エンゲージリングって一体?マリッジリングとの違い/選び方のコツ

エンゲージリングって一体?マリッジリングとの違い/選び方のコツ

結婚を考えている女性にとって、あこがれの「エンゲージリング」。

男性側が用意するものですが、プロポーズ後や結婚の意思が固まった時に二人で選ぶ方も多いです。

エンゲージリングは、永遠の愛の証。一生大切にするものなので、慎重に納得するデザインを選びたいもの。

ここでは、エンゲージリングの意味や選び方のコツなどをご紹介します。

エンゲージリングは必要なもの?

エンゲージリングは「プロポーズの時にもらうもの」「結婚が決まったら贈られるもの」ということは分かりますが、どんな意味があるのでしょうか。

「結婚する」ということは、婚姻届を提出して書類上で証明されるものです。

対して、その前段階である「婚約する」ことについては法的ルールがありません。

「結婚の意思がある」ことを形にしたものが必要になり、その代表的なアイテムがエンゲージリングです。

結婚を考える男性が女性に贈り、リングを受け取った時点で婚約が成立したことになります。

マリッジリングとの違い

プロポーズの時に贈られる「エンゲージリング」に対して「マリッジリング」とは、結婚指輪とも呼ばれるもので、結婚式に交換するペアのリングです。

式後、多くの方はリングをはめたまま生活するので、「私は結婚しています」とのアピールにもつながります。

周囲からは「左手薬指に指輪をしているか」で、既婚未婚の判断材料にされることも。

エンゲージリングの選び方のコツ

エンゲージリングについて「(自分や相手方の)祖母または母から譲り受ける」「彼が手作りした」という方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は自分で選ぶことになります。

それでは、どんなものを選べばいいのでしょうか?将来、エンゲージリングをどのシーンではめたいかを考えると決めやすくなります。

「特別な日にはめる」派はジュエリーがおすすめ

結婚後は親戚や友人が増えるので、結婚式やお祝い事などドレスアップしていく機会が増えます。

さらに子供が生まれれば、入学式や卒業式などのセレモニーがあります。

そんなシーンでエンゲージリングをはめて出かけたいとお考えの方は、ドレスアップに似合う華やかなジュエリーがおすすめです。

「いつもはめていたい!」派はフラットなデザインがベスト

愛の証としてもらったエンゲージリングを毎日はめていたいと考えている方は、生活の邪魔にならないフラットなデザインがおすすめ。

またつけ心地も大切なポイントです。マリッジリングと重ねづけをする方は、2つのリングのデザインが合うかも重要になってきます。

「長く愛用したい」派は飽きない&リフォームできるものを

エンゲージリングは「一生の愛を誓い合う」記念のものなので、何度も買い換えるものではありません。

長くはめ続けたい方は、流行のデザインよりも飽きがこないものを選びましょう。

とはいえ、何十年先のことまでは分からないですよね!そんな時のために、リフォームできるデザインにしておくといいですよ。

エンゲージリングの中には、デザインによってリフォームできないものもあるので、必ず確認しましょう。

1 2 3

ファッションカテゴリの最新記事