生後5~6カ月の離乳食レシピ10選と上手な進め方のポイント

     
生後5~6カ月の離乳食レシピ10選と上手な進め方のポイント

生後5~6ヶ月ごろの赤ちゃんの体は、離乳食を始める準備がととのってくる時期です。初めての離乳食はママも気になることや不安がたくさんありますよね。
このころの離乳食は、食事に慣れさせて食べる楽しさを感じてもらうことを目的に考えることがポイントです。 今回は始める時期、離乳食の進め方や簡単レシピをご紹介します。

ゴックン期の赤ちゃんの基本


生後5~6ヶ月ごろはまだ食事を噛むことができません。下も前後にしか動かないので、口に入った食べ物をゴックンと飲み込んで食事をするので「ゴックン期」とも呼ばれています。
これまで液体のミルクや母乳しか飲んでいなかった赤ちゃんが、液体以外の食べ物を口にすることは、想像以上に変化があることです。
最初は液体に近いトロトロ状のものを飲み込むだけでも大変なので、すり鉢や裏ごし期を使い、食材のざらつきがないように調理します。

開始の目安は赤ちゃんの様子を見よう


生後5~6ヶ月ごろになると、だいぶ体がしっかりしてきて寝返りやお座りをする子が増えてきます。消化機能も整ってくるので、下記のチェック項目が何個か当てはまるようであれば適当です。
【離乳食の開始チェック項目】
・首が座り支えると座れる
・よだれの量が増えた
・大人の食事に興味を示す
・スプーンを口に入れたときに舌で押し出す力が弱くなる

おすすめの食材と取り入れるタイミング


まだ消化機能が発達しきれていないので、徐々に食材を増やしていくことが大切です。 1周目は、消化吸収のよい穀類や10倍がゆから始めます。
慣れてきた2周目からは、炭水化物にプラスして野菜も取り入れます。液体に近いポタージュ状で慣らし、徐々に形状をペースト状に変えていき4周目ごろには豆腐を取り入れましょう。
こうして1ヶ月かけて炭水化物、ビタミン、タンパク質の3つの栄養源を摂取できるように慣らしていきます。
【おすすめ食材】
・炭水化物・・・ご飯、穀類、バナナ
・野菜・・・にんじん、かぼちゃ、トマト、ブロッコリー
・果物・・・りんご
・大豆製品・・・絹ごし豆腐
・魚・・・しらす干し

肉・魚・乳製品・はちみつはまだNG

脂質が多いお肉は赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。卵や乳製品は、タンパク質が多く栄養素は高いですが、アレルギーの心配があるため、月齢が低いうちは食べさせないようにしましょう。

はちみつは、乳児ボツリヌス症の危険があります。厚生労働省でも発表されているほど危険なことなので、1歳未満の乳児には絶対に与えないようにしましょう。

厚生労働省ホームページ

初期の食べさせ方と進め方


最初は、赤ちゃんの姿勢を少し後ろにするように抱っこして与えましょう。スプーンを下唇にのせて、赤ちゃんが自分で離乳食を取り込んだらスプーンをゆっくり引き抜きます。
ゴックンと飲み込む様子が見られたら、褒めてあげて楽しくリラックスしながら食事しましょう。

【1周目】小さじ1〜2杯が目安


最初は、決まった時間に1日1回食で始めましょう。最初の1週間は、小さ1~2杯の量を4、5回に分けて与えます。離乳食の時間は、赤ちゃんが活発に動く時間帯の午前10時ごろが理想です。
あくまで目安なので、機嫌が悪かったり体調が悪い時は無理せずに中断することも必要です。 

【2~4周目】週ごとに小さじ1ずつ増やす


2周目からは、炭水化物の他に、野菜や果物を取り入れます。量も一気に増やすのではなく1週間ごとに、小さじ1ずつ増やし、様子をみながら与えましょう。
4周目に入ったころ、無理なく食べられるようであれば赤ちゃんのお昼寝やお腹がすくタイミングに合わせて、午前と午後の2回食にしてみます。

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事