観て絶対に損しない!笑いと感動があふれるおすすめ洋画13選

     

定番だから外さない!迷ったら選びたい洋画2選

友達とのホームパーティなどで何を見るのか迷った時は、誰もが一度は名前を聞いたことのある名作映画を見るのもおすすめです。

定番映画の中でも外さない、2作をご紹介します。

1.初めてなら「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】
砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変。

一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レンに率いられた帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。

銀河に新たな脅威が迫る中、レイたちはハン・ソロとチューバッカに出会い……

最新のカメラワークとCGはエピソード1〜6を観たことがない方でも楽しめます。この映画を観てから過去のエピソードを観るとそれぞれが繋がって面白いですよ。

2.仕事を頑張る女性たちへ「プラダを着た悪魔」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。

オシャレに興味のない彼女はたまたま、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる、一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントの仕事を手に入れます。

しかし、ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続ける電話と無茶な命令の数々、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされます。

キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされてしまうアンディ。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?

女性なら一度は見ておきたい名作。大人になった女子たちで、美味しい料理やお酒と一緒に「わかるわかる!」と言いながら見るのも楽しいですよ♪

恋愛映画でキュンキュンしよう♡おすすめ洋画2選

大人になってからどのくらいときめいていますか?10代の頃に比べたら、小さなことで喜ぶことも、悲しむことも少なくなっているかもしれません。

そんなあなたに、恋をしていた頃のピュアな気持ちを思い出させてくれる2作品をご紹介します。

1.歯がゆくも愛おしい「(500)日のサマー」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】
建築家を夢見つつ、グリーティングカード会社で働くトムは、ある日、秘書として入社してきたキュートなサマーに一目惚れしてしまいます。

トムは運命の恋を夢見る男の子、一方サマーは真実の愛なんて信じない女の子……。好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。

恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。人を好きになる楽しさと切なさがぎゅっと詰まっています。

大人になればなるほど心ときめくことも少なくなるもの。そんな方におすすめしたいのが、この映画です。

日々の生活がどこか物足りないと感じている、恋愛から遠ざかっていると感じている方にぜひ見て欲しい作品です。

2.愛に溢れていて感動「50回目のファースト・キス」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】
交通事故に遭って以来、“前日のことをすべて忘れてしまう”という短期記憶喪失障害を抱えているルーシー。

そんな彼女に、水族館で獣医として働くヘンリーが一目惚れし、愛を告白し続ける。

ルーシーは彼の優しさと愛に触れ、毎日恋におち、毎日ファースト・キスをする。

毎日がやり直しの恋。少しずつ進展していくと思われた二人の関係だったが、ルーシーは自が愛する人の重荷になると思い、別れることを決意する…

毎日前日のことを忘れてしまうルーシー。でもだからこそ、毎日のキスは嬉しくてあまずっぱい特別なファーストキス。

ハワイの美しい映像も美しく、観た後に幸せな気持ちになれる作品です。

2018年6月1日には山田孝之と長澤まさみによる日本版も公開!

出典:amazon.co.jp

同じ設定のストーリーで、同じくハワイで撮影された作品。主演の山田孝之さんも、「脚本を読む度に、こんなに笑って、こんなに泣いたのは初めて」とコメントする期待の映画です。

映画はあなたを非日常の世界へと連れて行ってくれる

普段なかなか感じることのできない感情や想いを映画でなら感じられます。

最近なんだか物足りないなと思っている方、つまらないなと思っている方はぜひ映画を見て心を揺さぶられてください。

豊かな感情を知ることで、毎日の生活もより幸せで、充実したものになります。今は家で動画をたくさん見られるサービスもたくさんあるので、ぜひ活用して充実した休日を送ってくださいね。

こちらの記事も読まれています

1 2 3
     

ライフスタイルカテゴリの最新記事

}