甘酒のアルコール度数ってどれくらい?アルコールなし甘酒もおすすめ

     
甘酒のアルコール度数ってどれくらい?アルコールなし甘酒もおすすめ

すっきりとした自然な甘さ|麹の花

出典:amazon.co.jp

長野県にある味噌製造工場の製麴技術で造った甘酒は、すっきりとした味わいで子供でもごくごく飲める味です。

牛乳の代わりに料理使ったり、お味噌汁に入れても美味しい万能甘酒。

都内で行ってみたい甘酒屋さん3選

お出かけした時に立ち寄りたい老舗の甘酒屋さんをピックアップ。

おしゃれな甘酒屋さん、地元の有名店などおすすめのお店をご紹介します。

江戸時代から続く伝統製法で作る|天野屋

甘酒の老舗といえば、神田明神の大鳥居の脇にたたずむ天野屋。

1846年創業で、江戸時代から続く伝統製法で作る甘酒は、甘さ、コク、香り全てがのバランスが絶妙な美味しさです。

夏は冷やし甘酒やかき氷などのメニューもあり、甘味処として毎日多くの人が訪れます。

天野屋公式サイト

お豆腐屋さんならではの味|双葉

日本橋人形町にある、明治40年創業の「とうふの双葉」は、昭和60年ごろから米麹甘酒が販売されており、豆腐とともにとても有名です。

店内では、甘酒の他に地酒やさまざまなお豆腐料理を堪能できます。

とうふの双葉公式サイト

麹ドリンクが大人気|古町糀製造所

新潟に本店を持つ古町糀製造所は、2009年創業のとてもおしゃれなお店です。

自由が丘にあるお店は、甘酒の伝統あるイメージから一新、とてもおしゃれ。

甘酒が苦手な人でも飲みたくなるような、糀ドリンクという名でいろいろなフレーバーが販売されており、お買い物ついでに立ち寄りたくなる糀カフェとして大変人気です。

古町麹製造所公式サイト

目的によって飲み分けて甘酒生活を始めよう

酒粕はお肌にいい栄養素が多く、麹は疲労回復に効果が高い栄養素を含んでいます。

それぞれどちらも栄養価が高いので、毎日継続して飲み続けたいですね。

健康的に年齢を重ねるべく、甘酒生活を是非、始めてみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

1 2 3

グルメカテゴリの最新記事