簡単にできる夏休みのDIY工作!宿題におすすめの作品12選

簡単にできる夏休みのDIY工作!宿題におすすめの作品12選

夏休みの宿題にぴったりの工作をご紹介します。親御さんの手助けがあれば、小学校低学年でも作ることができます。

女の子向けと男の子向けに分け12作品ありますので、ひお子さんの興味のある工作に挑戦してみてくださいね。

Advertisement

簡単なのに可愛い♪女の子におすすめの工作6選

女の子の喜びそうな可愛い工作を6つご紹介します。ハーバーリウムや夏の思い出にぴったりなリース、貯金箱など簡単に可愛く仕上がりますよ。難しすぎず最後まで楽しく作成できますので、ぜひ挑戦してみてください。

好きなお花でハーバリウム

おしゃれなハーバリウムはお家で作ることができます。準備するものは、空き瓶、中に入れる花、液体です。

まず空き瓶を消毒します。次に中に花を入れます。ドライフラワーが無い場合は造花を使うとお手軽です。夏休みを利用して生花からドライフラワーを作ってもいいでしょう。

長い花材を使用する場合は、初めに短めの花を入れて土台を作っておくと綺麗に仕上がります。最後に液体を注いでフタをします。液体は、専用の液かベビーオイルで代用ができます。

お手軽!スポンジケーキ

キッチンスポンジを土台にしたケーキは、木工用ボンドで飾りをくっつけることができるので簡単に作成できます。土台のスポンジはカットしやすいので、色々な形のケーキも作れます。

飾りは、キラキラのシール・ビーズ・カラフルなデコレーションボール・毛糸・リボンなどがおすすめ。側面にリボンをつけても可愛いですね。材料はすべて100均で揃います。

トイレットペーパーの芯で立体絵

トイレットペーパーの芯を半分につぶして、はさみで切ってくっつけると立体的なお花になります。

まわりに華やかなビーズを貼りつければ、手書きの絵とは一味違った作品ができあがりますよ。トイレットペーパーの芯を花火に見立てて作品を作っても素敵です。

ペーパーナプキンのリース

こちらのリースは、ペーパーナプキンで作ったお花をリース台に貼りつけて作ります。

まずは、お花の作り方をご紹介します。ペーパーナプキンを正方形にカットし4枚重ねにし、じゃばらに折り畳み、中央をホチキスでとめます。両サイドを好きな形に切ってふんわりと広げるとお花の完成。

次にリース台に貼りつけます。リース台は100均でも手に入りますし、段ボールをドーナツ型にカットしてもいいでしょう。

お花は、ペーパーナプキンの色やカットの仕方で簡単に雰囲気が変わります。いくつか種類を作ってレイアウトすると華やかになっておすすめです。

夏の思い出に貝殻リース

こちらはリース台に貝殻を貼りつけて作ります。海水浴場などで拾った貝殻を使えば、夏の思い出にぴったり。

貝殻を敷き詰めるだけでも素敵なリースに仕上がりますし、写真のようにリボンやお花などでデコっても可愛らしくなりますよ。

ペットボトル貯金箱

定番の貯金箱もペットボトルにビーズを貼りつければ、こんなに可愛く仕上がります。ペットボトルを切断して段ボールをしけば、安定感も抜群です。

ただペットボトルを切る工程は危ないので、お子さんのお手伝いをしてあげましょう。

思わず遊びたくなる!男の子におすすめの工作3選

作った後は思わず遊びたくなるような、男の子におすすめの作品を3つご紹介します。魚釣りゲーム・段ボール迷路・ビー玉転がしと、お友達と遊ぶのにもぴったりですよ。

簡単に作れる魚釣りゲーム

段ボールや厚紙を魚型に切って、クリップを入れ魚の絵を描いた紙を貼ります。細い棒や菜箸にタコ糸をつけ、タコ糸の先端には磁石をつけましょう。これで魚釣りゲームの完成です。

いろいろな海の生き物を作ると、にぎやかな作品になっておすすめです。マンボウやサメなど普段目にしない生き物は、図鑑などを見ながら描けば、お勉強にもなりますね。

段ボールで作る迷路


写真のような迷路も、すべて段ボールで作れば楽しい工作になります。簡単に作るポイントは3点あります。

1点目は、小さめの段ボール箱の側面を3cmくらいに切って、そのまま底面と外枠にしてしまうこと。

2点目は、落とし穴を作らないこと。

3点目は、底面に迷路の下書きをすることです。下書きができたら、細く切った段ボールを貼って道を作ります。完成したら最後にラップやビニールをかぶせてテープで貼り、ビー玉が飛び出さないようにしましょう。

本格的なビー玉転がし

こちらは木の板に細長い木材を貼りつけたおもちゃです。木の板を切る工程は危ないですので、お手伝いをしましょう。

切った後のやすり掛けや、板の貼り合わせはお子さんでもできます。板の傾け具合でビー玉の速度も変わりますので、お子さんだけのオリジナルの作品を作ってくださいね。

誰が挑戦しても楽しい!おすすめの工作3選

万華鏡、スノードーム、多層キャンドルの作り方をご紹介します。万華鏡やスノードームは準備に時間がかかりますが、手作りすることができますよ。危ない部分や難しい工程は親子一緒に取り組みましょう。

親子で一緒に作りたい万華鏡

様々な作り方のある万華鏡。鏡を入れる本格的なものから、身の回りにあるものばかりで作れるタイプのものまで様々です。

以下のサイトの万華鏡は、透明なプラスチック板を100均で入手すれば、あとは牛乳パックやセロテープ、ビーズなど身近にあるもので作成できます。カッターを使う工程は危ないので、親御さんがやりましょう。

万華鏡の詳しい作り方は雪印メグミルク株式会社サイトへ

空き瓶でスノードーム

スノードームは手作りすることができます。

まず、空き瓶の蓋の裏にスポンジをくっつけて、その上に中に飾りたいフィギュアを接着します。次に、「水7:洗濯のり3」の割合で瓶に液体をそそぎ、スパンコールや砕いた卵の殻などを入れます。

最後に蓋をしてスポンジに液体をしみこませ、減った分の液体を補充してできあがりです。注意点として、中のフィギュアは金属や木は避けましょう。接着剤は耐水性のものを使用してください。

グラデーションキャンドル

白色ろうそくを砕いて鍋に入れ、コンロや湯せんで溶かします。溶けたところでお好みのクレヨンを少し入れて色付けをします。

お好みのカップの上に割り箸を置き、ろうそくの芯をはさんでカップの中にたらします。そこへ色のついた液を流し込みます。

これを繰り返すと2層3層のキャンドルに。紙コップで作るとカップなしのキャンドルも作ることができます。

夏休みにぴったりの工作を楽しむ

夏休みに挑戦したい工作を12個ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

スポンジケーキやキャンドルのように1日で完成する簡単な作品から、ビー玉転がしや万華鏡のように、材料を色々準備して時間をかけて作成する作品まで様々なものがあります。

親子で楽しく作成してもいいですし、最小限のお手伝いで夏休みの宿題として利用してもぴったりの内容です。ぜひ参考にしてください。

こちらの記事も読まれています



DIYカテゴリの最新記事