アメピンで崩れない♪5つの正しい留め方とヘアアレンジ9選

アメピンで崩れない♪5つの正しい留め方とヘアアレンジ9選

ヘアアレンジに欠かせない存在と言えばアメピンですね。ところが正しい留め方を知らないと、せっかくの可愛いヘアアレンジが崩れてしまったり、ピンが浮いてしまったりとイマイチな仕上がりに。

そこで今回は目からウロコのアメピンの正しい留め方とアメピンを使ったヘアアレンジをお届けします。

アメピンの正しい留め方とコツ5選♪

まず知っておきたいのがアメピンの正しい留め方とコツです。留め方が間違っていたり、コツをきちんと押さえておかないと、何個ピンを追加してもうまくいきません。

こちらでは正しいアメピンの留め方とコツをお届けします。

1.間違っている人が多い!?アメピンの正しい向き

ウェーブタイプのアメピンには真っ直ぐなラインと、波打ったラインがあります。よく波打った面を上に留めている方がいますが、これは間違いです。実は波打ったラインを下にして留めるのが正解♪

両方真っ直ぐなラインのストレートタイプでは、返しのついている部分を下にしましょう。波打ったラインや返しが髪をしっかりおさえてくれるので、ピンが簡単に外れなくなります。

2.浮きを防ぐには頭皮に添わせて挿し込もう♪

アメピンを挿すときはピンの先をしっかり開いた状態で手に持ち、頭皮に添って滑らせるように挿し込みます。頭皮から浮いている状態だと毛束がしっかり留まらず、外れやすくなってしまいます。

また、ピンが浮く原因にも。横から滑らせるように挿すと頭皮を傷つけず、うまく留めることができます。

3.しっかり固定したい時は挿してから返す

お団子やツイストなど崩れやすい髪型の場合、アメピンを一度ぐっと挿してから返すのがポイント。こうすることでしっかり髪に挿さって固定しやすくなります。

留める毛量が多すぎると崩れやすくなってしまうので、少しの毛束をベースの髪と一緒に留めましょう。

4.用途に合わせて玉無し、玉有りを使い分けよう

アメピンにはピンの先に玉がないタイプと玉があるタイプの2種類があります。長時間キープしたい場合やしっかり留めたい場合は玉無しのタイプがおすすめです。

玉有りタイプに比べると滑ることが少ないため、よりしっかりと留めることができます。

頭に刺さるのが怖い、痛いのは苦手という方は玉有りのタイプがぴったり♪挿すときも滑りが良いので挿しやすく、ヘアアレンジ初心者にもおすすめです。

5.髪が短い方はスモールタイプで細かく固定!

髪が短い方が普通サイズのアメピンを使うと、横からピンが丸見えになってしまいます。そんな時には短いタイプのスモールピンがおすすめ!

長さが短いので短めヘアの方でもしっかり留まる上、ピンが少ない毛束でも隠れてくれるので違和感がありません。さらに細かく留めることで短い髪でもキープできます。

短い髪でもOK!アメピンでかっちり留まるアップヘア3選

短い髪だとアップスタイルにしようと思っても、なかなか難しいですよね。でも、アメピンでしっかり留めることでおしゃれなアップスタイルも楽しむことができます。ぜひ試してみてください♪

編み込みアレンジで華やかスタイル

 

出典:Beauty navi

ショートヘアの方でもできる華やかな編み込みアレンジです。全体的にヘアワックスをしっかり揉みこんだ後、トップから中間にかけて編み込みをしていきます。

編み込みをするたびにショートタイプのアメピンで固定すると編みやすく、崩れません。仕上げにトップや編み込んだ部分をゆるく引き出したら完成!華やかなアレンジはパーティーにも♡

詳細はBeauty naviへ

ゴム1本とピン1本でOK♡簡単ミニお団子

出典:Beauty navi

ボブ~ミディアムの方におすすめの簡単アレンジです。まずはワックスつけたら、あごと耳上のライン上をラフにゴムで束ね、毛束を輪にした状態でゴムに通して引き出し、お団子を作ってください。

次にお団子とトップ、アウトラインを適当に崩して、結び目に髪を巻きつけてアメピン1本で留めます。髪の根元にピンを突き刺すようにすると上手に隠せます♪

バングをくしゃっと巻いて、もみあげはちょっとはねさせたら出来上がり!

詳細はBeauty naviへ

アメピン1本の簡単ねじりアレンジ♪

出典:Beauty navi

コテで内巻きにした後、固まらないジェリーを全体的に馴染ませます。トップの髪をざっくり取ったらねじり、ねじった部分の根元にアメピンを挿します。

この時、一度挿してから返すようにして留めましょう。トップをふんわりさせることで、重めに見えがちなボブスタイルも軽やかに見えます。前髪なしでアレンジしても可愛いですよ♪

詳細はBeauty naviへ

アメピンでできる♪ワンランク上のハーフアップ3選

女性らしさと上品なスタイルで人気のハーフアップ。アメピンを使うことで、ワンランク上の凝ったアレンジができちゃいます♪ヘアアレンジがマンネリ化してきた方にもおすすめ!

