紙刺繍の簡単なやり方とコツ♪おすすめ本&キットやデザイン6選

紙刺繍の簡単なやり方とコツ♪おすすめ本&キットやデザイン6選

刺繍と言えば布にするものという印象がありますが、紙に刺繍をして楽しむ“紙刺繍”が密かに注目されているのをご存知ですか?

紙に刺繍をするなんて難しそうに感じるかもしれませんが、実はとっても簡単なんです!今回はこの紙刺繍について、簡単なやり方や贈り物にもおすすめのデザインなどをご紹介します。

50年ほど前からヨーロッパで流行した紙刺繍

紙刺繍とは、名前の通り紙に刺繍をして楽しむ手芸のひとつです。聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、ヨーロッパなどでは50年ほど前からポストカードに刺繍をして送るのが流行するなど、海外では昔から親しまれていました。

日本でも布とは違った味わいが出るとハンドメイド好きのなかで人気が急上昇しています。

シンプルな材料ですぐ始められる

紙刺繍の人気のポイントとしては、少ない材料ですぐに始めることができる点も挙げられます。

【紙刺繍に必要なもの】

  • 糸(刺繍糸や毛糸など)
  • 針(糸の太さに合わせたものを準備)
  • 紙(画用紙やカードなど)

最低必要なものはこれだけ!一般的な手芸道具を持っている方であればその日のうちにでも始めることができますね。

アレンジの幅が広く繊細な仕上がり

一見難しそうに見える紙刺繍ですが、基本的な材料がそろっていれば簡単に作ることができるだけでなく、アレンジもしやすいのが人気のポイントです。

使う糸を変えたり、ビーズやスパンコールなどを飾ったり、写真に刺繍したりとアイデア次第でいろいろなアレンジが楽しめます。さらに簡単なのに繊細な仕上がりで見栄えも良いのも素敵ですね。

紙刺繍の基本ステップをチェック

出典:craftstylish

ここからは紙刺繍の基本的な進め方をご紹介します。特に難しい技術も不要で、参考にしたいデザインがあれば絵心も関係なし!手芸初心者でも気軽に始めることができますよ。

STEP1 刺繍したいデザインに合わせて紙に穴を空ける

出典:craftstylish

まずは刺繍したいデザイン画がある場合には印刷をして、刺繍したい紙の上でマスキングテープなどを使って仮留めし、針でデザイン画の上から等間隔で穴を空けていきます。

画用紙などに直接絵を書き込んだり、転写シートで書き写してもOKですが、上から刺繍を施した時に書き込んだ線が目立ってしまう場合があります。

STEP2 裏から糸を刺す

出典:craftstylish

穴を空けて仮留めを外すと、写真のように点線でデザインが浮かび上がるような仕上がりになります。刺繍糸などを針に通して、紙のうらがわから空けた穴に糸を刺していきます。

この時一番端の穴のすぐ隣りの穴からスタートするので、刺し始めの場所を間違えないようにしましょう。

布に刺繍するように糸の端を玉結びするだけでも大丈夫ですが、写真のようにテープで留めておくと抜けにくく、邪魔にならないのでおすすめです。

STEP3 空けた穴に沿って糸を通していく

出典:craftstylish

始めに糸を通したら、一番端の穴に戻るように針を通していきます。次に始めに糸を通した穴の反対側にある穴に針を刺し糸を出し、また戻るように隣の穴に針を通していくというバックステッチで線を描いていきましょう。

密度を出すなら左右斜めに糸を通す

出典:behance

バックステッチで点を線のように刺繍していくとデザイン画の輪郭が出来上がっていきますが、色を塗りつぶすように刺繍したい場合には、穴と穴を左右斜めに結んでいくように糸を通していきます。

