シャンプーで柔らか髪に髪質改善|正しいやり方とおすすめ商品5選

シャンプーで柔らか髪に髪質改善|正しいやり方とおすすめ商品5選

毎日お風呂で髪の毛を綺麗にシャンプーしますよね。みなさんは正しいシャンプーの方法を知っていますか?

トリートメント剤などを使って髪のケアを行うことは大切ですが、まずはシャンプーのやり方を見直して髪質改善を試みてください。

きちんとシャンプーをすることで健康で綺麗な髪をゲットしましょう♪今回は正しいシャンプーのやり方や悩みや髪質ごとにおすすめなシャンプーをご紹介します。

髪質改善のためである正しいシャンプーのやり方を覚える

500円玉大のシャンプーを手に取って濡れた髪全体にシャンプーが広がるようにつける。そんなシャンプーのやり方をしていませんか?

シャンプーの目的は髪についた汚れを落とすことなので間違った方法ではありませんが、少し意識するだけでシャンプーの効果をさらにアップさせることができます。

先にブラッシングで抜け毛やホコリを取り除く

まずは簡単に髪のブラッシングを行い抜け毛や髪についたホコリを取り除きます。

実際にシャンプーをする前に髪のもつれを綺麗にしておくことでシャンプー中の抜け毛の予防することができます。

ブラッシングは毛先が柔らかいブラッシング専用のものを使うのがおすすめです。

頭皮マッサージで毛穴の汚れを落としやすくする

実際にシャンプーを始める前に頭皮マッサージを行いましょう。頭皮マッサージを行うことで毛穴が開くので汚れが落としやすくなります。

適量のオリーブオイルやホホバオイルを手に取り、頭皮を優しく5分ほどマッサージしてさらに10分ほど置きます。

頭皮の毛穴がしっかり開いたところでシャンプースタートです。

適量のシャンプーを事前に泡立てて

まずはシャンプーをつけずに髪を濡らして予洗をしていきます。予洗で髪についている約70%の汚れを取ることができると言われています。

ようやくシャンプーの出番です。使うシャンプーの量は髪の長さによって異なります。

女性のショートやボブで1〜1.5プッシュ、ミディアムで1.5〜2プッシュ、ロングで2〜3プッシュほどが目安です。

シャンプーを手にとったら、水と空気を含ませてしっかり泡立てます。これがとても重要なポイント!

泡を作ることで髪と手の摩擦を減らしダメージを最小限に抑えることができます。

髪よりも頭皮を洗うことを意識しよう

泡立てたシャンプーを髪につけたらさらにマッサージをしながら泡立てていきます。

ここでポイントですが、シャンプーは髪についている汚れというよりも頭皮の毛穴に詰まっている汚れを落とすためだということを意識してみてください。

毛穴が綺麗になると健康な髪が生えてくるようになるので覚えておいてください。指で髪をかき分けて根元の毛穴にシャンプーが届くようにしましょう。

爪が長かったりシャンプーが苦手な場合はシャンプーブラシなどを使うと便利です。

しっかりシャンプーを洗い流す

頭全体の毛穴にシャンプーが行き渡ったら最後に一番大切なステップです。シャンプーは念入りに洗い流しましょう。

シャンプーが残ったままになってしまうと、毛穴にシャンプー剤が浸透してしまい逆効果になってしまうことがあります。

綺麗に髪を伸ばすためにも泡を残さずに洗い流すことがとても重要です。

トリートメントは髪に浸透させる

シャンプー後にリンスやトリートメントを使っている人は多いですよね。

リンスやトリートメントはシャンプーとは違い、毛先を中心にケアをするためのものなので、頭皮ではなく髪につけていきます。

せっかく毛穴の汚れが綺麗に落とせたので、リンスやトリートメントが詰まらないように気をつけてください。洗い流さないトリートメントを使う場合も同じです。

悩みや髪質に合わせて選ぶ♡ おすすめシャンプー5選

シャンプーは髪が生えてくる毛穴に直接つけるものなので自分に合ったものを使いたいですよね!

髪質や悩みによってシャンプーを使い分けてみるのも髪質改善にはおすすめです。

人気の高いシャンプーをいくつかご紹介するので是非参考にしてください♡

1. 剛毛な髪を柔らかくするには「MICHILUNO」

出典:MICHILUNO

剛毛を柔らかくするのにおすすめな「MICHILUNO (ミチルノ)」が販売している「MICHILUNO-PRO VII シャンプー」。

保湿成分やオイル成分がしっかり入っているので髪の乾燥を防ぎ柔らかくしてくれます。

また洗い流したあともほんのりローズの女性らしい香りが残るのも嬉しいポイントです。

「MICHILUNO-PRO VII シャンプー」の購入はこちらから

こちらの記事も読まれています

1 2

ヘアスタイルカテゴリの最新記事