マフラーを簡単手作り♪可愛い実例10選&針を使わない方法も

     
マフラーを簡単手作り♪可愛い実例10選&針を使わない方法も

筒状のニットが作れる“ダイソー 毛糸deリリアン”

こちらもダイソーで販売されているニットメーカーです。

丸い形で編み進めていくので、筒状のニットが作れます。細めなのでお子さんのマフラーづくりにおすすめの編み機です。

マフラーの作り方おしゃれアイデア10選

最後に自分でも作れる手編みマフラーのデザイン例をご紹介します。

編み物をこれから始める方でも参考になるデザインがあると練習もしやすいですよね。

お気に入りのデザインを見つけて是非参考にしてみてください。

1.フリンジをプラスしておしゃれに

ゴム編みで編んだマフラーに同系色のフリンジがおしゃれ♪

いろんな服装にも合わせやすく、男女問わず使うこともできますよ。男性へのプレゼントとしてもおすすめのデザインです。

2.グラデーションの毛糸を使えば柄も簡単に

出典:KNITTING

色々な色に染色された毛糸を使うと編んでいくだけで自然に柄が完成します。

こちらは2種類のグラデーション毛糸を使って2段ずつ交互にあみ進めたアイデアです。シンプルな編み方でもおしゃれに仕上がります。

3.短くてもボタン付きでしっかりあったか

出典:Etsy

編み物で挫折しやすいポイントが長く編み続けるのが大変というところ。

こちらは首を一周するほどの長さですがボタンを付けて巻くことでほどけずしっかり暖かになります。

さっと手早く作りたい方や、長く編むことに自信がない方にもおススメです。

4.かぎ針編みで作る簡単ストライプ柄

縦のストライプをきれいに作るのは、糸を何度も変える必要があり面倒になることも。

こちらは作りたいマフラーの長さに合わせてかぎ針編みで編み目を作ってから長編みで一段ずつ色を変えて編んでいくというアイデアです。

編む方向を変えるだけで素敵な柄が簡単に作ることができるなんてナイスアイデアですね。

5.レインボーカラーのニコちゃんマフラー

こちらも同様にかぎ針編みで縦ストライプを作ったレインボーカラーのマフラーです。

両端にはスマイルマークのモチーフを作って飾り付けています。

お子さんのマフラーやワンちゃん・ネコちゃん用のおしゃれにもおすすめです。

6.モチーフつなぎで作るポケット付き

 

かぎ針編みで正方形のモチーフをたくさん作り、一枚一枚つなげたマフラーです。

カラフルにしたりお花のモチーフにしたり色々なアレンジを楽しんでみましょう。

さらに端にモチーフを2枚重ねて縫い合わせるとスマホやミュージックプレーヤーなどを入れられるポケットにも。寒い日のお散歩に良いですね。

7.お花畑のようなラブリ―デザイン

かぎ針編みでお花モチーフをたくさん作りつなげたマフラーです。色々な色の毛糸を使ってお花畑のようなデザインに。

帽子にも同じモチーフで飾ったり、トータルコーディネートができてかわいらしいですね。

8.フリースヤーンであったかスヌード

腕編みで作ったスヌードです。大きな編み目になるので、細い毛糸を使うとスカスカになってしまうため、太めの毛糸を使うのがおすすめです。

こちらはダイソーで販売されているフリースヤーンを使って作っています。

太さもあり、フリースだから温かく、もともと糸に柄があるのでとってもおしゃれ♪

9.裂き布糸で味のあるデザインに

こちらも腕編みで作られたマフラーです。毛糸ではなく、生地を裂いた糸で作っているため、ふんわりとして味のあるデザインに。

薄い生地を使っていると秋から春にかけても長く使えるファッション小物にもなりますよ。

10.ポンポンつきカラフルマフラー

筒状に編めるニットメーカーを使って作ったマフラーです。途中で色を変えて好きな色の組み合わせを楽しんでみましょう。

ポンポンをつけるとさらにキュートに♪

この冬は手作りマフラーでぽっかぽか♪

今回は手編みマフラーについて、様々な編み方や参考にしたいデザインなどをご紹介しました。

編み方を工夫するだけでなく、使う毛糸を変えたり、組み合わせを試してみるだけでもおしゃれなマフラーに仕上がります。

この冬は是非手編みのマフラーで暖かく過ごしてくださいね。

こちらの記事も読まれています

1 2

ライフスタイルカテゴリの最新記事