2019年イースターを楽しもう!簡単DIY&料理レシピ9選

2019年イースターを楽しもう!簡単DIY&料理レシピ9選

クリスマスやバレンタインなど、海外でなじみ深いイベントが日本でもすっかり浸透しつつありますが、最近気になるイベントとして注目を集めているのが「イースター」。

キリスト教圏ではクリスマスと同様とても大切なイベントで、盛大にお祝いをされる季節行事です。

そこで、まだイースターをよく知らない方のためのいろいろな基礎知識&定番の楽しみ方とイースターのお祝いにおすすめのパーティーレシピをご紹介します。

知りたい「イースター」のいろいろ

「イースターの名前は聞いたことあるけど、どんなお祭りなんだろう?」と考える方も多いですよね。

イースターは十字架に架けられて亡くなったキリストが3日後に復活した事を祝う「復活祭」として祝われているお祭りです。

お祭りの由来など、イースターの基礎知識を覚えておけばよりお祝いを楽しむことができますよ。

春の女神「Eoster」が名前の由来

「Easter」とは春の女神である「Eoster」(エオストレ)などが由来とも言われており、キリストの復活と春のお祭りが結びついたイベントとして親しまれています。

イースターのシンボルである「卵」や「ウサギ」はそれぞれ、卵はそれそのものが生命の象徴であることからキリストの復活とかけて、ウサギは多産であることから繁栄の意味を込めてイースターの象徴になったと言われています。

2019年は4月21日がイースター!

イースターは毎年春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日と決められています。

キリストが復活した日が日曜日であったことからこの日が選ばれるようになったと言われており、毎年日付は変わります。

2019年は4月21日(日)がイースターのお祝い日になります。

2つの基本デコレーションのやり方

イースターの象徴でもある「イースターエッグ」は海外では、それぞれの家庭でデコレーションを楽しんだり、既にデコレーションされているものが販売されていたりします。

可愛くてポップなイースターエッグをお部屋に飾れば一気にイベント感が出そうですね♪イースターエッグの簡単な2つの作り方をご紹介します。

食卓へ並べるのかインテリアとして並べるのか、シーンに合わせて作り分けると良いでしょう。ゆで卵で作った方は、早めに食べきるようにしてくださいね。

デコレーション(1)中身を抜く方法

爪楊枝や針でたまごの丸みのある方に穴を開けて中身を掻き出し、すすいで乾燥させたら絵の具などを使って好みのデコレーションをします。

デコレーション(2)ゆで卵で作る方法

固ゆで卵を好みの色の食紅を溶かした水に数時間つけておき色を定着させます。

取り出してキッチンペーパーなどで水気を切ったら、シールやマジックを使って好みのデコレーションをしましょう。(飾ったあとはそのまま食べられます。)

kurashiru(クラシル)のアプリアイコン出典:App Store
動画で見やすい♪27,000件以上のレシピから本日の献立や料理メニューが見つかる【無料レシピアプリ】

1 2

レシピカテゴリの最新記事