スープジャーお弁当レシピ14選|スープも麺もおすすめのホットな料理

     
スープジャーお弁当レシピ14選|スープも麺もおすすめのホットな料理

汁気のあるスープやあんかけなどを保温した状態で持ち運ぶことができるスープジャー。

冬のお弁当やアウトドアにも重宝できる便利なアイテムとして人気が広がっています。

そこで今回は、寒い季節に体がホカホカと温まるオシャレでおいしいスープジャーレシピをご紹介します。

スープにご飯を入れるだけでできるおかゆ・リゾットレシピや、春雨や野菜スープでいただくダイエットスープジャーレシピまで。

忙しい朝にも簡単にできるおすすめレシピをまとめました♡

スープジャーでホカホカ!お弁当レシピ10選

出典:amazon.co.jp

保温・保冷機能が優れたスープジャーは、冬の寒い時期に料理をアツアツに保温して運ぶことができる便利な商品です。

なかでもパイオニアとも言われているサーモスのスープジャーは高い保温力のため、具材を入れて保温しながら熱を通す保温調理もできるとあって人気です。

スープジャーの保温力をより高めるコツは、使用する前に熱湯を注いて1分ほど置き余熱をしておくことです。

これにより内部に熱が蓄えられるので冷めにくくなります。

また作ったスープ類は、アツアツの状態のうちにスープジャーに入れましょう。

ここからは、スープジャーで作る温かい汁物レシピをご紹介します。

手作りコーンスープをお弁当のおともに!

出典:ナディアロゴ

冬のお弁当タイムが楽しみになるアツアツのコーンスープです。

コーンクリーム缶で作るのでとっても簡単!野菜もたっぷりで栄養もバッチリです。パンは別に用意して、食べる直前にのせていただきましょう。

コーンクリーム缶で。パングラタンスープ【スープジャー】 by 河埜 玲子 |レシピサイト「Nadia|ナディア」

ゴロゴロじゃがいも入りチャウダー

出典:ナディアロゴ

新じゃがいもを角切りにして、コーン、ツナと一緒に煮たチャウダースープです。

ゴロゴロとした食感の新じゃがいもとコーンがたっぷりなので、食べ応えを感じることができます。

スープジャーの中で保温調理するので、鍋に材料を入れてサッと煮るだけととっても手軽!

食べるころにはじゃがいもも柔らかくホクホクに仕上がっています。

新じゃがいもとツナのコーンチャウダー【#スープジャー】 by Yuu|レシピサイト「Nadia|ナディア」

具沢山なスパイシーカレースープ

出典:ナディアロゴ

いろんな具沢が入ったカレー風味のスープは、冬のお弁当を豪華にしてくれる1品です。

みじん切りしたタマネギとニンジンを軽く炒めて、むきエビとスープを入れ2~3分煮込んだら出来上がりです。

あとはスープジャーに入れて保温すれば、タマネギもニンジンも食べごろになっています。

野菜とえびの出汁がよく染み出て、スパイシーなカレー味とよくあいます。

【スープジャー】旨味溶け込む。えびと野菜のスープカレー by 河埜 玲子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

刻み昆布が決め手!野菜たっぷり和風スープ

出典:ナディアロゴ

たっぷりの具材で野菜も沢山食べられる和風スープです。

刻み昆布を加えることで、出汁をとらなくてもうま味がしっかり染み出て、食べるころには柔らかくなっているので、具材とともに一緒に食べてしまえるのも嬉しいところ。

タマネギやニンジンのほか、白菜や白ネギなど冷蔵庫に残っている野菜をプラスしても良いですよ。

【スープジャー】出汁不要!昆布入り 豚肉と野菜の和風スープ by 河埜 玲子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

春雨入りの中華風野菜スープ

出典:ABC Cooking Studio

千切りにした野菜と春雨を耐熱容器に入れてレンジ加熱した中華スープです。すりおろししょうがを加えることで、体の芯から温まります。

残り野菜を使って具沢山に仕上げた中華スープをお弁当にもっていけるのは、スープジャーならでは!体にもお財布にも優しいですね。

詳細はレシピサイト/ABC Cooking Studioへ

ブロックベーコンでうま味抜群!豆乳スープ

出典:ナディアロゴ

キャベツの甘みと塩気のきいたベーコンがたっぷり入った豆乳スープです。

ブロックタイプのベーコンを使用すると、よりコクも深まり、うま味がじんわりスープに染み出るのでおすすめです。

具材を炒めてからコンソメベースのスープを加えて軽く煮込み、豆乳を入れて温めたら出来上がりです。

分離するので豆乳は沸騰させずに仕上げましょう。

【スープジャー】キャベツとベーコンの豆乳スープ by 河埜 玲子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

とろみが美味しいえのき卵スープ

出典:ナディアロゴ

ひと鍋でさっと煮れば簡単にできる鶏の挽き肉入りえのき卵スープ。えのきを入れることでとろみがつき、食べ応えが出ます。

中にご飯を入れて雑炊のようにしても美味しいです。

えのき入りかき玉スープ【#包丁不要 #スープジャー】 by Yuu|レシピサイト「Nadia|ナディア」

ビーフシチューで贅沢なお弁当!

