切り花を長持ちさせるちょっとしたコツ|意外に知らないポイントとは

     
切り花を長持ちさせるちょっとしたコツ|意外に知らないポイントとは
全身医療脱毛レジーナクリニック

花屋さんで買ったかわいいお花や、いただいた素敵なアレンジメント。お部屋に花を飾ると気分が明るくなって、お部屋も華やかになりますよね。

そんな素敵なお花も、いつも数日でしおれてしまってもったいない…と思っていませんか?実はちょっとした工夫で長く楽しむことができるのです。

意外に知らないことも多い、切り花を長持ちさせるコツをご紹介します。

「水」をきれいに保って切り花を長持ちさせる7つのポイント

切り花が弱ってしまう原因のほとんどは、「水不足」です。

葉や花から水分が蒸発してしまうことで切り花は弱ってしまうため、「水分」を失わせず、水の吸い上げをよくすることが長持ちさせるポイントとなります。

また花が吸い上げる水分である花瓶の水に細菌が発生してしまうと、細菌が花の切り口に繁殖し水の吸い上げを悪くしてしまいます。

切り花を長持ちさせるには、細菌を繁殖させないことが大切です。

1.水につかる葉や小さい蕾を取り除く

水につかる部分の葉は、すべてきれいに取り除きます。水に葉がつかると腐りやすく、水にも細菌が発生する原因となります。

また水につからない部分の葉も、多すぎると葉から出ていってしまう水分が増え、早くしおれてしまいます。

すべて取ってしまうと光合成ができなくなるため、バランスをみながら適度な枚数を残しましょう。

蕾ももったいない気がしますが、小さすぎる蕾は取り除きましょう。

残しておくと栄養を取られてしまい結果どの蕾も栄養不足で咲かなくなってしまったり、蕾に栄養を取られることで開いている花の持ちが悪くなってしまったりします。

2.花瓶もスポンジでこまめに洗う

つい見落としがちですが、花瓶も水とスポンジできれいに洗ってから花を生けましょう。

花瓶に殺菌がついていることで、水が腐りやすくなることもあります。

水を換える時にも、すすぐだけでなくしっかりと洗い、ぬめりなども取り除きましょう。

3.「水換え」と「切り戻し」をこまめに

夏はできるだけ毎日、春と秋は3~5日に1回、冬は5~7日に1回、水を換えるようにしましょう。

水換えのときは、水につかっていた部分の茎もよく洗い、ぬめりを落とします。この時さらに茎を5mm~1cmほど切って「切り戻し」をしましょう。

茎に変色があり傷んでしまっている場合も、変色している部分をカットします。切り戻すことで水の吸いあげがよくなり、花が長持ちします。

4.延命剤を活用する


出典:Aoyama Flower Market TOKYO

お花屋さんやホームセンターで購入できる延命剤を活用し、花を長持ちさせる方法もあります。

延命剤には、花の美しさを維持したり蕾を咲かせたりするために必要な栄養分と、細菌などを抑える抗菌成分が入っています。

水で薄めて使用するものは、説明書きに書かれている濃度をきちんと守ることが大切です。

花が持ちにくい夏場などは、2~3日おきに水をかえながら延命剤を使用すれば、長く切り花を楽しむことができます。

5.花瓶の水は3~5cm

花瓶の水はたっぷり入れた方がいいと思いがちですが、じつはそうではありません。

花瓶に水をたっぷり入れると茎の部分が多く水につかり、傷みやすくなります。

花瓶の水は浅めに3~5cm程度にして、こまめに水を換えるようにしましょう。

6.冷暖房の風を直接当てない

私たちが冷房や暖房、扇風機の風に直接当たり続けると体調が悪くなってしまうように、切り花も冷暖房の直接の風には弱いのです。

切り花はもちろん観葉植物なども、冷暖房や扇風機の風が直接当たらない場所に置いてあげましょう。

こちらの記事も読まれています

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事