【2021年】京都の桜の名所7選|お花見で人気のグルメとお土産情報も

     

京都の桜の見ごろは?

京都の桜の見ごろは?
京都の桜の満開時期は、例年4月5日ごろと言われています。

気象庁による京都の2018・2019・2020年の開花日・満開日は以下のとおりです。

開花日満開日
2018年3月27日4月6日
2019年3月28日4月6日
2020年3月22日3月30日

もちろん各名所ごとの桜の種類によって異なりますが、大体3月下旬〜4月上旬が見ごろとなるでしょう

桜の開花状況は各スポットの公式ホームページなどに載っているので、事前に調べておくと安心です。

京都で桜を見るときの服装やマナーは?

京都で桜を見るときの服装やマナーは?
初めて京都の桜を見に行く方にとって最も気になるのが、服装やマナーではないでしょうか。

それぞれ詳しく解説していきますので、さっそくチェックしていきましょう!

温度調整のしやすい服装で出かけよう!

京都の3月下旬〜4月上旬の気温は以下のとおりです。

  • 日中:15度前後
  • 夜間:10度以下

日中は15度前後と暖かく、上着なしでも心地良く過ごせる日もあります。軽めのアウターがあれば安心です。

しかし、夜は5度前後まで冷え込むことがあります。

夜桜を見る際は、厚手のコートやマフラーなどでしっかりと防寒することをおすすめします。

日によって気温や天気が異なるので、温度調整のしやすい服装で出かけると良いでしょう。

桜を見る際のマナー

京都の桜は世界的にも有名で、毎年春には多くの観光客で賑わいます。

たくさんの人が訪れる分、一部の人によるマナー違反も問題視されています。

気持ち良く桜を鑑賞するためにも、以下のマナーをしっかり守ることが大切です。

  • 大声で話さない
  • ポイ捨てをしない
  • ベタベタ触らない
  • マスクを着用する
  • 人気の名所は混雑が予想されるので、コロナ禍においてはソーシャルディスタンスを確保しつつマスクもしっかり着用することが望ましいです。

    また大声で話したりするのも周りの人の迷惑となるので、落ち着いて鑑賞するようにしましょう!

    日本の情緒あふれる京都の桜を名所で満喫

    日本の情緒あふれる京都の桜を名所で満喫

    今回は、京都でおすすめの桜の名所7選をご紹介しました。

    国内だけでなく、海外からも観光客が多く集まる京都。

    日本の風情のある景色と美しい桜のコラボレーションはぜひ訪れて楽しみたいものです。

    桜の見ごろは数週間と短いですが、この季節しか楽しめない特別な桜を満喫しましょう!

    こちらの記事も読まれています

    1 2 3 4
         

    旅行カテゴリの最新記事

    }