水引アクセサリーに挑戦!基本の結び方と作り方アレンジ33選

水引アクセサリーに挑戦!基本の結び方と作り方アレンジ33選

“水引”と言ったらどんな物か知っていますか?祝儀袋などに使われるヒモ状のものが“水引”です。

今、和風テイストで可愛いと、この水引を使ったアクセサリーが流行っています。

今回は基本の結び方と、その結び方で作れるアクセサリーの作り方をご紹介します。

日本の伝統文化「水引」

水引の起源は、諸説ありますが、飛鳥時代に当時の中国(髄)の使者からの贈り物に結ばれていた紅白の麻ひもが元とされています。

これを真似して贈り物を紅白のひもで結ぶようになったことから日本の伝統文化として広まりました。

現在ではご祝儀や不祝儀、熨斗などに使用されているのを良く見かけますが、結び方には種類があり、それぞれに意味を持っています。

願いを込めて結ぶ水切は日本の大切な伝統文化として残したいものです。

水引の素材は和紙

水引は、和紙を細く切ってこより状にしたものに糊を塗って乾かして固めたものです。このヒモに金銀などの薄紙や極細の繊維をまきつけて作られます。

オシャレな和風小物として見直されている水引

最近では特にご祝儀袋のデザインが豊富になって、カラフルで可愛らしいものが雑貨屋さんに並ぶのを見た事がある方も多いのではないでしょうか。

他にも、お祝いなどの贈り物がグッとオシャレになるとして、水引を結んで作ったモチーフを添えたりしています。

また、アクセサリーやアート作品としても水引は使われるようになっています。

紙製の水引は軽くて安全なアクセサリー素材

紙から出来ているので、体に触れても痛くなくケガの心配も少ないのでアクセサリー素材に向いています。

特に耳への負担が気になるピアス&イヤリングや、髪の引っ張りが心配のヘアアクセサリーなどで人気があります。色のバリエーションが豊富な点もうれしいところです。

基本の“あわじ結び”を使った水引アクセサリー4選

出典:YouTube/あわじ結びの結び方 水引 【さん・おいけ】

ここからは代表的な水引の結び方と、その結び方でできたモチーフを使用したアクセサリーをご紹介します。

まずは初心者の方でも結びやすい“あわじ結び”です。

慶事・弔事・神事・佛事の全てに使用できる結び方で、「末永く付き合う」という意味があります。

小さくて最少2つの結びから作れるピアス&イヤリングから始めてみましょう!

パールを飾った水引あわじむすびのピアス


出典:【楽天市場】Shugale

カラフルな4本で作ったあわじ結びに小粒のパールをアクセントにしたピアスです。

水引が醸し出す和の雰囲気とビビットなカラーが大人っぽくオシャレなアクセサリーに。

こちらはキットが販売されているので、初心者の方でも作りやすいですよ。

水引キットの購入はこちら/シュゲール楽天店

コットンパールの水引ひょうたん型ピアス

あわじ結びの真ん中の輪を引っ張ってひょうたんのような形にし、中央にコットンパールをTピンでつけています。

淡いゴールドが華やかさを演出するピアスです。

紅白でおめでたいタッセルイヤリング

全体を赤と白でまとめるとなんともおめでたい雰囲気になりますね。

流行のタッセルに水引を合わせて和風でオシャレアクセサリーへとまとめています。

あわじ結びのフープピアス

あわじ結びを連続で作って円を作ったモチーフです。

ボリュームがあって存在感のあるピアスに。和服や洋服どちらにも合わせやすいですよ♪

こちらの記事も読まれています

1 2 3 4 5

DIYカテゴリの最新記事