カラーボックスでベンチをDIY|おしゃれなリメイク術11選をご紹介

     
カラーボックスでベンチをDIY|おしゃれなリメイク術11選をご紹介

板を載せるだけ♪基本のカラーボックスベンチ4選

こちらではカラーボックスを横に倒し、上にカットした天板を載せるだけで作れる基本のベンチをご紹介。

収納する部分が見えるように置くか、座面が蓋の役割になるように置くかはお好みでOK!様々なアイデアを集めたので参考にして下さい。

取っ手付きの扉をつけてたっぷり収納できるベンチ

ナチュラル系のデザインが可愛いこちらのベンチ。取っ手付きの扉をつけることで大容量の収納に大変身!

中身が見えないのでスッキリ見せることができます。

中にはお子さんの教材など様々なものが収納されているそうです。子供目線の高さなので自分で片づけられますね。

黒のカラボを使えば男前ベンチが完成

黒のカラボを使って作れば、こんなにかっこいい男前ベンチが作れます。元々あるカラーボックスをペイントして作ってみるのも良いでしょう。

さらに座面をナチュラルカラーにすることで、子供部屋の雰囲気にも合う柔らかい印象に仕上がっています。

おしゃれな布で目隠しすれば立派なダイニングチェアに

おしゃれな布を使って目隠しすれば立派なダイニングチェアに早変わり。こちらのアイデアのように画鋲で留めればずり落ちる心配もありません。

また、上に座布団を置けば長時間座っても楽ですね。お高いダイニング用のベンチチェアもカラーボックスを作れば格安で作ることができます。

ニトリの扉付きカラーボックスで作るお手軽ドレッサー

こちらのアイデアではニトリの扉付きカラーボックスを組み立てた後に、天板を上に固定して完成!

扉もセットで売られているので、別で揃える必要もありません。お手軽に作れるのに、その機能と見た目は本格的。

ニトリのカラーボックスは様々なサイズがあるので、自宅のダイニングテーブルのサイズに合わせられるのも魅力です。

詳細はニトリ公式通販サイトへ

フカフカ座面のカラーボックスベンチ3選

座面部分にスポンジの役割をするものを入れれば、フワフワの座面にすることができます。

座面にするものはいらなくなった毛布や座椅子、クッションなどアイデア次第で格安で作ることが可能!

ぜひお家にあるものを利用して、フカフカ座面のベンチを作ってみましょう。

いらない座椅子を再利用

いらない座椅子をカットして板の上に載せ、タッカーで留めていけば豪華なベンチの完成。目から鱗の再利用方法ですね。

しっかりスポンジが入っているので座り心地はバッチリ!中には子供のおもちゃをたっぷり収納できるので一石二鳥です。

座面にウレタンフォームを入れてキッズベンチに

ベンチを作る際に人気なのがウレタンフォームを座面に入れる方法です。

数枚重ねたウレタンフォームをボンドで貼り合わせて重ね、布でくるんだらグルーガンで板に固定していきます。

しっかりとした座面なので、子供にも座りやすいキッズベンチが作れます。

座面に使わなくなった毛布を載せるだけ

使わなくなったクッションや毛布を板の上に置き、お好きな布で包むことでフカフカの座面を作ることもできます♪

好きな柄のマステでデコレーションすればさらにおしゃれに!

1 2 3

ライフスタイルカテゴリの最新記事