マスクを正しく使って快適に♪裏技9選とおすすめアイテム6選

マスクを正しく使って快適に♪裏技9選とおすすめアイテム6選

マスクは花粉症対策・風邪予防など、日常の様々な場面で私たちの生活に欠かせないアイテムの1つです。

しかし、マスクをしていると「メガネがくもる」、「メイクが崩れてしまう」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、マスクをしていても快適に過ごせる便利な裏技・おすすめなアイテムのご紹介をしていきます。

マスクの正しい付け方3選

マスクを使う時、何気なくつけているという方もいるのではないでしょうか。正しく装着することで花粉がブロックできたり、嬉しい効果を発揮してくれます。

1.プリーツを伸ばしマスクを広げて正しい向きで装着

不織布タイプのマスクは、正しい向きで装着することが大切です。

向きを間違えてしまうと、花粉がたまりやすくなってしまったり、ウイルスの繁殖をきたしやすくなるので、しっかりと向きを確認してから使用するよう心がけましょう。

プリーツは下向きにして、よく伸ばし、広げてから装着してください。

2.鼻の形に合わせて顎の下まで伸ばす

マスクを装着する時は、鼻から顎まですっぽりと覆うようにしてください。マスクのワイヤー部分を鼻の形に合わせて折り曲げ、顎の下までしっかりと伸ばすようにしましょう。

3.顔にしっかりフィットさせ耳にひもをかける

マスクは顔にしっかりと密着させることが重要なポイント。顔とマスクの間に隙間があると、ウイルス・埃・花粉が侵入しやすくなってしまいます。

顔にしっかりとフィットさせてから耳にひもをかけてください。

メガネが曇らない裏技2選

ちょっとした工夫をすることで、メガネがくもりにくくなる裏技のご紹介をしていきます。メガネをかけている方、必見です。

1.くもり止め防止スプレーを使う

フッ素や界面活性剤などが配合されているスプレー・ジェル・クリーナーなどを使用すると、くもり予防に繋がります。持ち運びに便利なコンパクトなサイズのアイテムもありますよ。

2.折り曲げる・内側に四つ折りにしたティッシュを添える

警視庁災害対策課 災害対策管理係によると「マスクの上部を内側にすると、自分の息でメガネがくもるのを改善することが可能」です。

その他の方法として「マスクの内側に四つ折りにしたティッシュを添えると、メガネがくもらず、外見もほとんど違和感がない」といわれています。

詳細はこちら/警視庁 災害対策課 災害対策管理係へ

こちらの記事も読まれています

1 2 3

ライフスタイルカテゴリの最新記事