くるみボタンで可愛い小物作り♪アレンジアイデア&キット15選

くるみボタンで可愛い小物作り♪アレンジアイデア&キット15選

お気に入りの布などを使って簡単にオリジナルのボタンが作れる“くるみボタン”をご存知ですか?

ぷっくりとしたフォルムでコロンとしてかわいらしく、洋服などのボタンとしてだけでなく、アクセサリーや小物の装飾など様々なものに付けてオシャレに楽しまれています。

今回は、そんな可愛いくるみボタンの作り方や、アクセサリーや小物などのアレンジアイデアをご紹介します。

目次

くるみボタンの作り方は大きく分けて2つ♪

くるみボタンは「つつみボタン」や「カバーボタン」とも呼ばれているもので、金属製や木製のボタンの表面を布や革などでくるんだボタンを言います。

包むものを変えたり、布にアレンジしたりと様々なデコレーションができるので、オリジナルの作品が簡単に作れるのがポイント。

まずはくるみボタンの作り方をご紹介します。使用するのはくるみボタン用のパーツと布類が基本。このくるみボタン用パーツによって作り方が異なりますが、大きく分けて2種類に分類されます。

1.専用の型にはめ込むタイプ

出典:You Tube/くるみボタンの作り方

まずは、ボタンと布を専用の型にはめ込んでつくるキットです。ボタンより大きめに生地をカットして、専用のはめ込み台にセットします。

その上からボタンの上部パーツをのせ、余っている生地を真ん中に集めて下部分のパーツをはめ込んで完成です。

生地の端をキレイに入れ込むのが難しい場合は、動画のように並縫いをして上部パーツにくくりつけてから専用のはめ込み台にセットするのがおすすめです。

ダイソーで購入できるはめ込みタイプのキット

ダイソーではくるみボタンの作成キットが100円で購入できます。こちらははめ込みタイプで、金具のパーツとシリコンで出来たはめ込み台がセットになっています。

パッケージに生地の大きさの見本があるので、見本に合わせて生地をカットして使いましょう。

プラ製ブローチづくり専用のキットも

Clover くるみボタン・ブローチセット サークル40 7個入 58-657

出典:amazon.co.jp

手芸品メーカーのクローバーから販売されているキットではプラスチック製のボタンパーツのものがあります。プラ製なので専用のはめ込み台等を使わず手でパチンとはめることができますよ。

また、ブローチ専用のものやヘアゴム用などシリーズがあるので、作りたいものに合わせて選べます。

2.接着剤を使って固定する

出典:You Tube/クルミボタンでバッジ作ってみた♪

もう一つのパーツのタイプが接着剤を使って固定するタイプです。はめてつくるタイプのパーツは下部のパーツが平たいお皿のようになっていますが、接着剤で固定するタイプは受け皿のようになっているのがポイントです。

くるみボタン上部パーツの内側に接着剤を塗って生地の端を入れ込んで固定していきます。しわや角が出ないように注意してくださいね。

その後生地が落ち着いたらもう一度内側に接着剤を付けて下部パーツをのせて完成です。力を入れずにはめ込むことができます。

キャンドゥのキットは大きさがポイント

100均のセリアやキャンドゥで販売されているくるみボタンキットは接着剤で固定するタイプです。接着剤も可愛いプリント生地なども販売されているので、とってもお手頃に楽しめます。

中でもキャンドゥのくるみボタンキットは34mmや44mmなど大きなボタンを作れるのが特徴です。

ハート型のボタンが作れる

出典:【楽天市場】手作り工房My mama

こちらも接着剤で留めるタイプのくるみボタンキットです。ぷっくりとしたハート型のボタンに仕上がります。他にも花型や楕円などのパーツもあるので好みに合わせて選べます。

購入はこちら/【楽天市場】手作り工房My mama

可愛いアクセサリーのアイデア6選

ここからはくるみボタンを使った様々な雑貨のアイデアをご紹介します。まずはピアスやヘアゴムなど様々なアクセサリーです。

お気に入りの生地を見つけてファッションに取り入れたり、刺繍を施すなどアレンジは様々でオリジナルの作品を作りましょう。

1.ボリューム満点ゆらゆらピアス

ベルベットの生地を使ったくるみボタンの下にリボンとパールを下げたピアスです。大ぶりなボタンが耳元を華やかにするだけでなく、ゆらゆら揺れるパールが目を引きます。

2.リボンを飾って立体ボタンのヘアゴム

ストライプの生地でくるみボタンを作り、その上にリボンを縫い付けたアイデアです。シックな色使いが大人っぽく甘くなり過ぎないデザインでおしゃれ♪

3.ロゼットの中心にお気に入りのくるみボタンを

かわいらしいプリント生地で作ったくるみボタンをロゼッタの中心に飾ったヘアゴムです。リボンの端を並縫いしてキュッと絞ると丸くロゼットのフリルが完成。その上にくるみボタンを接着剤で固定すればOK。

