ブランド品を高く売りたい!7つのポイントとおすすめ買取業者6店

     
ブランド品を高く売りたい!7つのポイントとおすすめ買取業者6店

昔購入したものの、使用しなくなったブランド品は手元にありませんか?汚れを取りきれいな状態に整えたり、購入した際の付属品があると高く買い取りしてもらえます。

売る前の工夫1つで買値が高くなるのは嬉しいですよね。ここでは、ブランド品が高く売れるコツをご紹介していきます。

【売る前にチェック】1:購入時3つの付属品

正規店でのブランド品購入の際は、レシートや保証書が付いています。付属品があるのとないのとでは、査定金額も大きく変わってきます。

購入した時に大事な物だからと、どこかに閉まった記憶はありませんか?まずは、付属品探しから始めましょう。

(1)ブランド品を購入した際に入っていた「箱や保存袋」

 

ブランド品は購入の際に箱+保存袋に入っているケースが多く、時計やアクセアリーは箱の有る無しが、査定額に響く可能性があります。

保存袋や箱なんていらないと思いがちですが、綺麗な状態で保管されていると、査定額は間違いなく上がります。

特にブランド品をカバーしていた保存袋は、捨ててしまう人も多いですが、大事な付属品の1つですので、箱と一緒にきちんと取っておきましょう。

(2)無いと買取不可の場合も!「ギャランティカードor保証書」

ブランド品を購入した際は必ず「保証書」が付きますよね。そしてCHANELなど各ブランド店によっては保証書の代わりに「ギャランティカード」という物が付いてきます。

保証書やギャランティカードは簡単に言うと、この品物は正規店で購入した正規品であるという証明です。

無くても買取をしてくれる質屋もありますが、保証書がないと買取不可という店もありますので、事前に確認をして下さい。

特にアクセサリー類は本物かどうか判別しにくいので、買取しない店もあります。保証書はなくさないように気を付けましょう。

(3)CHANELのアイテム買取で大事な「ブティックシール」

ブティックシールはCHANELの正規店(国内のみ)で販売されている、アイテムの内側に貼られているゴールドのシールのことです。

購入した年月日とお店のイニシャルが書かれており、海外ではなく国内で購入したという証明になります。

ゴールドだけではなくシルバーのシールが貼られていることがありますが、シルバーのシールは「修理された年月日」が記載されたシールです。

また、ブティックシール制度は2016年6月以降、廃止となりました。2016年6月以前に、国内でCHANELのアイテムを購入された方は、確認した方が良いでしょう。

【売る前にチェック】2:査定額UP4つのコツ

財布やポーチ等は、時間が立つと使用感が見た目に出てしまいます。しかし、自分で落とせそうな汚れやホコリ、臭いは取り除くことで査定額UPにも繋がります。

少しでも高く売るためにどうすれば良いのか?ここでは、4つのポイントについて考えてみましょう。

(1)臭いを取る~日陰に放置する

香水やコロン、タバコといった臭いは知らないうちに臭いが染みついている可能性があります。また、それ以外にも長年クローゼットに放置していた為に、カビの臭いが付くことも珍しくありません。日陰の風通しの良い場所に、バッグを数日間放置しておく(扇風機を当てておくと効果大) と消臭効果が期待できます。

バッグだけでなく財布やポーチといった物も消臭可能です。ベランダに置く場合、梅雨時期はバッグが絶対に水濡れしないように気を付けましょう。

(2)消臭対策|重曹or緑茶の葉を活用

 

重曹や緑茶には、消臭効果や殺菌効果があります。ここでは2通りの消臭方法をご紹介します。

(1)各自サイズに合った袋を準備して、重曹or茶葉を入れる。入れた袋を臭いを消したいバッグの中に入れ、カバン全体を密封して数日間放置する。

(2)重曹を直接バッグの中に入れ(量は臭いの強さなどで加減する)ファスナーを閉めて軽く振り、掃除機やハンディクリーナーなどで直接吸い取る。

重曹や、緑茶の茶葉は安価で購入できますので、手軽に試す事ができますね。

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事