桜餅レシピで春を満喫♪見た目も可愛い簡単おすすめレシピ16選

     

春の香りが包み込まれた桜餅は、お花見の季節に欠かせない和菓子です。

ほんのりピンクに色づいたお餅を、適度な塩気と桜の香りが広がる桜の葉で包む桜餅。丁寧に手間ひまをかけた和菓子のようですが、意外にも自宅で簡単に作ることができます

そこで今回は、いろいろな作り方で楽しむ桜餅レシピをご紹介します。

関西風のもっちり桜餅レシピ3選

関西風のもっちり桜餅レシピ3選

  • レンジで簡単♪絶品レシピ
  • もち米でモチモチ食感♡
  • 余ったごはんで作る桜餅

「道明寺粉」というもち米を蒸して乾燥させ、砕いた粉を使って作る桜餅を「関西風」と呼びます。

見た目はお饅頭のような形をしていて、おはぎのように米粒が少し残ったもっちり食感が特徴です。

関西風桜餅は食べ応えがあり、桜の柔らかい香りが気分を春めかせてくれます。

道明寺粉は、製菓材料の専門店やスーパーの和菓子食材コーナーなどにおいてありますが、ご紹介するレシピはもち米で代用するなどいろいろな作り方がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レンジで簡単♪絶品レシピ

川津由紀子川津由紀子

電子レンジで簡単!関西風の桜餅
道明寺粉を使った関西風桜餅を電子レンジでお手軽に作ります!たくさんできるレシピですが、多い分はプレゼントにしたり、冷凍保存もできるので材料を使いきりで!


出典:ナディアロゴ

道明寺粉で作る定番の桜餅です。15個分もできるレシピなので、手土産やプレゼントに作るのも良いですね。

耐熱ボウルに道明寺粉と水、砂糖を入れてよく混ぜてから、食紅でほんのり桜色に色付けをします。

あとは様子を見ながらレンジで加熱し、餡をくるんで丸めたら完成です。

道明寺粉のできあがりについて、見極めのポイントも詳しく書いてあるレシピは必見です。

電子レンジで簡単!関西風の桜餅 by 川津由紀子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

もち米でモチモチ食感♡

奥津純子/タラゴン奥津純子/タラゴン

レンジで作るふっくらもち米道明寺♪(さくらもち)
道明寺粉がなくても餅米でふっくら簡単にできちゃう桜餅。 レンジで蒸すので失敗なし!! 優しい甘さでついついぱくぱく食べたくなっちゃう、こどもの日やひなまつりなどのイベントにもおすすめ。

出典:ナディアロゴ

道明寺粉の代わりにもち米を使った桜餅は、ふっくら仕上げ。お米1合で10個作れます。

作る前日の晩からもち米を吸水させ、加熱はレンジにお任せの簡単調理。後はあんを包み込み、桜葉を巻いてできあがりです。

レンジで作るふっくらもち米道明寺♪(さくらもち) by 奥津純子/タラゴン |レシピサイト「Nadia|ナディア」

余ったごはんで作る桜餅

山本路子(みるまゆ)山本路子(みるまゆ)

ごはんで作る♪関西風つぶつぶ桜餅
炊いたごはんで作る関西風の桜餅です。道明寺粉のようなつぶつぶの食感を楽しみます。


出典:ナディアロゴ

炊いたごはんで作る桜餅です。

ごはんに上新粉と砂糖を加え、よく混ぜ合わせた生地であんを包み、蒸し器に入れて10分ほど蒸したら完成です。

ごはんは粒が少し残るくらいに潰しながらまぜることで、道明寺粉ようなつぶつぶの食感を楽しむことができます。

蒸すことでふっくら仕上がりますよ。

ごはんで作る♪関西風つぶつぶ桜餅 by 山本路子(みるまゆ) |レシピサイト「Nadia|ナディア」

関東風の薄焼き桜餅レシピ3選

関東風の薄焼き桜餅レシピ3選

  • クレープ感覚で作る関東風
  • 丁寧にあんを包んでおもてなしの1品に
  • 優しい甘さと香り豊かな甘酒入り

モチモチとした食感を楽しむ関西風桜餅に対して、関東風は小麦粉などを使って薄く焼いた生地であんを巻いて作ります。

江戸時代に長命寺というお寺で働いていた門番が隅田川沿いの桜の葉で作ったことから、関東風と呼ばれるようになったと言われています。

薄焼きの生地で丁寧にあんを包んだ関東風桜餅は、上品な仕上がりでおもてなしのお茶菓子にもおすすめです。

関西風とは見た目も食べた感じも異なりますが、どちらの桜餅も桜の葉や花の塩漬けを使うので、さわやかな香りが口いっぱいに広がり春を感じられるでしょう。

ここからは、薄焼き生地で作る関東風桜餅レシピをご紹介します。

クレープ感覚で作る関東風

中村りえ中村りえ

フライパンで作る♪関東風桜もち
関東風桜もちをフライパンで作りました♪ クレープ感覚で巻くだけなので、とっても簡単!


出典:ナディアロゴ

米粉に白玉粉を合わせたなめらかな舌触りの桜餅は、フライパンで生地を焼きます。

失敗しないコツは、火かげん。クレープを焼くような感覚で、焦がさないように弱火で焼きましょう。

フライパンの代わりに、ホットプレートで焼いてもOKです。

フライパンで作る♪関東風桜もち by 中村りえ |レシピサイト「Nadia|ナディア」

丁寧にあんを包んでおもてなしの1品に

山本路子(みるまゆ)山本路子(みるまゆ)

フライパンで作る♪包み桜もち
薄く焼いた米粉の生地で、桜の葉とあんを包みます。米粉のもっちり食感と桜の風味を楽しみます。


出典:ナディアロゴ

米粉を使って薄く焼いた生地で、丁寧にあんを包んだ、和菓子屋さんにあるような桜餅です。

生地は製菓用の米粉ともち粉を使用し、ボウルに粉と水を入れてよく混ぜ合わせます。

熱したフライパンに生地を丸い形になるように流し入れ、表面が乾いたら裏返して少し火を通したらできあがりです。

桜の葉とあんを生地にのせておりたたみながら丁寧に仕上げましょう

フライパンで作る♪包み桜もち by 山本路子(みるまゆ) |レシピサイト「Nadia|ナディア」

優しい甘さと香り豊かな甘酒入り

松野エリカ松野エリカ

*関東風*甘酒でつくる桜餅
白いお砂糖を使わず甘酒で甘味をつけた桜餅。 ふんわり甘酒香るモチモチ生地が美味しい♪


出典:ナディアロゴ

ほんのり麹の香りが漂う甘酒入りの桜餅です。

白玉粉と薄力粉に、水と砂糖を溶いて作るのが一般的ですが、このレシピは優しい甘さが広がる甘酒で甘みと香りをプラスしてくれます。

生地の準備ができたら、フライパンで薄くのばして焼けば完成です。桜と甘酒の香りにモチモチの生地が絶妙

関東風甘酒でつくる桜餅 by 松野エリカ|レシピサイト「Nadia|ナディア」

こちらの記事も読まれています

1 2
     

レシピカテゴリの最新記事

}