ふるさと納税返礼品はどこが一番?基本情報とおすすめ返礼品9選

     
ふるさと納税返礼品はどこが一番?基本情報とおすすめ返礼品9選

ふるさと納税と言えば、最近テレビや雑誌などでよく見かけますよね。ふるさと納税とはどんな制度なのか、よくわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、ふるさと納税のメリット・デメリットや上手に利用するコツ、人気の返礼品についても詳しくご紹介します。

ふるさと納税の基本情報

最近話題になっているふるさと納税。生まれ故郷に寄附で応援することができ、返納品をもらえるので、注目が集まっています。今回はふるさと納税とはどんな制度なのか、詳しくご紹介します。

自分が育ったふるさとに納税できる制度

ふるさと納税とは、自分が育ったふるさとに納税できる制度のことを言います。多くの人は、地方などで生まれて、その地域で医療・福祉・教育など公的なサービスを受けて成長します。

進学や就職などで地元を離れる人も多く、都会などの新しい居住地で納税を行っていきます。その結果、移住先の都会は税収を得ることができますが、生まれ育ったふるさとの自治体には税収が入りません。

そこで「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意志で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」という考えから生まれたのがふるさと納税という制度です。

総務省ふるさと納税ポータルサイト

都道府県や町への寄附

ふるさと納税とは、納税という言葉がついていますが、実際は都道府県や市町村への寄附のことです。原則として自己負担額2000円を除いた全額が控除の対象です。

自治体は好きに選べる

ふるさと納税は「生まれ育ったふるさとに貢献する制度」、「自分の意志で応援する自治体を選べる制度」としてできました。

生まれ故郷だけではなく、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができますので、それぞれの自治体がホームページなどで公開している情報をよく読み、ふるさと納税に対する考え方・寄附金の使い道等を知ったうえで応援したい自治体を選ぶことがおすすめです。

手続きの方法は自治体によって異なる

実際の手続きの方法は、自治体によって異なりますので、応援したい自治体のホームページで確認していただくか、直接各自治体に問い合わせをしてみて下さい。

知っておきたいメリットとデメリット

次に、ふるさと納税のメリット・デメリットについてご紹介します。ふるさと納税にはどんなメリット・デメリットがあるのか、しっかり内容を把握しておきましょう。

特産品がもらえて自己負担額を抑えられることも

・生まれ故郷だけではなく、好きな自治体を応援できる。

・特産品をもらえる。

・控除額を差し引きすると自己負担額を2000円に抑えられる。

・複数の自治体を選部ことも可能。

ふるさと納税のメリットは、生まれ故郷だけでなく好きな自治体を応援できること、特産品をもらえることなどがあげられます。賢く計画的に活用し、様々な特産品を手に入れましょう。

先払いで少し手続きが必要

次にふるさと納税のデメリットを見ていきましょう。

・申請書など提出が必要で、手間がかかる。

・寄附なので、先に支払いが必要。

・低所得の場合、控除されない。

ふるさと納税は手続きが必要で先払いなどのデメリットもありますが、大きな手間はかからないのでぜひ利用してみてくださいね。

1 2 3

グルメカテゴリの最新記事