2019年版スケジュール帳がおしゃれ!おすすめ手帳&アプリ12選

2019年版スケジュール帳がおしゃれ!おすすめ手帳&アプリ12選

もうすぐ新しい年が始まりますね。年が変わると新しく必要になるのがスケジュール帳です。可愛いデザインのものも多いので、毎年選ぶのが楽しみという方も多いのではないでしょうか。

毎日持ち歩くものなので、デザインや機能にはとことんこだわりたい!そんな方にのために、この記事では2019年に使えるおすすめのスケジュール帳をご紹介します。

Advertisement
目次

日記としても使えるおすすめデイリータイプ3選

スケジュール管理としてだけでなく、毎日あったことや気になったことを記す日記としても使いたい方には1日1ページのデイリータイプがおすすめです。

手帳とノートを1冊ににまとめたようなスケジュール帳は、荷物の数を減らしたい方にも。

1. 人生を編集するがコンセプト「EDiT手帳」

出典:amazon.co.jp

予定管理からライフログまで、ライフスタイルに合わせて様々な使い方ができるマークス社の「EDiT」は、1日1ページで使えて自分次第で使い方が無限に広がります。

朝活や深夜の予定管理もできる24時間軸に、文字はもちろん、表やイラストも書きやすいドット罫線(5mm)です。

目標作りに役立つ「年間・月間プランニングページ」が特徴

人生を編集するをコンセプトにしたこの手帳の特徴とも言えるのが、ライフプランや仕事でも目標づくりに役立つ「年間・月間プランニングページ」です。

自分の人生をどう生きたいのか、ワクワクする夢やときめく目標を描き、毎日のページの中でより細かい計画や振り返りをしていきましょう。

詳細はMARK’S 公式サイトへ

2.「ほぼ日手帳」は日々の暮らしに役立つスケジュール帳

出典:amazon.co.jp

元祖1日1ページ手帳ともいえる、ほぼ日刊イトイ新聞の「ほぼ日手帳」。

手帳の使いはじめに、自由に使えるウォーミングアップ用ページ(2ページ)があったり、各月のはじめに、その月のことをまとめて書ける扉ページ(1ページ)があるなど、ほぼ日らしい工夫が詰まった手帳です。

巻末には「方眼メモ」「Addresses」「Graph Paper」「世界の朝ごはん」「くらしのリンク集」など、日々の暮らしが楽しくなるヒントがいっぱい。

詳細はほぼ日刊イトイ新聞公式サイトへ

ほぼ日手帳を使いこなすための公式ガイドブックも!

出典:amazon.co.jp

使ってみたいけれど、どうやって活用すればいいのか分からない方は、世界で78万人が愛用する「ほぼ日手帳」のすべてがわかる公式ガイドブックがおすすめです。

人それぞれ違う自由でたのしい使い方約90種類や、最新の手帳カバー情報などが書かれています。

3. シンプルだから使いやすいSTALOGYの「365デイズノート」

出典:STALOGY

時刻を表す数字、日付と曜日、そしてグリッドという最低限の要素だけを載せたシンプルなノートなので、日記帳にもスケジュール帳やクロッキー帳にもなる優れもの。

シンプルで美しい佇まいから、日本最大の文具アワード「第23回日本文具大賞」にてデザイン部門優秀賞も受賞しています。

詳細はSTALOGY公式サイトへ

使い勝手で程良いボリューム!ウィークリータイプ3選

毎日目一杯は書き込まないけれど、月間よりも細かく、週間でスケジュールを管理したい方におすすめなのが、ウィークリータイプ。デイリータイプほど厚みもなく、コンパクトなので持ち運びもしやすいです。

1. 無印良品は390円でコスパ抜群!

無印良品の「上質紙クラフト表紙ウィークリーノート」は、税込で390円とお手頃価格。どんなことを書き込んで、どんな風に使うか、シンプルなスケジュール帳は使い方の幅も広がります。

毎年売り切れになるので購入したい方はお早めに!

