リゼクリニック銀座院キャンペーン

野菜の冷凍保存で料理作りを時短!簡単便利なおすすめ保存法&活用術

     
野菜の冷凍保存で料理作りを時短!簡単便利なおすすめ保存法&活用術

大きなキャベツは切って冷凍保存!

丸ごと1玉のキャベツは鮮度も良くてお得ですが、そのまま冷蔵庫に保存するには場所をとってしまいますし、なかなか使い切るのもの大変です。

そんなキャベツは新鮮なうちに冷凍保存してしまいましょう!

細切りや大きめのざく切りなど、調理の用途に合わせて切ったキャベツを、沸騰した湯でひと茹でしてからザルに上げて水切りをします。冷めたら再度しっかり水気を拭き取ってから冷凍します。

茹でることで多少かさも減るのでおすすめですが、生のままでも冷凍可能です。その場合は切ってから水気をよく拭きとって保存袋に入れておきます。

加熱しすぎると解凍して調理する際に食感が悪くなるので、ごく短時間にしておきます。

冷凍キャベツで具沢山の充実味噌汁

出典:ナディアロゴ

キャベツのほか、薄切りしたニンジンと油揚げも一緒にミックスして冷凍した食材を使ったお味噌汁です。

出汁を火にかけ、解凍せずにそのまま加えて煮るだけでキャベツの甘みと水分が出汁に染み出てコクのある味わいの味噌汁に仕上がります。

大きなキャベツを冷蔵庫から出し、切り分けて準備するのは面倒ですが、冷凍しておけばとっても手軽です。

キャベツとお揚げの味噌スープ【#簡単 #時短 #スープ】 by Yuu|レシピサイト「Nadia|ナディア」

ニラは切るだけの簡単下処理!

炒め物や中華スープの具材にも美味しいニラは、鮮度が落ちやすく冷蔵庫にそのまま入れておくピンとはりのあったものも次第にしなびてきてしまうので、買ってすぐに冷凍保存してしまいましょう。

軽く水洗いした後、水気をしっかり拭き取ってから、食べやすい大きさに切るだけと下処理も簡単です。

使用する際には、冷凍のまま炒めたり、軽く煮たりするだけで食べることができます。

炒め物に緑が足りないなと感じた時や、スープに入れる具材が何もないときなど、とても重宝できておすすめです。

相性抜群!栄養満点のニラ玉

出典:ナディアロゴ

抜群の相性のニラと卵の炒め物は、栄養面でも優れた組み合わせです。

冷凍したニラを熱したフライパンで炒め、中華だしなどで調味しておいた卵液を回し入れて混ぜ合わせれば完成です。

ニラから出る水分も卵を加えることでうまく吸収され、水っぽくならずに仕上がります。

ちりめんじゃこを加えたりツナ缶をプラスしても良いですね。切って冷凍しておいたニラさえあれば、パパッと作ることができて栄養満点な1皿ができちゃいます。

5分で完成!疲労回復!簡単ニラ玉 by keiko akiyama|レシピサイト「Nadia|ナディア」

下処理して冷凍すればごぼうも手軽に

土付きのごぼうは、洗って切る下準備に時間がかかる食材です。

忙しい平日の食事作りには手間がかかるので、せっかく買っても使わないで放置してしまい、傷ませてしまいがちです。

太くて立派なごぼうを週末まとめ買いなどで手に入れたら、時間があるときにそのまま下処理して冷凍保存しておくことをおすすめします。

ごぼうは皮をこそげとり、千切りやささがきなど切って水にしばらくつけてあく抜きします。キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ってから生のまま冷凍庫に入れて保存して大丈夫です。

うま味が詰まったサバ缶と絶妙な組み合わせ

出典:ナディアロゴ

冷凍しておいたごぼうのささがきと、うま味と豊富な栄養がギュッと詰まったサバ缶を使ったおかずです。

サバ缶は味がついたタイプのものを使用するので調味料も不要で、ごぼうは冷凍する際に下処理しているのであっという間にできます。ご飯がどんどんすすみますよ。

サバ缶できんぴらごぼう by となりんりん|レシピサイト「Nadia|ナディア」

野菜も冷凍保存で料理時間をギュッと短縮

忙しい平日の料理時間をギュッと短縮する、新鮮な野菜の上手な冷凍保存術と活用レシピについてご紹介しました。

野菜によっては冷凍に不向きなものもありますが、こちらでご紹介したものはどれも冷凍しても食感が損なわれずに美味しく食べられるものばかりです。

冷凍野菜活用で忙しくても手作りの食事を楽しんでくださいね。

こちらの記事も読まれています

1 2

レシピカテゴリの最新記事