すると上の写真のように密度のある刺繍ができますよ。

STEP4 裏側を隠して完成

出典:craftstylish

同様にして穴に針を通して刺繍を進めていきますが、描くものによって糸の色を変えたりしていきましょう。

写真は刺繍が終わった後の裏側です。裏側は糸がごちゃごちゃとしているので、もう一枚紙を上から貼って隠すと見た目も良く、糸も抜けにくいのでおすすめです。

紙刺繍スタートにおすすめのデザイン本&キット

気軽に始められる紙刺繍ですが、どんなデザインにしようかと悩んでしまう場合も。そんな時には参考になるデザイン本やキットを購入してみるのもおすすめです。

作り方も基礎から学べる「紙刺繍のたのしび」

紙刺繍のたのしび

出典:amazon.co.jp

刺繍の専門書はたくさんありますが、こちらは紙刺繍に特化した専門書です。紙刺繍の基本的なやり方から、紙刺繍で作る様々な雑貨なども紹介されています。

参考になるデザイン画もバックステッチで簡単に刺繍できるものが多いので、手芸初心者の方でも始めやすいのが嬉しいですね。

スヌーピーを色々な雑貨に「作って贈る SNOOPYの紙刺繍」

作って贈る SNOOPYの紙刺繍

出典:amazon.co.jp

人気キャラクターのスヌーピーの図案が沢山収録されています。ノートの表紙やポストカード、フォトコラージュなど様々なシーンで使いやすいデザインが豊富で、切り取ってそのまま使える実物大の図案がついているのもポイントです。

手作りでお家に飾れる「クリスマスオーナメントキット」

出典:アンナとラパン

クリスマスシーズンに飾りたくなるオーナメントの紙刺繍キットです。台紙や刺繍糸、作り方もセットになっているので気軽に始めることができます。

すでにデザインが印刷されているので、そのままでもおしゃれですが、自由に色を塗ったりスパンコールを飾ったりすれば世界で一つのオリジナルが完成しますよ。

購入はこちら/アンナとラパン

紙刺繍で1年楽しむ「紙刺繍カレンダーキット」

出典:アンナとラパン

縦21cm×横10cmの小さめカレンダーに刺繍を施していくキット商品です。自分で刺繍したカレンダーを毎日見るのが楽しくなること間違いなし!刺繍を施してプレゼントするのもおすすめです。

購入はこちら/アンナとラパン

アレンジの幅が広がる素敵な紙刺繍アイデア6選

最後に、紙刺繍を楽しんでいる皆さんの参考にしたい素敵なデザインをご紹介します。使う糸や用紙などの組み合わせでアレンジの幅は無限大です。

おしゃれなインテリアに飾ったり、メッセージカードなど贈り物にもおすすめ。是非参考にしてオリジナルのアレンジを楽しんでみてくださいね。

1.ビーズをちりばめたクリスマスリース

ギザギザの幾何学模様のように刺繍したクリスマスリースです。全て直線なので、縫い進めるのも簡単♪途中にビーズを通しながら縫っていくと立体的にもなり、キラッと光りを集めます。

クリスマスカードとしてお友達に送るのもおすすめですよ。

2.スタンプと紙刺繍のカラフル年賀状

はがきに消しゴムハンコで猪などをスタンプし、さらに紙刺繍を施した年賀状です。スタンプでは単色になりますが、刺繍を施せばカラフルで一段とおしゃれに♪

カードが6g以上になるとはがき料金では送れないので、封筒などに入れて郵送してくださいね。

3.もこもこ毛糸の刺繍ノート

シンプルなノートの表紙に刺繍を施せばオリジナルのノートに変身☆刺繍糸ではなくモコモコとした毛糸を使っています。触り心地も良く、ゆめかわいいデザインになりますよ。

4.気持ちが伝わる手作りメッセージカード

緑の色鉛筆と紺色の刺繍糸で作った全て手作りのメッセージカードです。作り方も簡単なので、思い描いたデザインをそのまま作りやすいのが紙刺繍の特徴。

丁寧で繊細な作りだから、感謝の気持ちもきっと伝わりますよ♪

5.直線縫いで簡単な文字刺繍

出典:Mamie Boude

紙刺繍はデザインだけでなく、文字の刺繍も簡単です。写真のように直線で結んでいくだけでおしゃれな文字刺繍も手軽に作れますよ。

バースデーカードなどのメッセージの他、額縁に飾ってお部屋に飾ったりするのも素敵ですね。

6.カラフルで目を引くフォトコラージュ

出典:A Beautiful Mess

モノクロの写真に刺繍を施したフォトコラージュです。カラーだけでなく、ぷっくりとした立体感もプラスされておしゃれなアートに仕上がります。

素敵な写真を見つけて使ったり、思い出の写真に刺繍してより素敵に飾ってみるのもおすすめですよ。

飾っても送っても素敵な紙刺繍♪

今回は紙刺繍の始め方や素敵なデザイン例をご紹介しました。お家にある材料でも始められる紙刺繍は、繊細な仕上がりで贈り物にも喜ばれます。

ご紹介したデザインを参考にしたり、自由な発想で自分だけのオリジナル作品を是非作ってみてくださいね♪

DIYカテゴリの最新記事