絶景あじさい寺まとめ|2019年絶対に見たい全国のおすすめ名所19選

     
絶景あじさい寺まとめ|2019年絶対に見たい全国のおすすめ名所19選

中国・四国エリアのおすすめあじさい寺4選

大自然に囲まれ、世界遺産が多数ある中国地方と、海に囲まれ温暖な気候の四国地方。

素晴らしい観光スポットが数多く国内外から多くの人が訪れます。

梅雨の時期に是非とも行って見たい中国四国地方のあじさい寺をご紹介します。

苗の無料配布やイベントが多数|神宮寺(広島)

毎年6月6日からあじさい祭りを開催している神宮寺。丘の上にあるため、緩やかな階段が整備されており山の斜面に沿って、80種類3,000株の色鮮やかなあじさいが植えられています。

祭り期間中、苗の無料配布や、さまざまな催し物が行われ梅雨時期のお出かけコースにぴったりです。

【神宮寺の基本情報】
住所:広島県府中市栗柄町2987
時間:8:00〜16:30
時期:6月上旬~7月上旬
アクセス:府中駅から車で10分
拝観料:無料

神宮寺公式サイト

松江藩主松平家の菩提寺|月照寺(島根)

小高い丘の上のふもとに建てられた月照寺は、松江藩主松平家の菩提寺として有名です。

境内には所狭しと3万株のあじさいが咲き、塔楼や廟門とあじさいの組み合わせも印象的。

さざんか、椿、桜、つつじ、すいれんなど、1年を通して四季折々の花を楽しめるのも魅力です。

【月照寺の基本情報】
住所:松江市外中原町月照寺内179
時間:8:30〜17:30
時期:6月中旬~7月上旬
アクセス:JR松江駅からバス15分
拝観料:無料

月照寺公式サイト

石風呂体験もできるあじさい寺|阿弥陀寺(山口)

西のあじさい寺として有名な阿弥陀寺は、1187年に東大寺の周防別所として創建され、重厚な歴史を感じさせる趣のあるお寺です。

広大な境内には約80種類、4,000株ものあじさいが咲き、特に石段の入り口の仁王門の風情ある佇まいは、観光客も足を止めて思わず見入ってしまうほど。

月に一度の石風呂体験ができる他、6月にはあじさい祭りが開催され様々なイベントが行われています。

【阿弥陀寺の基本情報】
住所:山口県防府市大字牟礼上坂本1869
時間:9:00〜17:00
時期:6月上旬~下旬
アクセス:防府駅から車で約15分
拝観料:大人 200円 団体(20名以上) 150円 中学生以下無料

阿弥陀寺公式サイト

香川有数のあじさいの名所| 勝名寺(香川)

香川県の南部に位置する勝名寺は、香川でも有数のあじさいの名所。

6月中旬ごろには境内一面20種類、約1,500株のあじさいが咲き多くの人が訪れます。

遊歩道も庭園もきれいに整備されているので、ゆったりと見ることができます。

あじさいの他に蓮やツツジ、萩なども植えられており四季折々の花が楽しめます。

【勝名寺の基本情報】
住所:香川県高松市西植田町4068
時間:9:00~18:00
見頃:6月上旬~7月上旬
アクセス:JR高松駅から車で約35分
拝観料:無料

こちらの記事も読まれています

1 2 3 4 5 6

旅行カテゴリの最新記事