妊婦さんダイエット法10選!8つの原因とリスクもチェック

妊婦さんダイエット法10選!8つの原因とリスクもチェック

妊婦さんになった途端、突然太りやすくなったと感じる方も多いはず。

妊娠するとお腹の中では胎児が成長するので、妊婦さんの体重が増えるのは当たり前です。

しかし過度に体重が増加した場合、出産の様々なリスクが高くなるのでダイエットが必要になる場合があります。

今回は、妊婦さんが太りやすくなる原因と、体重増加のリスクやおすすめのダイエット法をご紹介します。

妊婦さんが太りやすくなる5つの原因


妊娠時の体重で基準は違いますが、理想は7~12kgで1週間あたり約0.3~0.5kg増えることが理想とされています。

もし体重が急激に増え、お医者様に「体重を増やさないように」と忠告された場合、ダイエットが必要になることもあります。

それは言い換えると母体と胎児にリスクが高まるので注意が必要ということです。

体重管理を上手にするために、妊娠中に太りやすくなる4つの原因について知っておきましょう。

胎児を育てるための体に変化


胎児を育てるために必要な糖質を蓄えるために、母体にはある程度脂肪が必要です。

妊娠中はホルモンの分泌により、体に脂肪がつきやすくなります。

もうひとつは、体の血液量が増加するためです。

胎児に血液を循環させるように、妊娠中は通常の循環血液量の約50%も増えるといわれいて、その分体の水分量も増加します。

これらの体の変化は赤ちゃんに十分に栄養を与え、育てるうえでは必要な体の変化です。

妊娠初期の食べづわりやつわりの後の過食


妊娠初期は吐き気でご飯が食べられない、つわりという症状がでる場合があります。

もう一つは、胃が空っぽになると気持ちが悪くなる食べづわりという症状です。

妊娠初期から食べづわりになり、体重が増加する人もいれば、つわりでご飯が食べられなかったけれど、落ち着いた頃にその反動で食欲が止まらなくなり、体重が増加してしまう人もいます。

ご飯を食べすぎている


妊婦さんは無意識にご飯を食べすぎている場合があります赤ちゃんのためにも、通常よりご飯の量を増やした方がいいのは事実です。

しかし、体重が急激に増加した場合は、妊婦さんが必要なカロリーよりオーバーしている場合があります。

もし赤ちゃんのためと言いつつ、カロリーや栄養バランスを考えずに好きな物を食べたいだけ食べている場合は注意が必要です。

スイーツやお菓子の食べ過ぎ


妊婦さんはお腹が大きくなるたびに制限が多くなり、自分でも気づかないうちにストレスが溜まってしまうことがあります。

妊娠中スイーツやお菓子が食べたくなる人は、ストレス発散が食べることになっているのかもしれません。

脂肪がつきやすくなっているとはいえ、たまに食べるぐらいなら問題ないのですが、毎日だと太るのは確実ですよね。

運動不足になりがち


妊娠中はつわりで体調が悪くて動けなかったり、お腹が大きくて動きづらく運動不足になってしまうことがあります。

しかも、妊娠を機に退職したり早めに産休をとったりすると、家にいることが多くなるのでさらに動かない生活になってしまいます。

妊娠中は無理せずゆったり過ごすのは良いことですが、ただでさえ脂肪がつきやすくなっているので、適度に動かないとすぐに太ってしまいます。

1 2 3

美容カテゴリの最新記事