台湾のおすすめ温泉地10選!景色も効果も最高でツルツル美肌に♪

     
台湾のおすすめ温泉地10選!景色も効果も最高でツルツル美肌に♪

3.美人湯と言われる/知本温泉(ジーベン・ウェンチュエン)

知本温泉は「台湾東部一の美景」と言われる観光地です。

昔から温泉がこんこんと湧き出ていたといわれます。ここのお湯はアルカリ性炭酸泉で無色、無味、無臭です。

水温は100度以上に達し、泉質は最上級です。

知本温泉の情報
住所:954 台湾 台東県 卑南郷
アクセス:知本駅よりタクシーで約2時間半

4.伝統ある温泉地/四重渓温泉(スーツォンシー・ウェンチュエン)

台湾最南端にある泉質良好、湯量も豊富な温泉地で、台湾四大温泉のひとつに数えられています。

台湾南部の屏東県は北回帰線より南で熱帯気候に属しており、1月でも平均気温19.5度あります。

さらに南下すると台湾最南端のリゾート地「墾丁」があり、ダイビングやマリンスポーツを楽しめます。

四重渓温泉の情報
住所:屏東県車城郷温泉村文化路5号
アクセス:高雄からバス+タクシーで約1時間50分

5.目の前に海が広がる/朝日温泉(ヂャオリー・ウェンチュエン)

台東市の東にある小さな島・緑島にある温泉で、世界的にも珍しい、サンゴ礁の中から湧き出している海底温泉です。

島の南東の角に温泉施設があり、目の前に広がる大海原を眺めながらの入浴ができる非常に開放的な場所です。

朝日温泉の情報
住所:No. 167號, Wenquan Road, Lvdao Township, Taitung County, 台湾 951
アクセス:台東市富岡港からフェリーで約1時間

台湾の温泉で癒されよう

台湾の温泉は1894年に初めて北投地方で発見され、台湾が日本に領土を譲った後、日本温泉文化が台湾に影響を及ぼしました。

日本統治時代に最も知られていたのが新北投をはじめとする、陽明山、関子嶺、四重渓の四大温泉で、現在は多種多様な新しい施設が登場しています。

賑やかな都市部の喧騒から少し奥に入るだけで、台湾ならではの温泉を満喫できます。少し足を伸ばして回ってみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4

海外旅行カテゴリの最新記事