LINEスタンプの作り方を徹底解説!始め方とおすすめアイデア7選

LINEスタンプの作り方を徹底解説!始め方とおすすめアイデア7選

スマホを持っている人なら日常的に使っている人も多いコミュニケーションアプリLINE。リアルタイムのメッセージに加え、感情が伝えにくい文字でのやりとりの中で、LINEではスタンプを送ることができるのも良い点ですよね。

あまりのかわいさに有料スタンプを買ったことがある方も多いのではないでしょうか。そんなLINEスタンプですが、自分で作れるのをご存知でしたか?ペットや、お子様の写真、自分で書いたイラストなど好きなもので自分専用のスタンプができるアプリがあります。

この記事では、そんなLINEスタンプが作れるアプリ「LINE Creators Studio(ラインクリエイターズスタジオ)」の使い方と、実際にスタンプを作っている人のおすすめの使い方をご紹介します。

目次

「LINE Creators Studio」でスタンプを簡単に作ろう

「LINE Creators Studio」は、手持ちのスマホだけでLINEのスタンプ制作から販売までを行えるアプリです。撮った写真を加工してスタンプにすることもできますし、Creators Studioアプリで描いたイラストも簡単にスタンプにできます。

販売するだけでなく、プライバシー機能を使えば家族や友人間など親しい人の間だけでスタンプをダウンロードできるプライベート設定も可能です。

LINE Creator Studio の公式サイトはこちら

1.スタンプを作る準備!「LINE Creators Market」に登録

LINEでスタンプを作るためには、まず「LINE Creators Market」に登録しておく必要があります。スタンプを作成したあとでも登録は可能ですが、先に作っておくとスタンプ作成後スムーズに作業ができます。

LINE Creators Marketは公式サイトからも、LINE Creator Studioの右上の設定ボタンから登録することもできます。

2.利用規約を確認したらユーザ情報を登録

利用規約をしっかりと確認したら、名前やメールアドレス、居住国などを入力しましょう。ユーザー情報の入力項目は4つだけなので、そこまで面倒ではありません。

3.届いたメールのURLをクリックして認証できたら完了!

ユーザ情報の登録が完了すると、入力したメールアドレス宛に認証メールが届きます。メール届いたら、メールに記載されているURLをクリックしましょう。認証が成功すれば、登録は完了です。

オリジナルのスタンプを作る手順

はじめてこのアプリを使う方のために、使い方やスタンプの作り方の手順を簡単にご紹介します。

1.「LINE Creators Studio」をダウンロードする

まずは、お手持ちのスマホに応じて、App StoreかGoogle Playでアプリをダウンロードします。アプリのサイズが大きいので、Wi-fi環境のあるところの方がスムーズにダウンロードできます。

App Store「LINE Creators Studio」の詳細はこちら

Google Play「LINE Creators Studio」の詳細はこちら

2.アプリを立ち上げスタンプを制作する

アプリを立ち上げ、「新しいスタンプをつくる」ボタンを押すと、スタンプ作成画面が開きます。シンプルな作りになっているので、直感的に操作ができるので誰でも簡単に始めることができます。

3.写真を撮る・写真をフォルダから選ぶ・イラストを描く

スタンプにしたいものの写真を撮る、または今まで撮った写真のカメラロールの中からスタンプにしたい写真を選ぶ、ほかにもイラストにしたい絵をアプリ上で描くこともできます。

自動のトリミング機能があったり、ペンの太さがバーで選べたりと編集も手軽で便利です。編集が終わったら、画面右上のボタンで保存をします。

4.スタンプの審査申請・プライベート設定をする

できあがったスタンプを保存するだけでは、まだ実際にLINEでスタンプを使用することができません。また、スタンプの販売は最低でも8個からとなっているので、少なくとも8個のスタンプを作る必要があります。最大では40個まで登録が可能です。

登録用のスタンプができあがったら審査の申請をして、プライベート設定をしておきましょう。

5.審査が通ったらスタンプをリリースする

審査に通ったら、晴れてスタンプがリリースできます。「申請済みリスト」から、「承認」となっているスタンプを選び、注意事項を確認後OKボタンを押します。

非公開に設定している場合は、検索しても出てこないのでご友人やご家族などにURLをシェアする必要があります。また知り合いがダウンロードする場合も無料ではないので、使って欲しい人にはリリースできたらプレゼントをすると喜ばれます。

