髪質が変わる!シャンプーの正しいやり方とおすすめ商品5選

髪質が変わる!シャンプーの正しいやり方とおすすめ商品5選

毎日お風呂で髪の毛を綺麗にシャンプーしますよね。みなさんは正しいシャンプーの方法を知っていますか?

トリートメント剤などを使って髪のケアを行うことは大切ですが、まずはシャンプーのやり方を見直してみてください。

きちんとシャンプーをすることで健康で綺麗な髪をゲットしましょう♪今回は正しいシャンプーのやり方や悩みや髪質ごとにおすすめなシャンプーをご紹介します。

正しいシャンプーのやり方を覚える

500円玉大のシャンプーを手に取って濡れた髪全体にシャンプーが広がるようにつける。そんなシャンプーのやり方をしていませんか?

シャンプーの目的は髪についた汚れを落とすことなので間違った方法ではありませんが、少し意識するだけでシャンプーの効果をさらにアップさせることができます。

先にブラッシングで抜け毛やホコリを取り除く

まずは簡単に髪のブラッシングを行い抜け毛や髪についたホコリを取り除きます。実際にシャンプーをする前に髪のもつれを綺麗にしておくことでシャンプー中の抜け毛の予防することができます。

ブラッシングは毛先が柔らかいブラッシング専用のものを使うのがおすすめです。

頭皮マッサージで毛穴の汚れを落としやすくする

実際にシャンプーを始める前に頭皮マッサージを行いましょう。頭皮マッサージを行うことで毛穴が開くので汚れが落としやすくなります。

適量のオリーブオイルやホホバオイルを手に取り、頭皮を優しく5分ほどマッサージしてさらに10分ほど置きます。頭皮の毛穴がしっかり開いたところでシャンプースタートです。

適量のシャンプーを事前に泡立てて

まずはシャンプーをつけずに髪を濡らして予洗をしていきます。予洗で髪についている約70%の汚れを取ることができると言われています。

ようやくシャンプーの出番です。使うシャンプーの量は髪の長さによって異なります。女性のショートやボブで1〜1.5プッシュ、ミディアムで1.5〜2プッシュ、ロングで2〜3プッシュほどが目安です。

シャンプーを手にとったら、水と空気を含ませてしっかり泡立てます。これがとても重要なポイント!泡を作ることで髪と手の摩擦を減らしダメージを最小限に抑えることができます。

髪よりも頭皮を洗うことを意識しよう

泡立てたシャンプーを髪につけたらさらにマッサージをしながら泡立てていきます。ここでポイントですが、シャンプーは髪についている汚れというよりも頭皮の毛穴に詰まっている汚れを落とすためだということを意識してみてください。

毛穴が綺麗になると健康な髪が生えてくるようになるので覚えておいてください。指で髪をかき分けて根元の毛穴にシャンプーが届くようにしましょう。爪が長かったりシャンプーが苦手な場合はシャンプーブラシなどを使うと便利です。

しっかりシャンプーを洗い流す

頭全体の毛穴にシャンプーが行き渡ったら最後に一番大切なステップです。シャンプーは念入りに洗い流しましょう。

シャンプーが残ったままになってしまうと、毛穴にシャンプー剤が浸透してしまい逆効果になってしまうことがあります。

綺麗に髪を伸ばすためにも泡を残さずに洗い流すことがとても重要です。

トリートメントは髪に浸透させる

シャンプー後にリンスやトリートメントを使っている人は多いですよね。リンスやトリートメントはシャンプーとは違い、毛先を中心にケアをするためのものなので、頭皮ではなく髪につけていきます。

せっかく毛穴の汚れが綺麗に落とせたので、リンスやトリートメントが詰まらないように気をつけてください。洗い流さないトリートメントを使う場合も同じです。

悩みや髪質に合わせて選ぶ♡ おすすめシャンプー5選

シャンプーは髪が生えてくる毛穴に直接つけるものなので自分に合ったものを使いたいですよね!髪質や悩みによってシャンプーを使い分けてみるのも髪質改善にはおすすめです。

