冬至はゆず湯でぽかぽか♪効果的な入り方や入浴剤&イベント8選

冬至はゆず湯でぽかぽか♪効果的な入り方や入浴剤&イベント8選

2018年の冬至は12月22日!冬至と言えば柚子湯やカボチャの料理を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

この冬至、どんなイベントかご存知ですか?今回はそんな冬至や柚子湯について由来や習慣についてご紹介します。

二十四節気の一つである“冬至”

太陽暦を利用して、1年を24等分にして季節の移り変わりを表すものを二十四節季(にじゅうしせっき)と言います。

その中によく耳にする、春分・夏至・秋分・冬至があります。北半球で“夏至”は最も昼が長く、“冬至”は最も昼が短いとされています。

うるう年などの関係で若干の変動がありますが、2018年の冬至は12月22日(土)です。

日本や中国などではこの冬至のことを「一陽来復(いちようらいふく)」と言い、この日を境目に運気も上昇するとされていて、様々な習慣が言い伝えられています。

カボチャを食べて運気を高める

冬至の習慣として有名なものにカボチャ料理を食べるというものもあります。カボチャは夏野菜ですが保存性の高い野菜で、昔から冬の栄養源として重宝されていました。

特に緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミン類が多く含まれるカボチャを食べて風邪などへの抵抗力をつけるという先人の知恵とも言えます。

こんにゃくで体の大掃除

カボチャと同じようにこんにゃくも冬至に食べる習慣がある食材です。こんにゃくは昔から「胃のほうき」「腸の砂おろし」とも呼ばれていて、デトックス効果があることが知られていました。

そのため、こんにゃくは体の中を清める食材として冬至に食べる習慣になったようです。

願いを込めて柚子湯に入る

ゆずは寿命が長く、病気にも強い木に実り、実がなるまで長期間かかるため無病息災や健康長寿、長年の苦労が実るなどの願いを込めて柚子湯に入ると言われています。

さらに身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くと言葉にかけてこの習慣が始まったともいわれているようです。

柚子湯の効能と効果的な入り方

柚子湯には寒い季節に嬉しい効能が沢山あります。血行促進、新陳代謝の促進、ひび・あかぎれを治す、冬風邪の予防、リラックス効果、美肌など。

どれも冬至に限らず冬に柚子湯に入りたくなるような魅力的な効能ばかりですね。

試してみたい様々な柚子湯の方法

冬至に柚子湯に入るのは分かったけど、どうやってお風呂に入れればよいのでしょうか。

柚子湯の方法としては、地域によって差があったり、家庭によっても違い、これが正解!というものはありません。ここではいくつか参考の方法をご紹介いたします。

まるごとお湯に浮かべる

まずは柚子をまるごとお湯に浮かべる方法。柚子をまるごと入れる場合には一つ二つ浮かべるだけでは香りを感じられない方も多いようです。

たくさんの柚子をお風呂に浮かべたり、柚子の皮に少し切り込みを入れるなどすると香りも広がりおすすめですよ。

また、柚子を揉んだりつぶしたりすると柚子に含まれているクエン酸やリモネンなどの成分がお湯に溶けだします。

カットしてお湯に浮かべる

柚子の成分をより感じられる方法としておすすめなのが柚子をカットしてお湯に浮かべる方法です。

柚子を輪切りにしたり、半分に切ってからお湯に浮かべればより中の成分がでやすくなり、柚子が少なくても香りが広がります。

ガーゼやネットを使ってお掃除も楽に

柚子をそのまま浮かべて揉みつぶしたり、カットしてお湯に浮かべたりすると果肉がだんだん崩れてきたり、種が散らばったりしてお風呂のお掃除が大変になることも。

そのためガーゼやネットに柚子を入れてからお湯に浮かべるのがおすすめです。ネットは、排水溝ネットや洗濯用ネットなど目が細かいものを使いましょう。

ひと手間でピリピリ軽減

柚子の果汁や皮に含まれる成分は嬉しい効能も多いですが、肌が弱い人乾燥肌の人、お子さんの肌ではピリピリとした刺激を感じることもあります。

妊娠中の方もお肌が敏感になりやすいため柚子湯の刺激を感じやすくなる方も多いようです。この刺激を軽減する方法としては以下のようなものがあります。

  • 柚子はカットせずまるごと…潰したりせずに浮かべるだけなら刺激が強くなりません
  • 柚子の表面をしっかり洗ってから使う…皮に付着している農薬が刺激やかぶれの原因になることも
  • 柚子を熱湯で20~30分蒸らしてから使う…お湯にくぐらせておくと刺激が弱まる
  • 湯船に入れず香りだけ楽しむ…カットした柚子を風呂桶に入れたりして浴槽に入れず香りだけ楽しめばお肌への心配はありません

