大掃除はチェックリストを用意!上手に進めるコツとアプリ情報

大掃除はチェックリストを用意!上手に進めるコツとアプリ情報

いよいよ今年も後半になり、新年が近づいてきました。年末と言えば大掃除!毎年計画的に大掃除をスッキリと終わらせて気持ちよく新年を迎えられていますか?

掃除が終わらず新年に持ち越してしまったという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は大掃除を始める前に準備したいチェックリストについてご紹介します。

Advertisement

大掃除は手順やスケジュール決めが重要

何かと忙しい年末。大掃除は効率よくきっちり済ませたいものですよね。そんな方にはチェックリストを作るのがおすすめ。

1日で全て済ます方は1日のスケジュールを、数日に分けて行う方はいつどこからお掃除を始めるかを計画することが大切です。まずは大掃除に向けたチェックリストを作るメリットをご紹介します。

二度手間にならずスムーズに

大掃除では掃除する箇所も多く、どこから手を付ければよいか困ってしまいませんか。

また、「床を掃除した後に照明をお掃除したら、ホコリが落ちて床をもう一度掃除することになった」とか、「家族で分担して掃除していたが、終わった個所を別の人がまた掃除していた」など二度手間になってしまうことも。

さらにお掃除する箇所に合わせた掃除道具だけ買い足せばよいので、余分な買い物をしてしまったという失敗も防ぐことができます。

うっかり忘れの防止に

一通りお掃除が終わってスッキリした♪と思っていたら、後から「あそこを掃除し忘れていた」なんて思い出すことも。

チェックリストを作っておけばやり残しやうっかり忘れてしまうということも防ぐことができます。

モチベーションアップにおすすめ

大掃除は掃除箇所も多く、時間もかかるためゴールが見えないとやる気が出なかったり、途中で手を抜きがちになってしまうこともあります。

チェックリストがあるとお掃除の進み具合が目で見てわかるため、モチベーションアップにつながります。終わった個所を好きな色で塗りつぶしたり、好きなシールを貼ったりして埋めていくのは達成感も湧きおすすめです。

短時間で大掃除を済ませるポイント

新米ママや小さいお子さんがいる方、お仕事で時間が取れないという方など、大掃除に時間をかけられないという方も多いですよね。

1日、又は2日間など短い時間で大掃除を完了させるコツをご紹介します。時間に制限がある分、チェックリストの作成やスケジュールの管理がより重要です。掃除箇所の選定や、順序の決め方がポイントです。

完璧を求めない

短時間で大掃除を行う以上、隅から隅まで完璧にピカピカにするのは難しいのは当たり前です。掃除をしたい場所も挙げればきりがありません。

あれもこれもと欲張らず、ここだけはしっかり掃除しよう!と決めてとりかかりましょう。「1日でココまでよく頑張ったな」と割り切ってお掃除することが大切です。

いつも掃除しない場所にポイントを置いて

ここまでスケジュールやチェックリストの活用が大切とご紹介した通り、短時間で大掃除を完了させるならよりリストの作成が重要になります。お掃除をする場所の選定は普段お掃除しないスポットを選びましょう。

キッチンのシンクやトイレの便器、廊下など普段からお掃除している場所は省き、レンジフードや冷蔵庫の内側、浴室の天井や排水溝、照明器具などをピックアップしておきます。

たくさん選び過ぎてしまったら優先順位を決めると選定しやすくなりますよ。

便利グッズを有効活用

お掃除する場所を決めたらその場所に合わせてお掃除グッズを揃えますが、便利グッズを活用するのがおすすめ。メラミンスポンジやマイクロファイバータオルなどは洗剤を使わずに汚れも落とせる便利な商品です。

他にもシートタイプのお掃除グッズは拭くだけと簡単でスポンジを洗ったり、水拭き・乾拭きなども省くことができます。このような時短アイテムを賢く使用するのもポイントです。

スケジュール決めは浸け置き優先に

短時間で効率よくお掃除をこなすのに浸け置き洗いは強い味方です。人気のオキシクリーンやクエン酸などを使い数時間浸け置きすると汚れが浮いてきて、簡単にきれいにすることができます。

お風呂の浴槽に残り湯をためておき、イスや風呂桶、フタなどをオキシ漬けしたり、シンクで換気扇やコンロの五徳などを浸け置きするところから始めましょう。その後他の箇所をお掃除することができますよ。

チェックリストに必要な項目

ここからはチェックリストを作るうえで必要となる項目をご紹介します。いつも掃除する場所以外にも忘れずきれいにお掃除するために、リストを作ってしっかり計画的に進めましょう。