【家族編】おすすめのオリジナルLINEスタンプの使い方3選

実際にオリジナルスタンプを作成された方のスタンプを例に、おすすめのLINEスタンプの使い方をご紹介します。もしも取り入れられそうなアイデアがあればぜひ、アイデアをアレンジしてくださいね。

1.家族の写真をスタンプにしてタイムラインがほっこり

家族の写真にを「おはよう」「おやすみ」など文字を入れて作ったスタンプは、お仕事で遅くなるお父さんなどの癒しに。もしも、おじいちゃんやおばあちゃんとLINEでやりとりしているなら喜ばれること間違いなしです。

LINEスタンプ「りっきーとこはるん」の詳細はこちら

2.可愛いわが子をスタンプにして大切な一瞬を残そう


一瞬一瞬、常に変化する可愛い表情を見せてくれるお子様。そんな可愛いお子様の豊かな表情を写真として残している方も多いのではないでしょうか。

こちらはタイの方が作ったLINEスタンプ。写真も綺麗で、色使いも明るくてキュートです。

LINEスタンプ「Franc & Freya 2」の詳細はこちら

3.わが家のアイドル♡癒される愛しのペットをスタンプに

お子様と同じくらい、色々な表情を見せてくれて周囲を和ませてくれるペットたち。可愛い表情とともに使いやすいスタンプは、タイムラインに癒しを届けてくれます。

LINEスタンプ「癒し犬すみれ*ツー」の詳細はこちら

【友人編】おすすめのオリジナルLINEスタンプの使い方2選

家族と同じくらい、またはそれ以上に頻繁にメッセージを送り合うことが多い友達とのLINE。盛り上がってスタンプをたくさん送ったり、誕生日のメッセージを送ったりする機会も多いですよね。

そんな時に使えるおすすめのオリジナルスタンプのアイデアをご紹介します。

1.友達のナイスショットスタンプでグループトークが盛り上がる

友人やカップル間などで撮れたおもしろい表情の写真を使ったスタンプで、落ち込んでいても思わずにっこり。トリミングが簡単なので、手持ちの写真で作ることができます。

LINEスタンプ「yuyun_jiahong」の詳細はこちら

2.友人の名前を入れたイラストで楽しもう

友達の名前を呼びたいとき、またはグループラインでちょっとユーモアのある返信をしたいとき、相手の名前や自分の名前を入れたスタンプだと、よりタイムラインが盛り上がって楽しい時間に。

作るときは名前の部分を変えるだけなので、短い時間で色々なバージョンが作れます。

LINEスタンプ「垣本 by ねこロック」の詳細はこちら

【番外編】おすすめのオリジナルLINEスタンプの使い方2選

家族や友達の写真などを使ったスタンプのほかにも、オリジナルLINEスタンプの使い道があります。ちょっとエッジを効かせたスタンプを作ってみませんか?

1.へんてこな生き物でみんなが癒されるスタンプを作ってみよう

なんの生き物かよくわからない不思議なゆるかわキャラ。勉強中に、お仕事の合間に、街で見かけたときに思いついた方はチャンスです。そのゆるいキャラを使ってスタンプを作ってみましょう。

なんだか癒される、色々なところで使いたくなる不思議なスタンプが作れます。

LINEスタンプ「とろけるねーこ」の詳細はこちら

2.オリジナルイラストでちょっとしたお小遣いを稼ぐ方も

本格的なイラストを描くことができ、SNSなどでもファンのいる方はスタンプを販売すると、1個あたり数十円ではありますが収入を得ることもできます。

拡散などに力を入れた方は、12万ダウンロードされたという実績も。絵が上手いことよりも、使いやすさやユーモアなどを考えて作られたスタンプに人気があるので、初めての方でもお小遣いが稼げるチャンスもあります。

スマホ1台で誰でも気軽にクリエイターになれてしまいます。

やり始めると楽しいオリジナルLINEスタンプづくり

今まではスタンプを買うだけだった方も、簡単にスタンプを作れてしまうアプリ「LINE Creators Studio」。手軽に始められるので、学生だけでなく色々な世代で楽しめます。可愛くてユーモアのあるスタンプは、家族の会話のきっかけにも。

少しでも興味のある方はぜひ、スタンプづくりにチャレンジしてみてくださいね!

生活術カテゴリの最新記事