沖縄で神秘的なスキューバダイビング♪必見スポット&ショップ

     
沖縄で神秘的なスキューバダイビング♪必見スポット&ショップ

世界中のダイバーが憧れる沖縄でダイビングを楽しみましょう。まだライセンスを持っていない人は沖縄でダイバーデビューを始めてみてはいかがでしょうか。

沖縄の海の眺めはすばらしいです。けれども海の中はもっと不思議で美しく、私たちに多くの感動を与えてくれます。初めてのダイビングは少し不安に感じるかもしれませんが、一度潜った後は、そんな不安など取り除かれていることでしょう。沖縄の海を堪能できるよう人生で一度は潜るべきダイビングポイントやおすすめのショップをご紹介します。

沖縄の基本情報

沖縄は一年中を通して暑いイメージがあります。ではダイビングをする際の水温はどうでしょうか?真冬でもダイビングは楽しめるのでしょうか?服装や行く時期を迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

ベストシーズンは1年中!海はいつでも待っている

沖縄は1年中ダイビングを楽しむことができます。ただし季節によって行けるポイントや見られる生き物が違うことが多く、冬にはクジラが見られる場所もあります。

5月上旬のゴールデンウィークが明ければ梅雨に入ります。7月下旬ごろまで梅雨が続き、9月と10月には台風の季節がやってきます。この時期の航空機の値段は大幅に下がります。ゴールデンウィーク期間、7〜8月の夏休み、お盆、お正月は特に込み合いますので、各祝日の直後に行くのがおすすめです。

真冬以外ならウェットスーツを着て潜ろう

ダイビングをする際に着るべきスーツは何でしょうか?沖縄の海は他の地域に比べれば一年中暖かい水温です。しかしどんなに暖かい水温でも長時間潜っていると、だんだん体温が水に奪われ寒く感じることがあります。なので暖かいとはいえできるだけ保温性の高いスーツをおすすめします。例えば

11〜2月:沖縄で最低気温が観測される時期ですが、それでも水温は約21℃。しかし気温が16℃と陸上が冷えるため、ドライスーツを着ましょう。

3〜5月:気温も水温もだんだん暖かくなってきます。水温は約21〜22℃で気温は20℃より上がる日が増えて来るため、暑がりな方はもうウェットスーツの厚さ 3mm以上で十分でしょう。そうでない方はまだドライスーツで潜るのが無難でしょう。

6〜8月:気温と水温が共にピークになります。水温が約30℃近くなる日もありますが、水中では体温の熱が奪われる速度が非常に早いため、水中で暑さを感じたとしてもウェットの厚さ 3mm以上のスーツを着ましょう。

9〜10月:水温も気温もだんだん下がってきます。この頃になると水温は約26℃になります。ウェットシーツもできれば厚さ5mm以上で、更にフードを被れば充分な寒さ対策になるでしょう。

潜り始めは暑く感じるかもしれませんが、寒さに耐えるよりは断然快適なダイビングになるでしょう。お店のレンタルスーツを利用する場合は、その時期に最も適したスーツを貸してくれるので、スーツを持っている人でもあえてレンタルを利用する手もあります。

潜ったら忘れられないダイビングポイント5選

沖縄は世界屈指のダイビングスポットであり、国内海外問わず毎年多くのダイバーが沖縄に訪れます。沖縄の体験ダイビングをきっかけに人生が変わってしまう人もたくさんいるほどです。魅力満載のダイビングスポットは数え切れないほどありますが、その中でも選りすぐりのポイントを5つご紹介します。

【沖縄本島 青の洞窟】であなたも人魚に

あまりにも有名で、沖縄でダイビングといえばここを外してはいけません。 景観が美しく穏やかな環境下のため、体験ダイビングやシュノーケリングなど レベルを間わずだれでも楽しむことができます。
人魚の形のスーツをド半身に身につけ、 人魚になった気分を味わえるマーメイドスイムというイベントも大人気です。 もちろん海中で泳いだり記念撮影もできます。 小魚の群れや神秘的な青色の世界を堪能することができます。

ダイバーの聖地【石垣島】

ある程度ダイビングを経験した人ならば、石垣島を知らない人は少ないでしょう。そんな石垣島はダイビングショップ激戦区であり、外国人や日本人向けのショップが多く点在しているほどです。世界中のダイバーに愛される理由はなんといってもその水の透明度の高さと出会える生物の多様性にあります。

カラフルで様々な種類の魚やウミガメ、大きなマンタは遭遇率が高く間近で見られることが多いです。 そのほか、黒潮に乗って大型回遊魚などもやってくるので石垣島の海はまるで水族館の水槽の中そのものです。穏やかな内湾や浅瀬も多いので、初心者から楽しむことができます。