お掃除箇所は細かいところまで

キッチン・浴室・リビング・廊下などまずは家の中の各お部屋を書き出してみましょう。チェックリストには大まかなスポットだけでなく、そこから掘り下げて何をどう掃除するかまで記載しておきます。

例えばキッチンであればシンク、排水溝、コンロ、換気扇、冷蔵庫、電子レンジなど。細かい場所まで記載しておけば掃除のし忘れも防ぐことができます。

家族と手分けしてお掃除をするのであれば、掃除箇所の見落としがないか一緒にリストを作るとより安心ですね。

お掃除の順序は“上から下へ”

掃除箇所を書き出してから順序を決めずに掃除を始めると二度手間になることも。1日で掃除をするにしても、数日かけて掃除をするにしても順序を決めておくのも大切なポイントです。

順序を決める方法としては、「上から下へ」「奥から入口へ」が鉄則。寝室や浴室などお家の奥から掃除をはじめ、天井から床にホコリを落とすイメージで進めましょう。

最後に玄関などを掃除すればお家から汚れを追い出すことができます。

また、浸け置き時間が必要な個所は浸け置き時間も考えて、その待ち時間にできるお掃除をスケジュールに組み込むと無駄なく時間を使うことができますよ。

必要なものを書き出して買い物リストにも

お掃除箇所ごとに必要なお掃除アイテムを書き出してみましょう。わざわざ書かなくてもいいかもしれないと思うものでも必ず書き出してみてください。

掃除機やほうきなどは複数人で掃除をするときに同時に必要になってしまうことも考えられます。その場合には順番を変えるなどの工夫ができますね。

また、消耗品や洗剤なども使う目安になるので、買い物リスト作りにも役立ちます。

家族みんなで掃除するなら役割を決めよう

複数人でお掃除を分担する場合には担当する人を記載する欄を設けましょう。自分がお掃除するべき場所を一人一人が認識することで責任感を持って取り組むことができますよ。

作業量や日程を照らし合わせながら役割分担を決めると作業もスムーズになりますね。

早速チェックリストを準備しよう!

ここまではリストを作るメリットや書き出したい項目をご紹介しました。さっそく大掃除用のチェックリストを準備してみましょう。

チェックリストの作り方にはいくつか方法があります。ここからは便利なチェックリストの準備方法をご紹介します。

テンプレートを使って参考に

インターネット上で大掃除用のチェックリストのテンプレートを探すこともできます。まずはどのような形式でリストを作っていいのか悩むという方はこのようなテンプレートを使用したり、参考にして準備するのがおすすめです。

下記のような一般的な家庭でお掃除する箇所が一覧になっているリストを使い、足りない部分を書き足したり、不要な部分を消すなどしてカスタマイズして活用することができますよ。

カンタン大掃除リスト/Nitto ニトムズ 公式サイトへ

スマホアプリで賢くスケジューリングを

スマホアプリにはお掃除に便利なものも沢山あります。スケジュール管理ができたり、お掃除の豆知識も合わせてみることもできます。

リマインダー機能も搭載“いえメンテ”

出典:株式会社西武開発

お家のメンテナンスのお手伝いをしてくれるアプリです。お掃除だけでなく、保険や防災など様々なものをメモしたり、写真に残したりと便利に使うことができます。

リマインダー機能もあるので、大掃除のスケジュール管理にもおすすめ。

いえメンテの詳細はこちら

いえメンテのダウンロードはこちら(App Store)

夫婦で共有できる“家事ノート”

共働き夫婦におすすめの家事分担アプリです。家事分担をわかりやすく可視化でき、記録していくことができます。カレンダーで管理することもできるので、計画的に分担して大掃除を進められますよ。

家事ノートの詳細はこちら

家事ノートのダウンロードはこちら(App Store)

家事ノートのダウンロードはこちら(Google Play)

オリジナルならExcelで

自分のオリジナルのリストを作るならExcelで作るのがおすすめ。手書きも良いですが、Excelで表を作ればレイアウトもしやすく、一通り作り終わった後に色分けや掃除順に並び変えたりと表を見やすく工夫することができます。

さらに担当者ごとにソートして印刷すればそれぞれの担当が一覧になったリストを配ることも可能ですよ。

掃除リストのExcelシートダウンロードはこちら/Microsoft Office

チェックリストで計画的にお掃除を進めよう

今回は大掃除を始める前に準備したいチェックリストについてご紹介しました。大掃除は計画せずに始めると、気がついたらあれもこれもと思った以上の時間がかかることも多いです。

事前にどこをどう掃除するかをリスト化して計画的に大掃除を進めて、新年をスッキリとした気持ちで迎えましょう。

生活術カテゴリの最新記事