人気の高いシャンプーをいくつかご紹介するので是非参考にしてください♡

1. 剛毛な髪を柔らかくするには「MICHILUNO」

出典:MICHILUNO

剛毛を柔らかくするのにおすすめな「MICHILUNO (ミチルノ)」が販売している「MICHILUNO-PRO VII シャンプー」。

保湿成分やオイル成分がしっかり入っているので髪の乾燥を防ぎ柔らかくしてくれます。また洗い流したあともほんのりローズの女性らしい香りが残るのも嬉しいポイントです。

「MICHILUNO-PRO VII シャンプー」の購入はこちらから

2. クセ毛を優しく抑えてくれる「La Sana」

潤い力の高い植物オイルで作られているクセ毛におすすめの「La Sana (ラサーナ)」が販売している「プレミオール シャンプー」。

頭皮の汚れを丁寧に落としてくれるだけではなく、髪をコーティングしてくれる効果もあるのでツヤが生まれます。アロマティックフローラルな香りも女子に大人気な理由の一つです。

「プレミオールシャンプー」の購入はこちらから

3. 髪が細い猫っ毛には「mogans」がおすすめ

出典:mogans recipe and choice

髪が細い猫っ毛におすすめな植物由来99%以上の「mogans (モーガンズ)」が販売している「ノンシリコン アミノ酸 スキャルプケア シャンプー」。

「ノンシリコン アミノ酸 スキャルプケア シャンプー」には毛穴の汚れをしっかり落としながら肌の力を最大限に引き出す効果があります。

髪が細いのにクセがある猫っ毛をを綺麗にまとめてくれます。ブローやヘアアイロンをしなくてもまとまった髪憧れますよね♡

「ノンシリコン アミノ酸 スキャルプケア シャンプー」の購入はこちらから

4.カラーを長持ちさせるのにぴったりな「GAIA NP」

髪をカラーリングしている場合なるべく綺麗な色を保ちたいですよね。そんな方は「GAIA NP (ガイア エヌピー)」が販売している「GAIAMEDI シャンプー ディープモイスチャー」を是非使ってみてください。

カラーのもちをアップさせながら頭皮環境や毛髪サイクルを整えてくれるおすすめなシャンプーです。

「GAIAMEDI シャンプー ディープモイスチャー」の購入はこちらから

5. パーマヘアにぴったりな「napla」

出典:napla

パーマで傷んだ髪の修復のために使いたいのが「napla (ナプラ)」が販売しているシャンプー「ケアテクトHB リペアシャンプー」。

さまざまな天然由来成分が弱っている毛穴をケアしてくれます。「ケアテクトHB リペアシャンプー」の安心感のあるハーブに香りも人気の秘密です♡

パッケージも大人な女性を連想させる素敵なデザインになっていますね。

「ケアテクトHB リペアシャンプー」についてはこちらから

シャンプー後はしっかり乾かして

シャンプーが終わったら濡れた髪をドライヤーでしっかり乾かすのも美髪の秘訣です。

濡れたまま放置するのではなく、なるべく早く乾かすことをおすすめします。ドライヤーには開いた毛穴を閉じるだけではなく髪のキューティクルを整える効果があります。

タオルを使って全体的に乾かす

まずはタオルを使って簡単に乾かしましょう。地肌や髪に染み込んでいる水分を拭き取ります。なるべくタオルと髪の摩擦を減らすことが大切です。

タオルで髪を包み込むようなイメージで乾かしてみてください。タオルドライをしっかり行うことでドライヤーを使う時間を短縮できるので、熱によるダメージの軽減にもつながります。

ドライヤーは根元から

ドライヤーは髪の根元からかけるのがポイントです。また長時間同じ箇所に当てるのではなく、頭全体に均等に風が当たるように移動させながら乾かしてみてください。

最後に冷風を当ててあげると髪が綺麗に落ち着くのでおすすめです。

最近はドライヤーのダメージを最小限に抑えるためのマイナスイオン発生機能がついているドライヤーなども多く販売されているので是非チェックしてみてください。

頭皮の汚れはその日に落とそう

今日は疲れたからお風呂は明日にしよう。そんな日もあるかもしれません。しかし1日の髪の汚れをつけたまま寝るのは化粧をしたまま寝るのと同じです。

寝癖が気になる方は、夜のうちに汚れを落とし朝は髪を濡らす程度にしておくのがおすすめです。頭皮の汚れをしっかり落として誰もが羨ましがる綺麗な髪をゲットしましょう♪

こちらの記事も読まれています

ビューティーカテゴリの最新記事