【慶良間諸島】でケラマブルーに魅了される

小さな島々で構成されており、風や波の影響を受けにくいため台風が直撃しない限りいつでもダイビングを楽しむことができます。水の透明度の高さはもちろんのこと、あまりにも美しいその海の色は、ケラマブルーと呼ばれ世界中のダイバーの憧れの的です。

魚の種類や数の多さは沖縄の海でもトップクラスを誇ります。広大なサンゴ礁に大きな崖など、地形を楽しむこともできます。ケラマ諸島の周りには見所満載のダイビングポイントが100以上も存在しているため初級者から上級者まで何度訪れても飽きることはありません。

広大な【西表島】のサンゴ礁でゆったりと

西表島といえば、天然記念物の動物や自然豊かな島の上での観光など、どちらかといえばダイビングのイメージが少ないのではないでしょうか?しかし西表島の海も、他の沖縄のポイントに負けないくらいすばらしいのです。季節によって見られる生物が多様に変化し、イソマグロや大きなマンタなど、大物に出会える確立が非常に高いです。

おもしろい地形をしたポイントも存在し、迷路のような水路やサンゴ礁の広さに圧倒されます。水深3メートル地点で広がるサンゴ礁は、浅場なので長時間潜って楽しむことができます。海の状態が安定しているならば、ボートでできるだけ沖合いに行きましょう。バラクーダなどの回遊魚たちの群れに会えるかもしれません。

【宮古島】で美しく神秘的な冒険を

宮古島のダイビングはほぼボートによるダイビングが多いです。できるだけ、ボートからエントリーできるようになってから訪れましょう。また酔い止めもお忘れなく。独創的な地形ポイントが多いのも宮古島の魅力の一つです。海と陸上の池が繋がった不思議な場所があり、海底からそのまま池に出てきたり海底洞窟探検や上から光が差し込んで神秘的な雰囲気を出す洞穴もあります。

水深数十メートルのところにある大きなリーフエッジや、サンゴ礁によって創られた 独創的な地形が見られ、岩の間や横穴をライトで照らすと色とりどりのエビ達がいます。

そして、たまには上を見上げてみてください。太陽の光が海の水面に当たってとても美しく輝いており、海の青色と岩の陰がいい色合いを見せてくれます。 宮古島はこれだけの不思議な地形を一度に堪能できる数少ない場所なのです。

迷ったときはココ!沖縄ダイビングショップ3選

途中でも説明した通り、沖縄にはダイビングショップがたくさん軒を連ねており、どのお店を選ぶべきか非常に迷います。しかもほとんどのショップのスタッフは皆優しく丁寧で、楽しい思い出作りに大きく貢献してくれたと高評価のお店ばかりです。その中でも利用者実績が多く、迷ったときにオススメのショップを3店ご紹介します。

那覇空港から20分【BLUE ZONE】


出典:BLUE ZONE

那覇空港からすぐ近くにあり、沖縄本島から慶良間諸島など場所が幅広く、ボートダイビングやナイトダイビングなど遊び方も豊富にあります。ライセンス取得コースを受けることができ、3泊4日間でゆっくり自分のペースでダイバーデビューすることができます。

BLUE ZONE公式サイト

【ワールドダイビング】でスリル満点のダイビングを


出典:沖縄ダイビングライセンスWorld Diving

割引キャンペーンを頻繁に行なっているため、沖縄へダイビングに行く際はチェックしてみましょう。沈船を見に行くファンダイブにジンベエザメに会いに行くツアーや水深40メートルまで潜りに行くツアーなど、スリル満点のツアーが盛りだくさんです。

World Diving公式サイト

【イーズ】でジンベエザメと遊ぼう


出典:easeイーズ DivingService

ライセンス取得コースはもちろん、取り立ての人も安心なビギナーズコースがあります。沖縄本島の西海岸ツアーもオススメです。マングローブをカヤックで移動するツアーも同時に行われているので、ついでにもう一つアクティブなことをしたい方はいかがでしょうか?ジンベエザメと泳げるジンベエザメダイビングもあります。

ease公式サイト

多くの人の人生を変える沖縄のダイビング

海外でダイビングを楽しむ日本人ダイバーはよく外国人ダイバーからこんなことを言われるそうです。「なぜ日本には世界一の海があるのにわざわざ海外まで潜りに来るのか?」と。

日本人だけでなく外国人ダイバーすら魅了してしまう沖縄の海。同じ国内にあるのですから遊びに行かなければもったいないです。沖縄で体験ダイビングをしたことがきっかけでダイビングにハマり、インストラクターにまでなってしまう人がたくさん居るほどです。沖縄独自の自然と魅力を持った海に遊びにいきましょう。

関東・東海地方のダイビングスポットなら





関西・九州地方のダイビングスポットなら






おでかけカテゴリの最新記事