嫌なニオイがしない部屋干しのコツ♪おすすめ洗濯便利グッズも

嫌なニオイがしない部屋干しのコツ♪おすすめ洗濯便利グッズも

雨の日は洗濯ができず、悪天候が続くと洗濯物が溜まってしまって困った経験はありませんか?そんな時におすすめなのが“部屋干し”です。

どんな天気でも洗濯ができ、外出して取り込み忘れる心配もない“部屋干し”は便利ですが、乾きにくかったり、独特な生乾きの臭いが気になったりと悩みもつきものですね。

そこで今回は生乾きや臭いを抑えてスッキリ快適に部屋干しをするコツをご紹介します。

気になる部屋干しの臭い

部屋干しをした洗濯物で一番の悩みと言えば「生乾き臭」ではないでしょうか。

せっかく洗濯をしたのに、部屋中が嫌な臭いで充満したり、洗濯する前以上に洋服が臭くなってしまって柔軟剤などの香りも台無しになったりと悩みが尽きません。

原因は雑菌の増殖

生乾き臭の原因は“雑菌”です。落ち切らなかった汚れや汗など雑菌のもとになるものが洗濯物の中にも含まれています。

雑菌は湿気を好むため、しっかりと乾かないまま時間が経過した洗濯物の中で雑菌が繁殖して特有の臭いを発生させてしまうのです。

日光による殺菌が行えない

雑菌が増殖してしまう理由として、部屋干しでは日光による殺菌が行えないことも挙げられます。

太陽光に含まれている紫外線には殺菌効果もあると言われています。この紫外線は窓ガラスなどで遮られてしまうため、部屋干しでは効果を得られることができません。

部屋干しはメリットいっぱい

乾きにくいことや、臭いが気になる部屋干しですがおすすめしたい理由もたくさんあります。外干しでは得られないメリットをご紹介します。

天気に左右されない

雨の日や、風が強い日など外干しができない日もありますよね。また、急な天候の変化で帰宅したら雨で洗濯物が濡れてしまったなんでことも。

そんな天気による心配がないのが部屋干しのポイントです。

梅雨時期や雪が続く冬などは、部屋干しを避けて洗濯物を貯めてしまうという方も多いのではないでしょうか。

臭いの原因になる雑菌は洗濯カゴの中でも繁殖し続けます。洗濯物を貯め過ぎて雑菌を増やす心配も部屋干しができれば解消されますよね。

花粉やホコリがつきにくい

花粉症などアレルギーがある方には、花粉が飛散する時期に外干しをすることに抵抗があるという方も多いですよね。

濡れた衣類はホコリや花粉など目に見えないものが付着しやすく、洗濯した直後に汚れてしまう心配があります。

風が強い日には細かい土埃もよく飛んでいます。そんな花粉や汚れがつく心配も室内干しでは解消できると言えます。

色褪せや変色の不安が少ない

外干しのメリットとして挙げた太陽光による消毒ですが、紫外線は衣類の色褪せの原因にもなります。さらに車の排気ガスなどによって変色することも。

お気に入りの衣類は特に部屋干しをすることがおすすめです。

洗濯時には汚れをしっかり落とす

生乾きの嫌な臭いを防ぐために心掛けたいのが、臭いの原因になる汚れを洗濯時にしっかり落とすこと。部屋干しをするコツとしてまずは洗濯時のポイントをご紹介します。

しっかり除菌できる部屋干し用洗剤を使用

まずは、臭いの原因となる雑菌をしっかり除菌することです。最近では部屋干し専用の洗剤も多く販売されており、こういった商品は除菌作用が強いのが特徴です。

中でも「酸素系漂白剤」が除菌力も強くおすすめ。特に臭いが気になるときには浸け置きした後に洗濯をするとより臭い対策になりますよ。

塩素系漂白剤はより漂白力が強いのですが、衣服を傷めてしまったり、色柄のついた衣類で使うと色落ちする恐れがあるので使用する際には気を付けてくださいね。

洗剤の規定量を守って

しっかり洗浄したいと洗濯洗剤を多めに入れてしまったり、より香りを付けようと柔軟剤を規定量よりも多く使用するのはNGです。

洗剤などの量が多すぎてしまうと水に溶け切らなかった洗剤が衣類の残って、かえって雑菌を繁殖させてしまう原因になります。洗濯物の量に合わせて既定量をしっかり守り使用しましょう。

残り湯は洗いにのみ使用する

お風呂の残り湯を洗濯に使用する家庭も多くいらっしゃいます。

エコでもあり、お湯を使うことで洗剤が溶けやすく洗浄力もアップするというメリットがありますが、雑菌の増殖を防ぐという点において考えると、すすぎに残り湯を使うのはおすすめではありません。

残り湯は洗濯時のみ使用し、すすぎ洗いにはきれいな水を使用しましょう。

詰め込み過ぎはNG

洗濯物を貯め込んでしまったり、家族が多い家庭では洗濯する量が増えてしまうことも。一度に洗って一気に干したいところですが、洗濯機の容量を超えて詰め込み過ぎてしまうのは×。

