今年の花粉症はどうやってしのぐ?最新情報とおすすめドリンク9選

今年の花粉症はどうやってしのぐ?最新情報とおすすめドリンク9選

春は花粉が舞う季節!花粉症と言えば鼻水や目がかゆくなったりと、アレルギー持ちの方には、とても辛い時期です。

そこで花粉対策として現在は、専用マスクや眼鏡がでていたり、花粉症に効くとして、食べ物やドリンクがメディア等で注目されています。

今回は花粉対策のおすすめのドリンク&花粉情報・知識をご紹介します。

花粉症の原因や最新情報

花粉症の方でも、意外と症状の原因が何か分からない… という方は意外と多いのではないでしょうか。どういったものが自分の体に影響を及ぼしているのか、基礎知識はチェックしておきましょう。

また2019年の花粉はどうなるのか?という気になるポイントについても説明します。

スギやヒノキの花粉が原因

花粉症は、スギやヒノキ、イネなどの植物の花粉が大元の原因です。それらの花粉が鼻や目の粘膜に付着することによって、アレルギー反応を起こし、花粉症は引き起こされます。

花粉症の一般症状として「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」が多く、その他に「目のかゆみ・充血」という症状が見られます。

今まで症状がなかった方でも、花粉症は突発的に発症することがあるので、注意が必要です。

2019年の花粉状況は前シーズンより減少予想

2019年は前シーズン(2018年)に比べて花粉の飛散量は少なくなると予想されています。ただ例年に比べると、地域によって差があるのが特徴です。

例年に比べた場合は「北海道・関東甲信・東海は減少」「東海から近畿はやや多い」「四国・九州は例年並み(九州のみ多めの可能性あり)」「北陸は多い、もしくはやや多い」と予測されています。

秋田県に至っては去年が少なかった影響で、今年は非常に多いと予測が出ています。

2019年の花粉状況の詳細は「tenki.jp」へ

こちらの記事も読まれています

おすすめのドリンクと注意が必要な食品

毎年春先になると花粉の特集が組まれるほど、現在では花粉症に苦しむ方が多く見られます。ですが最近は様々な花粉症対策アイテムが、販売されているので対策を立てやすいですね。

こちらでは花粉の対策や予防に有効なドリンク、逆に飲食には勧められない食品を確認していきましょう。

花粉症におすすめのドリンク

花粉対策でよく耳にするドリンクは下記の通りです。

・緑茶
・ルイボスティー
・ハーブティー
・甜茶(てんちゃ)
・じゃばら果汁
・乳酸菌飲料

上記で紹介しているドリンク以外にもありますが、緑茶や乳酸菌飲料、ハーブティーは店頭で比較的手に入れやすいのが嬉しいですね。

また、最近はじゃばら果汁を使用した飲み物が続々と発売されているので、後ほどご紹介します。

辛いものを始めとした注意が必要な食品をチェック

花粉症を悪化させる可能性がある食品を、すべて避けて生活することはとても難しいです。気を付けたいものとして「ファーストフード」や「インスタント食品」の食べ過ぎなどがよく挙げられています。

・辛いもの(唐辛子や香辛料)
・甘いもの(砂糖の摂り過ぎ)
・アルコール

辛いものはまったく食べない!という風に避けるのではなく、食べ過ぎ飲み過ぎに注意をしましょう。基本的には3食バランス良く食べて、高カロリー摂取にならないように意識していくことが大切です。

こちらの記事も読まれています

人気の「じゃばら」効果

皆さんは「じゃばら」というものはご存知でしょうか?花粉症に悩む方におすすめのドリンクが様々紹介される中、じゃばら果汁を使用した商品が近年、花粉対策として見かけるようになりました。

そんなじゃばらについて、効果などを簡単に紹介します。

じゃばらは柑橘類の一種で花粉症以外にも効果が

じゃばらは主に和歌山県で生産されている、ミカン属柑橘類の一種です。柚子に比べて酸味が強く、果汁が多いのが特徴で独特の風味があります。

またじゃばらは花粉症だけではなく、アレルギー性皮膚炎や気管支喘息にも改善が見込まれるのではないかと言われています。

成分の1つ!「ナリルチン」が改善に働く

じゃばらにはビタミンの他にも「ナリルチン」という成分が含まれており、この成分が花粉症の改善(抗アレルギー)に効果が期待できます。

その含有量(mg/個)は991gと数字を見ただけでも多く見えます。グレープフルーツが194gなので、差は歴然です!

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事