初心者におすすめ!かぎ針編み基本4つの編み方と簡単小物8選

     
初心者におすすめ!かぎ針編み基本4つの編み方と簡単小物8選

覚えておきたい4つの基本の編み方

かぎ針と毛糸を準備したら、まずは基本的な編み方を練習してみましょう。

編み方はどれも似たような手順で覚えやすいので一つずつチャレンジしてみてくださいね。

まずはココからスタート「くさり編み」

出典:You Tube/[基礎]針・糸の持ち方から、くさり編み (かぎ編み)

かぎ針編みで作品を作るとき、初心者は「くさり編み」からスタートします。

動画では針や糸の持ち方から目の作り方まで紹介されていますので、まずはここから練習してみましょう。

そのままストレートに編み進めれば平らな作品ができたり、くさり編みを円状にしてから編み進めれば筒状の作品を作ることができます。

一番目が細かい編み方「細編み(こまあみ)」

出典:You Tube/【超初心者用】かぎ編み講座#2 細編み(こまあみ) single crochet

細編みは名前の通り一番細かい目の編み方です。

編み図には「×」や「+」のマークで記載されることが多く、マフラーやコースターなど隙間なくぎっしりとした作品に使うことが多い編み方です。

効率よい編み方「長編み」

出典:You Tube【超初心者用】かぎ編み講座#4 長編み(ながあみ) double crochet

細編みよりも一段高く編み進めることができるのが長編みです。

効率よく編み進めることができ、使用頻度も高い編み方なので初心者でもしっかりマスターしておきましょう。

丸いモチーフ作りに使用する「円編み」

出典:You Tube/円編み(circle crochet)どう編むの?【かぎ編みでまるく編む方法】

中心に輪を作ってから細編みを作るのが「円編み」です。お花のモチーフや丸いモチーフ、帽子を作るときにも使います。

1目に2個、3個と細編みを入れると円が広がっていき、いろいろなアレンジができるので、編みはじめに注意しながら練習してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています

1 2 3 4

ライフスタイルカテゴリの最新記事