つわり中のおすすめレシピ10選|つわりを楽にする食べ方3つのポイントも

つわり中のおすすめレシピ10選|つわりを楽にする食べ方3つのポイントも

妊娠初期におこるつらい症状の「つわり」。個人差が大きいつわりですが、症状の重い方は早くつわりの時期が過ぎてくれないかな‥と毎日思いますよね。

つらいつわりを乗り越えるために、軽減させる食べ方や栄養素、食欲がない時でも食べやすいおすすめレシピをご紹介します。

つわりを楽にする3つのポイント・食べ方

妊娠初期に食べられないとお腹の赤ちゃんへの栄養が心配になってしまいますが、初期の赤ちゃんはママ自身に蓄えられている栄養で大きくなれるので、無理にたくさん食べる必要はないと言われてます。

ですが、ママ自身の体のため、赤ちゃんの発育のためにも食べられる時はしっかり食べたいですよね。

どうしてもつらい時に、つわりを軽減するためのポイント押さえておきましょう。自分のつわりの系統と照らし合わせて参考にしてくださいね。

1.食べられる時に少量ずつ食べる

つわりにはいくつか種類がありますが、食べたものを吐いてしまう・常に吐き気を感じてしまう吐きづわり、空腹時に吐き気を感じてしまい、何か口に入れてないと吐き気のおさまらない食べづわりなどがあります。

吐きづわりや食べづわりの時は、一度にたくさん食べようとせず一回の食事を数回に分けて食べるのがおすすめです。

すぐ手の届くところに小さなおにぎりやゼリーを置いておいていつでも食べられるようにしておくと便利。

2.水分を摂って胃液を吐かないようにする

どうしても吐いてしまいそうな時は出来るだけ胃液を吐かないように水を飲んで胃液がそのまま出ないようにしましょう。

胃液を吐いてしまうと、食道が荒れて食事がさらに摂りにくくなってしまう上に疲労も蓄積してしまうので、少しでも胃液が薄まるように工夫してみてください。

また、吐き気を過度に我慢してしまうのも良くないので、どうしても吐いてしまいそうな時は水分をしっかり摂ってから出してスッキリしてしまいましょう。

3.キャンディやガムで吐き気を抑える

空腹時に吐き気が強くなる吐きづわりの方や口の中のよだれに違和感を感じてしまうよだれづわりの方は、ガムやキャンディで口の中の味を変えておくことで吐き気を抑えてくれます。

すっきりとしたフルーツ味のキャンディや酸味のある梅やレモン味など、つわり中の女性でも食べやすい好みの味のものをひとつ見つけておくと、安心です。

ガムやキャンディを選ぶ際は人工甘味料などの添加物に注意して、出来るだけ天然素材のものを選ぶとより安心して食べられます。

つわり中に摂りたい栄養素とおすすめ食材

吐き気で食が細くなりがちで、食べられるものが限られている時期だからこそ、食べるものにはしかり栄養が含まれているものを選び、体力をつけたいですよね。

少しでもつわりを軽くするために、またママ自身の栄養のためにつわりの時期に積極的に摂っていきたい栄養素をご紹介します。

つわりを軽減する効果が期待できるビタミンB6

つわりは化学的に解明出来ていない部分も多く、つわりの原因にはさまざまな説があります。

ビタミンB6はそんなつわりの吐き気を軽減する効果があると言われています。

ビタミンB群では、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12 が赤血球の形成に必要です。また、つわりなどの予防にはビタミンB6が役立ちます

参考サイト:医療法人社団満岡内科・循環器クリニック

ビタミンB6を多く含む食材として

  • バナナ
  • ピーナッツなどのナッツ類

が挙げられます。

バナナもナッツ類も栄養豊富で少量でもエネルギーがしっかり摂れるので、あまり食べられない時期におすすめの食材です。

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事