量が多すぎると洗濯槽の中でしっかり衣類が動かず、汚れが落としきれずに残ってしまう原因になります。洗濯物が多い時には数回に分けて洗濯するようにしましょう。

早く乾かすように干し方を工夫

しっかり洗濯をしたら、干し方にも工夫しましょう。5kgの洗濯物を洗って干すと、約3Lもの水分が水蒸気となって放出されます。

室内に湿気がこもるとせっかくきれいに洗っても乾きにくくなって、生乾きや臭いの原因になってしまいます。

洗濯後は素早く干そう

洗濯をして、脱水が終わったら素早く干すことが一つ目のポイントです。

洗濯機の中に放置すると濡れたままの洗濯物に雑菌が増殖するだけでなく、湿気が洗濯槽にもこもり、洗濯槽の雑菌やカビの増殖にもつながります。

風通しの良い場所を選ぶ

より早く衣類を乾かす秘訣はできる限り洗濯物の表面が外気に触れるように干すことです。室内でも風通しが良い場所を選んで干しましょう。

窓を2カ所以上空けて空気の流れを作るように工夫したり、窓を開けられない場合には換気扇を回すようにします。

換気扇や衣類乾燥機能が付いたお風呂場の場合にはお風呂場に干すのもおすすめです。

風を当てると早く乾く

濡れた洗濯物をより早く乾かすポイントは「風」を当てることです。

部屋干しの際には風が発生しないため、洗濯物に扇風機やエアコン、サーキュレーター、除湿器などを使って風を当てることで乾くスピードをアップさせることができます。

洗濯物別に干し方を工夫して

外干しに比べて乾きにくい部屋干しでは、干す場所だけでなく、干し方も工夫が必要です。洗濯ものどうしを密着させず、風にあたる面を増やすことが大切。

画像のようにアーチ状になるように長いものを外側に、短いものを内側に干すとピンチハンガーの内側に空気の流れができます。

他にもGパンやズボンなどはポケットの内側が乾きにくいため裏返して干したり、パーカーはフードの部分を物干しの先端に掛けて干すなど乾きにくい場所を風に当てられるように干す工夫が必要です。

部屋干しに便利なグッズ4選

天気だけでなく、勤務形態が多様化して夜しかお洗濯ができない人なども増え、部屋干しをする方は増えています。そのため、部屋干しに便利なグッズも続々と登場しています。

洗濯の仕方や干し方を工夫するだけでなく、便利なアイテムを使うことでより部屋干しを効率よく快適にすることができますよ。

1.ダブル除菌成分配合“部屋干しトップ”

部屋干しトップ 洗濯洗剤 粉末 除菌EX 0.9kg

出典:amazon.co.jp

いつもの選択で汚れや菌をしっかり落として部屋干しの気になる臭いを防ぐことに特化した洗剤です。ダブル除菌成分配合で衣類を衛生的に洗い上げ、「戻り生乾き臭」も防ぎます。

粉末洗剤ですが、水にも溶けやすく粉末残りの心配もないのもポイントです。

2.一緒に洗濯するだけで洗濯力UP“洗濯マグちゃん”

洗濯用品 洗濯マグちゃん 部屋干し 臭い ブルー

出典:amazon.co.jp

マグネシウムから水素が発生し、消臭・洗浄・除菌の効果をアップさせるアイテムです。使い方は洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗うだけと簡単♪

マグネシウムは無害で人にも環境にも優しく、約1年間繰り返し使えて経済的です。

3.賃貸でも取り付け安心“エアコンハンガー”

出典:amazon.co.jp

部屋干ししたくても洗濯物を掛ける場所がないという方におすすめのアイテムです。エアコンに引っ掛けるだけの簡単取り付けで、ネジや工具も不要なので賃貸などでも安心して使えます。

エアコンの風を利用してスピード乾燥をさせることもできて便利。

4.季節に合わせて使える“サーキュレーター”

アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 首振り ~8畳 ホワイト PCF-HD15-W

 

出典:amazon.co.jp

洗濯物の乾燥スピードをアップさせることができるサーキュレーターです。こちらは自動の首振り機能もあるので、洗濯ものにまんべんなく風を当てることができます。

部屋干しの他にも夏は冷房、冬は暖房の効率を上げるためにも使用できるので、1年を通して活躍しますよ。

部屋干しでもコツをつかんでスッキリカラッと♪

今回は部屋干しを成功させるコツをご紹介しました。干したての洋服の香りはスッキリと気持ちがいいものですよね。

生乾きで嫌な臭いがついた服を着て出かけるのは気分も下がるし、他の衣類に匂いが移ることも。是非、メリットも多い部屋干しのコツをつかんで、スッキリと気持ちよく乾かして快適にしましょう。

生活術カテゴリの最新記事