こちらではおしゃれなハーフアップアレンジをお届けします。

編み込みで華やかに♡大人の上品ハーフアップ

出典:Beauty navi

大人女子におすすめの上品なアレンジです。まずは全体的にコテで巻いてベースを作ります。トップから中間まで編み込みをしてピンで固定していきます。

編み込みの間をくぐらせるように挿すと、ピンがうまく隠れる上に、下側だけを留めているので仕上げの際、毛束を引き出してこなれ感を出すことができます。

さらに両サイドの髪をねじりながら交差させ、ロープ編みをしていきます。ゴムで縛ったら大ぶりのヘアアクセを付けて完成♪

耳下くらいまで髪の毛をとってアレンジをしているので、全体がスラッとして見え、大人っぽい感じに仕上がります。

詳細はBeauty naviへ

タイトに仕上げたツヤありハーフアップ

出典:Beauty navi

あえてタイトに仕上げてツヤを出したハーフアップです。最初に毛先を中心にランダムにコテで巻いていきます。ツヤありワックスを揉みこんだら、両サイドの髪を上下2本の毛束に分けます。

それぞれの髪をサイドからバックにかけて髪をねじって、後ろでアメピンを数本使って留めます。

後ろの部分だけではなく、ねじりの途中にもピンを滑らせて留めておくと崩れません。タイトな仕上がりなのでオフィススタイルにもおすすめ!

詳細はBeauty naviへ

オフにぴったり♡ゆるっとツイン風ハーフアップ

出典:Beauty navi

アメピン2本を使って作るお手軽アレンジです。太めのコテを使ってゆるく全体を巻いた後に、両サイドの髪をクルッと上に向かってねじってピンで留めます。

ねじった根元に向かって挿しこみ、さらに返すことでふんわり可愛く仕上がります。まるで耳のようなアレンジがとってもキュート!イベントやお出かけなど、オフの日にぴったりの可愛いアレンジです♡

詳細はBeauty naviへ

毛量が多い方に♡スッキリまとめ髪3選

毛量が多いと簡単にまとめただけでは、なかなかスッキリ仕上げるのは至難の業。そこでこちらでは毛量が多い方にぴったりのアメピンを使用したスッキリまとめ髪アレンジをお届けします。

アメピンだからこそできる!ふんわりシニヨン

出典:Beauty navi

毛量が多い方や、ロングの方でもできるゆるふわシニヨンです。まずは全体を毛先から内巻き外巻きの交互に巻いてベースを作り、トップの髪をとったら1回くるりんぱ。

両サイドの髪をバックに向かってねじったらアメピンを上下から挿しこんで固定します。

余ったえり足の髪をゴムで縛ったら、下側からクルクルと巻いてアメピンをサイドから数本挿しこんで固定します。アメピン数本で固定することでふんわりしたシニヨンに仕上がります♡

詳細はBeauty naviへ

三つ編みアップもアメピンでしっかりキープ!

出典:Beauty navi

三つ編みを数本作ってアメピンで固定すれば、簡単なのに凝って見えるヘアアレンジが作れます♪

まずは両サイド、残ったえり足の3本に髪をブロッキングし、それぞれ三つ編みを作っていきます。毛量が多い方はえり足の三つ編みを2本にしてもOK!

サイドの三つ編みを手にとったら反対側に三つ編みを持っていき、上下に数本アメピンを挿し込んで固定します。さらにもう片方も同様に。

残ったえり足の三つ編みはぐるりとうず状に巻き付けてシニヨンを作り、アメピンでベースと三つ編みを固定すれば完成!多めにアメピンで留めると崩れにくく、長時間キープできます♪

詳細はBeauty naviへ

ゴールドアメピンでおしゃれアレンジ♡

出典:Beauty navi

おしゃれさんの間で人気なのがゴールドカラーのアメピン。アクセントで数本留めるだけでぐっとおしゃれに仕上がります♡

セット方法はワックスを揉みこんだ後に前髪をねじり、ねじった部分の内側に普通のアメピンを挿して固定。えり足部分の髪はポニーテールにした後、下側からくるくる丸めてアメピン数本を内側に挿して固定します。

仕上げはサイドにゴールドのアメピンを数本留めて完成です♪

詳細はBeauty naviへ

アメピンを正しく使ってお悩み解決!

今回はアメピンの正しい留め方とアメピンを使ったヘアアレンジをご紹介しました。アメピンを正しく使うことでヘアアレンジの幅が広がり、アレンジがぐんと楽しくなります。

また、髪が短い・毛量が多いなどヘアアレンジのお悩みも解消できちゃいます♪今回の記事を参考にアメピンを使ってヘアアレンジの幅を広げてください♡

こちらの記事も読まれています

ビューティーカテゴリの最新記事