京都のお花見スポット|ゆったり桜を満喫できる場所6選

     

地元民がすすめる桜の名所3選

次に有名な観光地や駅などからは離れているけれど、見事な桜が楽しめるお花見の穴場スポットをご紹介します。

地元の方から愛され、観光客は少なめのスポットが多いので、ゆったりと桜を満喫したいという方におすすめです。

のんびり気持ちいい散策コース/山科疎水(やましなそすい)

琵琶湖から京都市内に水を引いている琵琶湖疎水の分線である山科疎水。脇に遊歩道があり地元の方々に親しまれている散歩コースです。

春にはヤマザクラを中心とした約660本の桜並木が続き、桜を見ながらの散策にピッタリな穴場スポットです。

山科疎水詳細情報

【住所】京都市山科区御陵

【アクセス】JR山科駅より徒歩約9分

詳細はこちら/KYOTO design

水路沿いの桜並木

水路沿いの桜並木

出典:京都観光オフィシャルサイト

水路は四宮から日ノ岡まで約4kmにわたって続き、両岸が東山緑地として整備されています。桜の下には菜の花が咲き誇り、水に映る桜も一緒に楽しみながらゆったりとした時間が過ごせますよ。

さらに近くには毘沙門堂もあり、観光にもちょうど良いスポット。毘沙門堂では樹齢100年以上の毘沙門しだれが鑑賞できます。

復活した観光船でお花見も

復活した観光船でお花見も

出典:びわ湖疎水線

明治23年に琵琶湖疎水で通船利用が開始され親しまれていましたが、昭和26年に姿を消していました。

平成30年の春から本格的に運航が復活し、水上から山科疎水の桜並木を楽しむこともできるようになりました。

ゆったり歩きながらのお花見とはまた違う楽しみ方をしたいという方はぜひ訪れてみてください。

詳細はこちら/びわ湖疎水船

近隣の方に愛される/妙顕寺(みょうけんじ)

京都市上京区にある西陣は街中ながら桜の名所も複数あり、はしごできる穴場的スポットです。

中でも京都初の日蓮宗道場として鎌倉時代後期に創建された妙顕寺は地元の方にも愛されるお花見スポットとなっています。

妙顕寺詳細情報

【住所】京都府京都市上京区妙顕寺前町514

【アクセス】地下鉄今出川駅より徒歩11分

詳細はこちら/日蓮宗 大本山 妙顕寺

樹齢100年の高さと見ごたえがある桜

View this post on Instagram

A post shared by 日蓮宗 大本山 妙顯寺 (@kyoto_myokenji)


妙顕寺では山門前に紅しだれ桜が出迎えてくれ、境内にはソメイヨシノやしだれ桜などが咲き誇ります。

境内の桜はほとんどが樹齢100年以上とされていて、大きく高さも見ごたえも抜群ですよ。

春の特別拝観では夜桜も

春の特別拝観では夜桜も

出典:日蓮宗 大本山 妙顯寺(妙顕寺)Twitter

他では味わえない静寂な空間で特別な時間を過ごせる妙顕寺。特別展やライトアップなどのイベントも開催されています。

例年、春の特別拝観とライトアップが開催されます。静寂と共に幻想的な夜桜を楽しめるのもこの時期だけなので必見です。

ガイドブックに登場しない名所/竹中稲荷神社

京都大学から近い場所にある吉田神社。その末社である竹中稲荷神社はガイドブックや観光情報サイトなどにもあまり登場しない神社ですが、桜と紅葉の名所として知る人ぞ知るスポットです。

