軽くたたいて落として下さい。

砂がついている場合は、無理に落とさないように。乾いてからの方が落ちやすいです。

無理にこすってしまうと生地が傷みます。

水着の手洗い方法

洗面器などの容器に中性洗剤とぬるま湯(約30℃)を入れます。分量は洗剤の表示に従って下さい。

容器に水着を浸し、生地同士こすらないように優しく手で洗い上げます。

その後、何度か水を替えながらすすぎます。すすぎ終わった水着は、バスタオルにはさんで水分を拭き取って下さい。

洗濯機で脱水する場合は、ネットに入れて30秒くらいかけます。

水着を洗濯機での洗い方

デリケートな水着は手洗いがベストですが、洗濯機を使う場合は必ずネットに入れましょう。

ネットに入れる前に、水着の型崩れ防止のためにホックを留めておきます。

洗濯機に中性洗剤を入れて(分量は控えめで大丈夫です。)「手洗いコース」または「ドライコース」で洗います。

脱水は手洗いと同様に30秒程度です。ビキニなど上下に分かれている水着は必ず一緒に洗いましょう。

洗った水着は素早く陰干し

洗った水着は、すぐに形を整えて干します。直射日光は避けて陰干しにしましょう。

肩紐をハンガーに掛けると、伸びてしまうおそれがあります。

ビキニの場合はアンダーバスト側をピンチで留め、ワンピースの場合ウエスト部分を半分に折るようにしてハンガーにかけて下さい。

こちらの記事も読まれています

1 2 3

ライフスタイルカテゴリの最新記事