4.大きさの異なるボタンを使ったボリュームネックレス

大きさの違うパーツで作った様々な柄のくるみボタンをつなげて作った2連のネックレスです。布で作ったくるみボタンはあまりツヤがないので、パールなどのツヤがあるボタンをのせて装飾しています。

5.貼るだけ簡単カチューシャ

プラスチックのシンプルなカチューシャにくるみボタンを貼りつけるだけの簡単アレンジです。真ん中のボタンだけ大きさを変えているのもポイント。

小さなくるみボタンをたくさん並べたり、一部にだけ飾ったりといろいろなアレンジが楽しめます。

6.毛糸を縫い付けて女の子をかたどったブローチに

ガーゼ生地でくるみボタンを作り、その上にふわふわの毛糸やパール、リボンなどを縫い付けています。顔はにじみにくいマジックやボールペンなどを使って書き込めば可愛い女の子に♪

ブローチにしていろいろなところに飾ったり、ピアスにアレンジするのも可愛いですね。

おしゃれな雑貨や小物にもアレンジ☆素敵なアイデア5選

くるみボタンはアクセサリーだけでなく、様々な雑貨の装飾にもおすすめです。普通のボタンとはひと味違う風合いを活かしていろいろなものにアレンジしてみましょう。

1.お気に入りのキャラクターを刺繍したタッセルキーホルダー

シンプルな生地にスヌーピーの刺繍を施しくるみボタンにして、レースやデニム等様々な生地で作ったタッセルに合わせたキーホルダーです。

くるみボタンだけでもタッセルだけでも物足りなさを感じますが、合わせてみると存在感があっておしゃれになりますね。

2.アイロンプリントで作ったマタニティロゼット

プリント生地や刺繍以外にもアイロンプリントで好きなデザインを布にすることができます。こちらはマタニティマークをプリントして作ったアイデア。

リボンでロゼットに仕上げています。キーホルダーやブローチにしてカバンに付ければ目を引きますね。

3.ボタンをゴムに通して作るカーテンタッセル

好きな生地でくるみボタンを作り、ヘアゴム用の長いゴムに複数のボタンを通して作ったカーテンタッセルです。

ボタンが動かないようにするなら、ゴムに縫い付ければ固定できますよ。ゴムでなく、リボンや紐でもOK!

4.冷蔵庫にも貼りたくなるマグネット

出典:Urban Comfort

くるみボタンの下部パーツについているゴムを通す金具を取り外し、磁石を接着剤で付ければぷっくりとかわいらしいマグネットになります。

おしゃれなファブリックを用いてつくったり、人気の北欧柄やマリメッコなどを使うのもおすすめです。

5.赤でまとめたクリスマスツリー

ドットやストライプなど様々な赤い生地でくるみボタンを作り、ドーナツ状の土台の上に貼り付ければおしゃれなクリスマスツリーに。

生地の雰囲気を変えればクリスマス以外にも飾れるリースにアレンジできますよ。

手軽に楽しめるキット4選

最後により気軽にくるみボタン作りが楽しめるキット商品をご紹介します。くるみボタンのパーツや生地などもセットになっているので、まずはキットで試してみたいという方におすすめです。

初心者向きのプチ刺繍ボタン

出典:【楽天市場】セイカ堂小売部 楽天市場店

くるみボタンや刺繍初心者の方でも作りやすいキットです。刺繍用の糸や専用の針、図案の説明書もセットになっています。

購入はこちら/【楽天市場】セイカ堂小売部 楽天市場店

可愛らしい模様の刺繍を3種類楽しめる

ルシアン 「地刺し」で作る布小物 3つの包みボタン ガーデン 2301

出典:amazon.co.jp

こちらは3つの模様の刺繍でくるみボタンをつくるキットです。細かい模様でもくるみボタンほどの大きさなら気軽に取り掛かることができますよ。北欧風のかわいらしいパターン柄がおしゃれですね。

くるみボタン付きロゼットが簡単に

出典:【楽天市場】UEKUE

フリルがかわいらしいロゼットにオリジナルのくるみボタンをつけることができるキット商品です。黒とピンクのセットなので、結婚式のアイテムとしてもおすすめです。

購入はこちら/【楽天市場】UEKUE

パソコンプリントでオリジナルボタンが作れる

サンワサプライ インクジェット手作りボタンキット・大&小 JP-BTN03

出典:amazon.co.jp

パソコンで好きな絵柄を専用のコットン布に印刷してオリジナルのくるみボタンが作れるキットです。手書きの絵をスキャンして使ったり、お子さんやペットの写真を使ってボタンを作るのも面白いですよ。

色々な組み合わせを楽しめるくるみボタン

今回はくるみボタンの作り方や、くるみボタンを使ったアレンジをご紹介しました。使う生地や、装飾、どんな物にアレンジするかなど様々な組み合わせでアイデアの幅が無限に広がります。是非参考にしてくるみボタンのおしゃれを楽しんでみてくださいね。

 

 

 

こちらの記事も読まれています

DIYカテゴリの最新記事