竹中稲荷神社詳細情報

【住所】京都府京都市左京区吉田神楽岡町

【アクセス】京都市バス「京大正門前」又は「錦林車庫」下車、徒歩15分

詳細はこちら/京都観光オフィシャルサイト京都観光Navi

赤い鳥居の合間に咲き乱れる桜が美しい

竹中稲荷神社の特徴は200mほど続く赤い鳥居の長い参道です。春にはこの鳥居の間に桜が咲き乱れ、鳥居の赤と桜のピンクや白い色のコントラストが美しく映えます。

とてもフォトジェニックなスポットなので、SNSでアップすると目を引く写真が撮れるかもしれませんね♪

アクセス抜群のお花見スポット3選

 
アクセスが良く、ふらりと立ち寄ることのできるお花見スポットをご紹介します。主要駅などから歩いていくことが可能です。

世界遺産/仁和寺

世界遺産/仁和寺

出典:仁和寺

真言宗御室派総本山で世界遺産の仁和寺。江戸時代から庶民に愛されている「御室桜」の林があります。

約200本の御室桜が咲き誇る姿は圧巻です。桜の木の高さは2~3mほどと低いため、ほぼ目の前で美しい桜の花を見ることができます。

仁和寺詳細情報

【住所】〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33

【アクセス】嵐電北野線御室仁和寺駅からすぐ

詳細はこちら/仁和寺

京都で1番遅咲きの桜

京都で1番遅咲きの桜

出典:仁和寺

仁和寺の桜は京都市内で1番遅咲きの桜として知られています。例年の見頃は4月上旬から中旬にかけてです。

2021年の予定は、3月20日~5月9日にかけて「御室桜まつり」を開催予定

「4月は連休が取れないからゴールデンウイークに京都の桜まつりを楽しみたい!」という方でも間に合います。

徒然草にも登場する歴史あるお寺

徒然草にも登場する歴史あるお寺

出典:仁和寺

徒然草にも登場する歴史ある仁和寺は昔から京の都の人に愛されてきたことがうかがえます。

徒然草の仁和寺に関係する段を読んでから訪れると、さらに仁和寺の桜を楽しむことができます。

鴨川沿いを歩きながら桜を愛でる/鴨川河川敷

鴨川沿いを歩きながら桜を愛でる/鴨川河川敷

出典:花の回廊周辺の様子|京都府

鴨川とは、京都市内の南北を流れる大阪淀川水系の川です。鴨川の長さは23㎞におよび、場所によって雰囲気ががわります

鴨川で人混みを少し避けられるお花見スポットを2つ紹介します。

京阪清水五条駅の近くの鴨川

京阪五条駅の近くの鴨川

出典:花の回廊周辺の様子|京都府

鴨川沿いにある遊歩道「花回路」は、三条という道から、四条、五条、七条にかけて伸びる桜の名所です。

三条から四条にかけては人が多いので、ゆったり楽しみたい方は五条で楽しまれるのがおすすめです。

三条、四条、五条、七条はそれぞれ京阪電鉄で1駅の距離。人の賑わいは四条が1番多く、五条、七条の順番で空いてきます。七条から京都駅まで歩く方も多いです。

清水五条駅詳細情報

【住所】〒605-0846 京都市東山区五条大橋東詰

【アクセス】京阪清水五条駅

詳細はこちら/清水五条駅|京阪電車

半木の道は70本の八重紅しだれ桜が美しい

半木の道は70本の八重紅しだれ桜が美しい

出典:半木の道付近の様子|京都府

2つ目は、半木の道という四条から北にずっと上がった北大路駅近辺のスポットです。

鴨川にかかる葵橋と御薗橋を結ぶ2キロの河川敷にソメイヨシノが植えられていて、キレイな桜のトンネルをくぐることができます。

そばにある京都府立植物園の近くの半木の道は約70本の八重紅しだれ桜が艶やかです。

半木の道詳細情報

【住所】〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町

【アクセス】地下鉄烏丸線「北大路駅」より徒歩約10分

詳細はこちら/半木の道

京都駅から1駅/東寺

ライトアップも開催

出典:京都観光オフィシャルサイト

京都駅から1駅のところにある世界遺産・東寺は、アクセスがいいのに街中の喧騒から離れるお花見スポットです。

毎年、夜間のライトアップが行われています。(*2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止)

