2019年関東で梅まつりを楽しもう!おすすめスポット12選

2019年関東で梅まつりを楽しもう!おすすめスポット12選

【茨城】花火や眺望が楽しめる梅まつり2選

茨城県には歴史ある梅まつりや、眺望が素晴らしい山の上で鑑賞できるスポットがあります。花火や郷土料理が楽しめるイベントも!ぜひご家族でお出かけくださいね。

1.水戸で有名な梅まつり「偕楽園・弘道館」

水戸の梅まつりといえば120年以上の歴史のある有名な祭りです。偕楽園は日本三名園のひとつに数えられており、園内には約100種3000本もの梅が咲き誇り、春の訪れを楽しむことができます。

梅まつりの期間中は着物を着て園内を散策することができ、花火もあがる予定となっています。

水戸の梅まつりの基本情報

会場:偕楽園・弘道館

住所:水戸市常磐町1-3-3

アクセス:水戸駅よりバスで20分

問い合わせ:029-224-0441

入園料:大人200円

詳細は観光いばらき公式サイトへ

2.筑波山からの眺めが最高「筑波山梅まつり」

筑波山梅林は、標高250メートルの場所にあり、つくばの街並みや富士山やスカイツリーなどを見渡すことができます。

景色とともに楽しめるのが白梅、紅梅など約1000本の梅です。梅まつり期間中は、梅にちなんだ郷土料理を楽しむことができ、イベントも様々行わる予定です。

筑波山梅まつり基本情報

会場:筑波山梅林

住所:茨城県つくば市沼田

アクセス:秋葉原駅よりつくばエクスプレスでつくば駅下車→筑波山シャトルバスで筑波山神社下車

開催期間:2019年2月16日~3月21日

入園料:無料

筑波山梅まつり公式サイト

【群馬・栃木】咲き誇る白い梅が堪能できる梅まつり2選

続いて、群馬県と栃木県には、約35000本の梅を楽しめたり、白い梅の花が一面に咲くスポットがあります。群馬県や栃木県で梅まつりに行くときの参考にしてください。

1.約35000本の梅が楽しめる「秋間梅林」

群馬県の秋間梅林では、約50ヘクタールの広大な土地に約35000本の梅が咲き誇っています。郷土料理や土産物のお店も出店されたり、餅つき大会やいも煮会・陶芸大会なども行われます。

秋間梅林の梅まつり基本情報

会場:秋間梅林

住所:群馬県安中市西上秋間

アクセス:安中駅よりバスで20分

開催期間:2019年2月16日~3月下旬

入場料:無料 

詳細はあんなか観光ガイドへ

2.白い梅が咲き誇る「国営塩那台地の梅の里」

栃木にある国営塩那台地の梅の里は、梅林に入ると爽やかな梅の香りを楽しむことができます。

白い梅の花を中心に梅の花が一面に咲き、春の訪れ感じられます。梅干しや梅酒の販売、様々なイベントも行われますよ。

塩那台地の梅の里・梅まつり基本情報

会場:国営塩那台地の梅の里

住所:栃木県那須烏山市中山

アクセス:烏山駅よりタクシーで約10分

問い合わせ:0287-96‐6170

開催期間:2019年3月中旬から3月下旬

入園料:無料

関東の梅まつりおすすめスポットへ出かけよう!

今回、関東でおすすめな梅まつりのスポットを紹介してきましたがいかがでしたか?関東には白梅・紅梅など美しい梅を楽しめるスポットがたくさん!梅のお菓子や郷土料理を頂けたり、餅つきや演奏会など楽しいイベントも行われます。是非ご家族やお友達と関東の梅まつりに足を運んでみてくださいね。

1 2 3

国内旅行カテゴリの最新記事