あじさい寺なら鎌倉|8つの神奈川おすすめ名所で情緒ある梅雨を  

     
あじさい寺なら鎌倉|8つの神奈川おすすめ名所で情緒ある梅雨を  

鎌倉の穴場あじさいスポット|東慶寺


北鎌倉駅から徒歩4分のところにある東慶寺は、鎌倉時代には裁判所のような役割や女性の駆け込み寺として存在していました。

花の寺としても知られており、梅、ハナショウブやイワタバコなど四季折々のたくさんの花を楽しむことができます。

あじさいは300株と少ないですが種類が多く、白いあじさいや変わった花の形を見ることができ見応え満点。

近隣には昭和レトロ漂うカフェなどもあり、あじさいを見た後の休憩にもおすすめです!

【東慶寺の基本情報】
住所: 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
時間:8:30~16:30
見頃:6月中旬~6月下旬
アクセス:JR横須賀線 北鎌倉駅より徒歩4分
拝観料:大人200円、小・中学生100円

北鎌倉 松岡山 東慶寺公式サイト

広大な敷地の至る所に咲く|円覚寺

北鎌鎌倉駅を降りてすぐの円覚寺は、北鎌倉でも最大級の大きさを誇るお寺。

広大な敷地には、至る所にさりげなくあじさいが咲いていて境内を散策するのにぴったりです。

国宝の舎利殿など大小30ほどの建物があり、境内を奥に進んだところにある佛日庵には、ガクアジサイなど日本庭園の風情があふれる素晴らしい景色が広がります。

境内が広く混雑も少ないので、ゆったりと見ることができますよ。

【円覚寺の基本情報】
住所: 神奈川県鎌倉市山ノ内425
時間:10:00〜16:00
見頃:6月中旬~6月下旬
アクセス:JR横須賀線 北鎌倉駅より徒歩分
拝観料:大人300円 小人100円

臨済宗 大本山 円覚寺公式サイト

由比ヶ浜の海が一望できる|長谷寺

奈良時代に創建された長谷寺は、長谷観音の名で親しまれています。本尊にある高さ9mの「木造十一面観音像」は日本最大級の大きさです。

約2,500株の眺望散策路に咲くあじさいと、由比ヶ浜の海が一望できる絶景は見応え満点。

「良縁地蔵」という名の可愛いらしいお地蔵さんが境内も3箇所点在し、全部見つけられると良縁に恵まれると言われているので、是非あじさい散策と共に見つけてみてくださいね。

【長谷寺の基本情報】
住所: 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
時間: 8:00〜17:00(3月〜9月)
見頃:6月中旬~7月上旬
アクセス:江ノ電 長谷駅より徒歩5分
拝観料:大人400円 小人200円

長谷寺公式サイト

鎌倉でも有数の花寺|光則寺

光則寺は、1274年創建の鎌倉有数の花寺として有名で、さまざまな種類の花が植えられています。

梅雨の時期になると200種類ものあじいが咲き乱れ、山門の入り口に置いてある「山野草と茶花マップ」には、境内に何の花が咲いているのかが記されているので、迷うことなく散策が楽しめます。

日蓮の弟子である日朗が幽閉されていた土牢も残っているので、是非見ておきたいおすすめスポット。

【光則寺の基本情報】
住所: 神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
時間:7時30分〜日没まで
見頃:5月下旬~6月上旬
アクセス:江ノ電 長谷駅より徒歩7分
拝観料:大人100円 小中学生無料

神奈川・鎌倉のあじさい寺で情緒ある梅雨の風景を

梅雨に咲くあじさいは、土壌によって色が変化します。

日本は弱酸性の土壌が多く、青や紫のあじさいが主流。

欧米では赤が主流なので、雨が似合う青や紫のあじさいは日本だからこそ見られる風景です。

そんな日本ならではの景観を見られるスポットは、鎌倉のあじさい寺をはじめ神奈川県内にはたくさんあります。

雨に濡れたあじさいとお地蔵さんのコラボは、日本ならではの風景なので是非見に行ってみてくださいね!

こちらの記事も読まれています

1 2

旅行カテゴリの最新記事