詳細は無印良品公式オンラインストアへ

日付が入っていないタイプはいつからでも始められる

出典:無印良品

無印良品のウィークリータイプには日付の入っていないスケジュール帳のタイプも。いつからでも使い始められるのが魅力です。

開いたときに書きやすいフラット製本になっているのも嬉しいポイントですね。

詳細は無印良品公式ネットストアへ

2. モレスキンのウィークリーはシックなデザイン

出典:amazon.co.jp

クセのない単純なフォーマットと、マットな表紙がおしゃれなモレスキンのウィークリータイプ手帳。見開きにすると、左側には週間のスケジュール、右側はメモスペースになっています。

土日が平日の半分のスペースになっているので、平日が仕事で土日がお休みという方や学生さんにおすすめです。

3. レトロな色合いが可愛い!コクヨのウィークリー手帳

出典:amazon.co.jp

1日ごとに24時間書き込めるようになっているので、週間で大まかな予定を把握し、日毎で細かな時間を確認したい方におすすめのコクヨのキャンパスダイアリー。

親しみやすいノートのデザインでレトロな色合いも可愛いですね。

スケジュールの記入はお気に入りのペンで

せっかくスケジュール帳を買っても、書いて使わなければ意味がありません。

つい手に取りたくなるお気に入りのペンをセットで持ち歩くとモチベーションも上がります。

軽く薄い身軽なマンスリータイプ3選

マンスリータイプを使うメリットは、1ヶ月の予定を大まかに把握しやすいこと。仕事でも、いつどんな準備を始めないといけないか、ぱっと見でわかります。

分刻みのスケジュールよりも、ひと月ほどかかるプロジェクトなどの仕事をする方におすすめです。

1. 思いつきやひらめきを書き込めるミドリのMDノートダイアリー

月間スケジュールの周りに、たっぷりと余白を取った自由度の高いマンスリー手帳が文房具メーカーミドリの「MDノートダイアリー」です。

万年筆でも裏抜けしにくく、書き心地抜群のMD用紙にひらめいたアイデアをすぐにメモしましょう。

詳細はミドリオンラインストア公式サイトへ

2. 1年で終わらないコクヨの「ジブン手帳」が面白い

「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトにした、3分冊スタイルの手帳です。

バーチカル、マンスリー以外に、プロジェクト管理に便利なガントチャートもあります。一年の記録を書きやすく、探しやすくした機能的な手帳です。

去年のプロジェクトを振り返りたい時などにも最適!

詳細はKOKUYO公式サイトへ

3. ポップな色合いが可愛い!DELFONICSのマンスリー

スコッチグレインレザーを思わせる手触りが人気の定番「キトリ」シリーズに、今年はシンプルながらインパクトのある色合いのデザインが登場しました。

薄くて軽く、持ち運びにも便利です。

詳細はDELFONICS公式通販へ

手帳は持たない!スケジュール管理ができる優秀アプリ3選

手帳を別で持ち歩くのではなく、毎日使うデバイスの中に入れておきたい方におすすめなのがスケジュールアプリです。

毎日使うスマートフォンやタブレットなら、別で手帳を持ち運ぶ必要もなく荷物も増えません。

1. アイコンも可愛い「Lifebear」は無料でも万能

日本最大級の手帳アプリ「Lifebear」は、無料で使いやすい最強の手帳アプリとして雑誌などにも取り上げられています。

カレンダー、ToDo、ノート、日記を一元管理できるので仕事からプライベートまで幅広く活用でき、自分好みのレイアウトに変更できるのが人気のポイントです。

AppStore「Lifebear」についてはこちらから

GooglePlay「Lifebear」についてはこちらから

2. 好みに合わせて着せ替えもできる手帳アプリ「ジョルテ」

紙の手帳のような使い方をしたい方におすすめなのが、カレンダー&システム手帳アプリ「ジョルテ」です。

日本発のアプリで、全世界で3,000万ダウンロードされています。

本物の紙のシステム手帳の雰囲気に近く、重要なところは赤文字で保存できるなどの機能も。

AppStore「ジョルテ」についてはこちらから

GooglePlay「ジョルテ」についてはこちらから

3. 手書きにこだわりたい方は「GEMBA Note」

「GEMBA Note」は、デバイス上でも紙とペンのように自由自在に書けるのが嬉しいアプリです。

現場で撮った写真の上に手書きでメモすることも可能です。

新しく発表になった新型iPad Proと一緒に使ってみてはいかがでしょうか。

AppStore「GEMBA Note」についてはこちらから

毎日使うものだからこだわって選びたいスケジュール帳

毎日のように開くものだから、せっかくなら開くたびにご機嫌になるような手帳が良いですよね。

たくさんのおしゃれな手帳があって迷ってしまいますが、まずは好きなデザインと自分に使いやすい機能であることが大切です。

2019年をより楽しくパワーアップする年にするために、この記事も参考にお気に入りの手帳を探してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

インテリア・雑貨カテゴリの最新記事