「レオ・レオニカフェ」が期間限定でマロニエゲート銀座にオープン!

「レオ・レオニカフェ」が期間限定でマロニエゲート銀座にオープン!

皆さん、「スイミー」や「フレデリック」といった絵本をご存知ですか?きっと誰もが手に取ったことのある、馴染みのある絵本だと思います。

そんな数々の名作を生みだした絵本作家レオ・レオニのカフェが、2019年4月3日から期間限定でマロニエゲート銀座にオープン!

気になる詳細をチェックしてみましょう。

絵本作家レオ・レオニと有名作品

まずは、絵本作家レオ・レオニについて解説します。

レオ・レオニの作品は、個性的でかわいいキャラクターと奥深いストーリーが特徴で、お子さんはもちろん、大人の方でも楽しめるところが魅力の1つです。

レオ・レオニや作品について知っておくと、「レオ・レオニカフェ」を何倍も楽しむことができると思います!

絵本作家レオ・レオニ

レオ・レオニは1910年にオランダで生まれ、イタリア、アメリカ合衆国でイラストレーターや絵本作家として活躍しました。

孫のために初めての絵本「あおくんときいろちゃん」を制作したのを皮切りに、約40年で40冊もの絵本を制作しています。

日本でも多くの作品が翻訳され、児童文学になくてはならない存在として、多くの人に親しまれています。

レオ・レオニの有名作品

続いて、レオ・レオニの有名作品をご紹介します。皆さんはレオ・レオニと聞いて、どんな作品を思い浮かべますか?

国語の教科書に載っていた「スイミー」や、キャラクターとして人気の「フレデリック」など、それぞれ思い入れの強い作品があるかと思います。

今回はストーリーが思い出せない!という方のために、簡単にストーリーをご紹介します!

スイミー

スイミーは、赤いさかなの兄弟たちに混じって、ただ一匹真っ黒なさかなでした。ある日海を泳いでいると、大きなまぐろに兄弟たちが食べられてしまいます。

兄弟を失って深い悲しみに包まれるスイミーでしたが、それでも強く生きていく姿に心を打たれます。

この作品は、人と違っても個性を活かすこと、悲しみを乗り越えて生きていくこと、力を合わせることの大切さを教えてくれます。

フレデリック

フレデリックは、少し変わり者のチャーミングなねずみでした。ねずみたちは冬に備えて食べ物をせっせと集めていましたが、フレデリックは違いました。

長い冬を過ごす中で貯蓄も底をつき、だんだんと暗くなるねずみたちの前で、フレデリックは自分が夏の間に集めたあるもので仲間を明るく元気付けます。

この作品では日々真面目に働くことだけではなく、心を豊かにする物事の大切さを教えてくれます。

じぶんだけのいろ

主人公のカメレオンは、「じぶんのいろ」がないことが悩みでした。どこに行ってもその場所の色に染まってしまうため、「じぶんのいろ」を持っている他の動物を羨ましく思っていました。

しかし、ある日もう一匹のカメレオンに出会ったことで、主人公の心情は変化していきます。

この作品は、もう一度「自分らしさ」について考えるきっかけを与えてくれます。

「レオ・レオニカフェ」のメニュー

ここでは、「レオ・レオニカフェ」で絶対に食べたい人気メニューをご紹介します。

どのメニューも手が込んでいて、レオ・レオニのかわいらしく美しい世界観を表現しています。

他にもかわいいメニューがたくさんあるので、気になる方はチェックしてみてください!

レオ・レオニの世界観!楽しいフード


・スイミープレート 2,600円+税


・にじいろフレンチトースト 1,780円+税


・フレデリックのいろあつめ 1,580円+税

食べるのがもったいない!かわいいケーキ


・ねぇフレデリックなにしているの? 1,250円+税 ※ドリンク付き


・歩いてでてきたコーネリアス 1,200円+税 ※ドリンク付き

透き通った色に癒される!美しいドリンク


・じぶんだけのいろのパフェソーダ 1,200円+税

「レオ・レオニカフェ」の詳細

「レオ・レオニカフェ」の詳細の開催期間は、2019年4月3日~2019年7月31日です。

アクセスは、
JR山手線・京浜東北線「有楽町」 徒歩3分
東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座」 徒歩3分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」 徒歩1分
です。

いかがでしたか?レオ・レオニの世界観に引き込まれたという方は、ぜひ行ってみてください!

詳しい店舗情報は以下の通りです。

「レオ・レオニカフェ」
104-0061
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート銀座1 4F
TEL:03-3567-3366
営業時間:

ニュースカテゴリの最新記事