お弁当の盛り付けを可愛くするコツ5つ&便利グッズ紹介と実例16選!

     
お弁当の盛り付けを可愛くするコツ5つ&便利グッズ紹介と実例16選!

キャラ弁やおしゃれな盛り付けなど、お弁当を可愛くデコレーションするのが流行ですが、いざやってみると、上手く盛り付けるのはなかなか難しいですよね。

お弁当を可愛く盛り付けるのにはいくつかのコツがあり、そのポイントを押さえれば、誰でも簡単に可愛いお弁当を作る事が出来ます。

そこで、お弁当を可愛く盛り付けるコツとお弁当に使える便利なアイテムをご紹介します。

見た目が可愛いお弁当に盛り付ける5つのコツ

お弁当を可愛く作るには、おしゃれで彩り豊かなおがずをたくさん詰めないと…と思われがちですが、実は簡単なコツをちょっと気をつけるだけでいつものおかずでも可愛く盛り付ける事が出来ます。

そこで、誰でもすぐにトライ出来る可愛くお弁当を盛り付けるコツを5つご紹介します。

(1)大きいおかず・ご飯から詰めていく

お弁当箱に食材を詰める時は、大きいご飯やおかずから詰める事で全体のバランスを取りやすくなります。

余ったスペースに中くらいのおかず、最後に小さいおかずを詰める事をお弁当箱い食材がしっかり詰まるので、片寄りや崩れを防ぐ効果もあります。

(2)隙間に小物で彩りを

最後に余った隙間にはブロッコリーやミニトマトなど、彩りのあるものをワンポイントで入れる事でお弁当がぱっと華やかになります。

メインのおかずはどうしても茶色系になってしまいがちですが、小物で彩りを散らす事で全体的な色彩は控えめでも、メリハリが出て彩り豊かな印象にする事が出来ます。

少ない品数でも可愛く見せたい時におすすめのテクニック!

(3)同系色はまとめない!色の使い方がポイント

たくさんおかずを作った時でも、同系色のおかずを一箇所にまとめてしまうと、せっかくの彩りもぼんやりとしてしまいます。

大きなおかずを中心に下に赤系のおかずを置いたら、もう一つの赤系のおかずは上に置くなどして、色味にバラつきが出るように工夫して配置してみましょう。

(4)食材の切り方にこだわって

食材も普通に切るよりも飾り切りや型抜きをして、可愛くカットする事で目を惹くお弁当を作る事が出来ます。

彩りが少ない時にもおすすめのテクニックで、野菜が苦手なお子さまでも、可愛くカットされた野菜なら喜んで食べてくれそうですね♪

(5)仕切りやカップなどアイテムを使ってさらに可愛く

彩りを考えたり、飾り切りをしたいけど朝の忙しい時間にそこまでやるのは大変…という時には、仕切りやカップなどのお弁当アイテムが便利!

食材の味が変わるのを防いでくれる上に使うだけで彩りを添えてくれる万能アイテムです。

最近では繰り返し使えるシリコン製カップなど、エコ商品も出ていて家計にも優しいので一つは持っておきたいアイテムです。

こちらの記事も読まれています

1 2 3

レシピカテゴリの最新記事