出典:ナディアロゴ

牛コマ切れ肉を使ったビーフトマトシチューです。

薄切りにしたタマネギとエリンギ、牛コマ切れ肉をサッと炒めてトマトのうま味が凝縮されたトマトペーストを加えて2~3分煮込めば出来上がりです。

さっぱり軽めのシチューですが、コクとうま味は絶品!冬のお弁当が贅沢な時間になります。

【スープジャー】即席ビーフトマトシチュー by 河埜 玲子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

サクッと作ろう!アツアツおでん

出典:ナディアロゴ

めんつゆで味付けしただけの手軽な即席おでんです。

タマネギ、キャベツ、ニンジンはそれぞれ切って耐熱ボウルに入れ、レンジ加熱するだけ!

がんもどきは油抜きしておき、スープジャーに具材とめんつゆで味付けしただしを入れて保温しておけば出来上がりです。

野菜のうま味も染み出て、ダシまでのみほしたくなるほどのおいしさです。

【スープジャー】春野菜の即席おでん by 河埜 玲子|レシピサイト「Nadia|ナディア」

雑穀入りピリ辛チゲで体ポカポカ

出典:ナディアロゴ

体がポカポカと温まる豚キムチのチゲ風スープです。

キムチのピリッとマイルドな辛味がやみつきになるおいしさ。アウトドアにも最適で体がポカポカ温まります。

雑穀入りなので、これひとつでお腹も満たされます♪

【スープジャー】豚キムチ雑穀スープ by 柴田真希|レシピサイト「Nadia|ナディア」

スープジャー&主食で満腹お弁当レシピ4選

便利なスープジャーはスープのほかにも、麺やご飯など主食をセットにして用意することでつけ麺や丼など、これまでのお弁当では難しかったアツアツの組み合わせメニューを楽しむことだってできます!

寒い季節の外出先やオフィスでアツアツのメニューを食べることができたら、体も心も温まりますよね。

ここからはスープジャー&主食でお腹をしっかり満たしてくれるお弁当レシピをご紹介します。

アツアツ麻婆豆腐でつけ麺ランチ

出典:ABC Cooking Studio

アツアツの麻婆豆腐に中華麺をつけながら食べるスープジャーレシピです。

ショウガ、ニンニク、豆板醤をしっかり炒めて香りがでところに豚ひき肉を入れ、パラパラになるまで炒めてから絹ごし豆腐を加えてとろみをつけておきます。

中華麺は茹でた後に油をからめておくことで食べるときに麺がひっつかずに食べやすくなります。

麻婆豆腐はアツアツのうちにスープジャーに入れて保温しておきましょう。

詳細はレシピサイト/ABC Cooking Studioへ

レトルトのミートソースで手軽に

出典:ナディアロゴ

温めたレトルトのミートーソースをご飯にのせて、チーズをトッピングするだけの超簡単スープジャーレシピ!

レトルトは常備しておけるので、おかずが何もない時のお弁当にぴったりです。

レトルトのミートソースとご飯は熱々にしてからジャーに入れるのが美味しく食べるポイントです。

スープジャーでチーズとミートソースのミルフィーユ by たっきーママ|レシピサイト「Nadia|ナディア」

あったかダシで食べるそうめん弁当

出典:ナディアロゴ

伸びにくい素麺を使ったお弁当にぴったりなスープジャーレシピです。

めんつゆを利用するので、手軽ながら本格的なダシの香りと風味を味わうことができます。

鍋に入れて煮立てたダシに、具材を入れてサッと煮たらできあがり!

素麺は表示通り茹でて食べやすく取り分けて器に入れて用意しておき、食べる時に具材入りのダシにつけながら食べます。

スープジャーで?あったかスープのそうめん弁当? by 篠原あい/あいのおうちごはん|レシピサイト「Nadia|ナディア」

はるさめと具材たっぷりちゃんぽん風

出典:ナディアロゴ

はるさめ入りのちゃんぽん風スープはダイエット中のランチにおすすめのスープジャーレシピ。

はるさめはスープを注ぐと柔らかくなるので、下茹や水戻し不要です。

お腹がしっかり満たされてカロリー低めなので、具材を変えれば週替わりで楽しめます。

水戻し不要♪『ちゃんぽん風はるさめスープ』【#スープジャー】 by Yuu|レシピサイト「Nadia|ナディア」

スープジャーのお弁当レシピであったまろう!

アツアツのメニューをおいしく食べることができるスープジャーを使ったレシピはいかがでしたか。

手軽な調理で済むため、忙しい朝のお弁当作りにも大助かりですし、時間がなければ前日に用意しておき温めて直して詰め込むだけでももちろん大丈夫です。

スープやあんかけなどの汁気がある料理を、おうち以外でも楽しめる画期的なアイテムを利用して、冬のランチタイムを楽しみましょう。

レシピカテゴリの最新記事