京都駅から歩いて15分くらいの距離なので、京都駅から歩くのもおすすめです。

東寺詳細情報

【住所】〒601-8473 京都市南区九条町1番地

【アクセス】近鉄「東寺駅」より徒歩10分/JR・近鉄「京都駅」八条口より徒歩15分

詳細はこちら/東寺

五重塔に映えるソメイヨシノ

五重塔に映えるソメイヨシノ

出典:京都観光オフィシャルサイト

東寺は「不二桜」と名付けられた八重紅たれ桜が風情あるたたずまいを醸し出してます。

また、五重塔のそばのソメイヨシノは風光明媚で息をのむ美しさです。

東寺内には約200本の桜があり、ほかにも、河津桜や樹齢120年を迎える大木が彩を添えます。

京都駅から徒歩15分という好アクセスながら、桜の名所としてあまり知られていまないので、ゆったり歴史と桜を愛でたい方にぴったりのスポットです。

京都の代表的な桜スポット3選

パワースポット/鞍馬寺

<h3>パワースポット/鞍馬寺</h3>

鞍馬寺は鞍馬山という山をケーブルカーで登った中腹にあるお寺です。

山深くて神々しい雰囲気が満ち足りています。

紅葉の名所ですが桜も非常に美しく「ゆったり桜が見たい」方におすすめです。

鞍馬寺詳細情報

【住所】〒601-1111 京都市 左京区鞍馬本町1074番地

【アクセス】京阪電車の終点「出町柳駅」から叡山電車で「鞍馬駅」(30分)

詳細はこちら/鞍馬寺

平安時代に詠まれた「雲珠(うず)桜」が美しい

パワースポット/鞍馬寺

出典:京都観光オフィシャルサイト

鞍馬寺は、平安時代の歌に登場する「雲珠(うず)桜」の名所です。

一重や八重が咲き誇り、白や紅色の鮮やかな色彩はうっとりするほどキレイです

見頃は4月上旬~中旬にかけて。京都市内の桜より5日から1週間ほど遅いです。

ベニシダレザクラが美しい名勝/平安神宮

ベニシダレザクラが美しい名勝/平安神宮

出典:平安神宮

谷崎潤一郎「細雪」にも描かれる平安神宮のベニシダレザクラは圧倒的な美しさを誇ります。

ソメイヨシノやヒガンザクラなど約20種類、合計約300本の桜を楽しむことができます。

平安神宮詳細情報

【住所】〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町97

【アクセス】地下鉄東西線「東山駅」1番出口より徒歩10分

詳細はこちら/平安神宮

空を覆うようなベニシダレザクラ

空を覆うようなベニシダレザクラ

出典:平安神宮

入口の門をくぐるとすぐに空一面を覆うベニシダレザクラを楽しむことができます。

池に反射する桜も見る者を魅了します。

別名「里帰りの桜」

別名「里帰りの桜」

出典:平安神宮

ベニシダレザクラは、平安神宮創建のときに仙台市長から苗木が寄贈されたので「里帰りの桜」ともよばれています。

例年の見頃は4月上旬から中旬にかけてです。

京の隠れ里/三千院

京の隠れ里/三千院

出典:三千院

三千院は京都の隠れ家のような静かな趣が魅力の場所です。

三千院までの行き方は電車でなくバスを使い、バス停からさらに10分歩きます。「買い物ついでに花見に来た」という人がいないこともあり、人が過密状態になっていません。

三千院詳細情報

【住所】〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540

【アクセス】京都バス19系統「大原バス停」より徒歩10分

詳細はこちら/三千院

山桜やしだれ桜が咲き誇る

山桜やしだれ桜が咲き誇る

出典:三千院

三千院には、素朴な佇まいが可愛らしい山桜や風に揺れるしだれ桜など300本の桜があります。その昔、失意の都人が心身を癒したといわれている京都大原三千院でゆったり桜を楽しみませんか。

小さなお地蔵さんの姿も

小さなお地蔵さんの姿も

出典:三千院

三千院には小さなお地蔵さんたちを目にすることもできます。彫刻家の杉村孝氏さんの作品です。

お花見シーズンの気候とおすすめファッション

 
お花見シーズンの気候とおすすめファッション
京都の花見シーズンである3月下旬から4月中旬にかけての平均気温は10~12度です。

日中は薄手のジャケットで大丈夫ですが、朝晩の寒暖差が激しく夜は5度前後になることもあります。

夜のライトアップを身に行かれる方はやや厚手のコートがあっても安心です。

日本の美を京都で満喫

今回は京都でおお花見が楽しめる穴場スポットをご紹介しました。

京都には桜の名所もたくさんありますが、ゆったり桜を楽しみたいという方におすすめの穴場もたくさん♪

京都らしい風情のある景色を楽しめるのもポイントですね。

是非今年のお花見は京都の穴場でゆったりまったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

1 2
     

旅行カテゴリの最新記事

}