気軽に柚子湯を楽しめるおすすめ入浴剤5選

柚子をそのままお風呂に入れるのは片付けが面倒という方や、お肌への刺激が心配という方におすすめなのが、柚子湯を気軽に楽しむことができるバスグッズです。

柚子がなかなか手に入らない場合にも便利ですね。本格的な柚子湯が楽しめるものから香りや効能を手軽に得られるものなど種類も様々。

特別な日に限らず柚子湯を楽しみたい方にもおすすめのバスグッズをご紹介します。

1.身体に優しい無添加の自然素材|ゆずの湯 木頭柚子の香り

ゆずの湯 無添加 木頭柚子の香り ニコニコヤ 854

出典:amazon.co.jp

柚子の栽培で有名な徳島県木頭の無添加の柚子を使用した入浴剤です。乾燥させた柚子の皮を使い、バック袋を浴槽に入れるだけでやさしい柚子の香りが広がります。

パッケージも柚子に見立ててかわいらしく、プレゼントとしても喜ばれています。

2.みずみずしい香り|ぽかぽか柚子のお風呂

 

出典:のレン

自宅でも簡単に柚子湯が楽しめるバスソルトです。かわいらしいパッケージのバスソルト。みずみずしい柚子の香りでゆっくり体を温めることができます。

購入サイトはこちら

3.話題の酵素入りでぽかぽか|酵素入り入浴剤 ゆず湯 無着色

酵素入り入浴剤 ゆず湯 無着色【200g入り】

出典:amazon.co.jp

温泉の主成分である硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、お肌を清潔にする効果のある硼砂(ほうしゃ)を配合した話題の酵素入り入浴剤です。

酵素の働きでお肌に無理な刺激を与えず老廃物などを除去してくれます。入浴後はお肌がなめらかになり洗浄効果も高いので、背中やデコルテのニキビが気になる方にもおススメです。

4.子どもが喜ぶ泡ぶろ|ブクブクアワー ゆずみつ日和 ボトル

ブクブクアワー ゆず みつ 日和 ボトル 入り 360g 9回分 入浴剤 化粧品

出典:amazon.co.jp

湯船に適量入れてもちもちとろとろの泡ぶろが楽しめる入浴剤です。マヌカハニーや柚子エキス、ローヤルゼリーなども配合し、しっとりと泡がお肌を包みます。泡の持ちも良いので、お子さんとの入浴にもおすすめですよ。

5.様々な柚子の香りが楽しめる|ONPO こだわりゆず 炭酸湯

アース製薬 温泡 ONPO こだわりゆず 炭酸湯 入浴剤 20錠入(5錠x4種) [医薬部外品]

出典:amazon.co.jp

ほっこりゆずやほろにがゆずなど4つの香りが楽しめる発泡入浴剤です。炭酸や柚子オイルの効果で身体を温め腰痛や疲労にも効果的。

本物の柚子の香りにこだわって、徳島産柚子の新芽や花弁、皮から抽出したオイルを使用しています。たっぷり20錠もはいってお手頃価格なので、日ごろから気軽に柚子湯を楽しみたいというかたにおすすめ♪

みんなで楽しむ冬至イベント3選

全国の温泉や銭湯をはじめ、様々なスポットで冬至の柚子湯イベントが開催されています。お家でゆったりも良いけど、みんなでワイワイ楽しく柚子湯を楽しむならイベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

1.東京都内の銭湯で一斉に冬至イベント開催

出典:東京銭湯

東京都内の銭湯では毎年冬至に柚子湯イベントを実施しています。地域によっては入浴料金の割引や飲物のプレゼントなどの特典も♪

銭湯の広い湯船で柚子湯に家族やお友達とつかって慌ただしい年末の疲れを癒してみたい方におすすめです。

詳細はこちら/東京都浴場組合公式サイト 東京銭湯 へ

2.季節の変わり湯が自慢の箱根小涌園ユネッサン

出典:箱根小涌園ユネッサン Facebookページ

温泉地としても人気の箱根にある温泉アミューズメントパーク“箱根小涌園ユネッサン”。水着で遊べる温泉の他、絶景が楽しめる露天風呂など楽しみ方が様々です。

箱根の外輪山を望みながら日帰り温泉を楽しめる「森の湯」では季節に合わせた変わり湯が人気。冬至が近づく12月中には柚子湯も登場しますよ。

詳細はこちら/箱根小涌園ユネッサン へ

3.ほっこり和む那須どうぶつ王国のカピバラ温泉

出典:那須どうぶつ王国 Facebookページ

広大な敷地内で様々な動物と触れ合うことができる那須どうぶつ王国の中でも大人気のキャラクター的存在カピバラ。カピバラの森では給餌体験ができたり、プールやお風呂につかるカピバラを観ることもできます。

毎年冬至のシーズンになるとカピバラ用温泉に柚子が投入されます。気持ちよさそうな顔のカピバラさんたちを眺めながらの足湯や、混浴気分も楽しめる温泉もありますよ。

詳細はこちら/那須どうぶつ王国 へ

冬至には柚子湯に入ってぽかぽか風邪予防

今回は冬至と柚子湯について由来や習慣等をご紹介しました。1年で最も夜が長い日だからこそ、ゆっくり柚子湯に入って身体を温め、寒さに負けない健康を目指したいものですね。

こちらの記事も読まれています

ライフスタイルカテゴリの最新記事