10連休GWはタイのバンコクへ女子旅♪ 観光やグルメ13選

10連休GWはタイのバンコクへ女子旅♪ 観光やグルメ13選

2019年のゴールデンウィークは新天皇即位に伴い4月27日~5月6日までの10連休!大型連休ということで海外旅行を計画する方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがタイのバンコク。年中気温が高く、物価は安く、人も優しいバンコクは女子に嬉しい旅行先として注目を集めています。

今回はそんなバンコクにある数々のおすすめスポットや旅行をする際の注意点をいくつかご紹介します。

旅費を抑えて旅を満喫しよう

今度のゴールデンウィークは大型連休で、早くから海外旅行を計画している方がたくさんいます。年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどは、旅費が比較的安いタイであっても高騰しますよね。

まずは少しでも旅費を抑える秘訣をご紹介します。旅費を抑えた分、現地での思い出作りやお土産にまわしたいものですね♪

航空会社を比較して検討

まずは航空券を安く抑える方法です。日本からバンコクへは様々な会社の航空機が飛んでいます。

個人旅行ではメジャーなJALやANA、タイ航空などを利用するより、エアアジアやバンコクエアウィズ、スクートなどのLCCを利用するのがおすすめ。

荷物を預けたり飲食などもすべて有料となりますが、かなり旅費を抑えることができますよ。

スカイスキャナーなどの比較サイトを利用して価格を比較して決めると良いでしょう。バンコクまでは直行便であれば6~7時間で到着しますが、乗り換えが必要な便では10~15時間ほどかかります。

航空会社によっては直行便でないものもありますので、予約の際にはしっかり確認しておきましょう。

skyscannerのサイトはこちらから

ちょっとずらして入国・出国

バンコクへのハイシーズンは4月末~5月始めのゴールデンウィークや7・8月の夏休み期間、12月のクリスマス前後です。オフシーズンは1月後半~2月、ゴールデンウィーク明け~6月前半、9月後半~10月となっています。

高い時期では安い時期と比べて5倍くらいかかってしまうこともあります。

ゴールデンウィークの前後などの平日に有休を利用して前乗りしたり、ゴールデンウィーク明けに帰国するなどちょっとだけ飛行機に乗る時期をずらすだけでも数万円旅費を抑えることもできますよ。

オプショナルツアーを賢く利用

格安ツアーを利用するのもおすすめですが、自分が行きたいスポットがツアーに組み込まれていなかったり、希望する時間帯の飛行機に乗れないなど制限があることも。

そこで現地のオプショナルツアーを個人で予約するのもおすすめです。VELTRA(ベルトラ)などの予約専用サイトを利用すれば自分好みのスポットに行くことができたり、予約時に決済ができたり、ツアー料金の1%をポイントで還元してくれるなどのサービスもあります。

ユーザーの体験談も事前に見ることができるのも安心できますね。モニターツアーや限定割引などお得な企画が開催されていることもあるので、是非チェックしてみてください♪

VELTRAのサイトはこちらから

絶対外せない王宮観光スポット3選

バンコクで絶対に外せない観光スポットといえば美しい王宮。日々大勢の観光客で賑わっています。

ショートパンツやミニスカート、穴のあるパンツなど露出度が高い服装では入場ができない場合があるので露出度が低い綺麗めな服装で行くことをおすすめします。

また身分証明書の提示が必要な場合に備えてパスポートを持っていきましょう。

1. 別名エメラルド寺院「ワットプラケオ」

まずご紹介するのが王室の守護寺でもある寺院「ワットプラケオ」。まるで宝石箱のような金色の世界は歩いているだけでもワクワクしてきます。

また翡翠で作られた「エメラルドの仏像」は迫力があり素晴らしいので是非チェックしてみてください。

住所:Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
営業時間:8:30〜15:30

2. 夜景が素敵な「ワットアルン」

暁の寺とも言われている「ワットアルン」。上まで登ることができ絶景が楽しめるのがポイント。また夕方になると「ワットアルン」はライトアップされてとても幻想的なので夕暮れ時に行ってみるのがおすすめです。

住所:34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600
営業時間:8:00〜18:00

3. 寝転がってる大仏を探せ「ワットポー」

こちらはバンコク最古の寺院でもある「ワットポー」。「ワットポー」で絶対に見たいのがなんと全長46メートルもある横たわっている大仏「寝釈迦仏」です。

また寺院内には本格的なタイ古式マッサージを受けれるマッサージ場もあります。

住所:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210
営業時間:08:00〜17:00

タイの歴史や文化を感じるスポット3選

微笑みの国ともいわれるタイ。そんなタイの文化や歴史を体感できるスポットをご紹介します。王宮以外にもバンコクならではの味わい深い思い出ができるスポットはまだまだありますよ。

1.タイの最強パワースポット「エラワン・プーム」

アフタヌーンティで有名なエラワンワイアットやセントラルワールドなどの大型デパートが立ち並ぶ便利な立地にある「エラワン・プーム」は、タイ最強のパワースポットとして知られていて、このプームで祈った願い事は必ずかなうと言われているほどです。

日々お供えのお花で埋もれんばかりの勢いも見ることができ、熱心な信仰を知らされますね。

参拝方法は、入口に近い場所から時計回りに4面あるブラファー像に祈り線香をあげて献花をします。現地で線香とお花をセット購入することができますよ。

住所:494 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok, 10330
営業時間:08:00〜22:30

2.伝統建築様式などを楽しめる「ジム・トンプソンハウス」

タイのシルクを世界に広めシルク王と呼ばれたジム・トンプソンが住んでいた家がそのまま保存されて博物館となっています。6つの家からなっていて、すべてタイの様々なエリアの伝統建築様式によって建てられているのもポイント。

さらに絵画や仏像、磁器など素晴らしいアンティークが飾られていて、センスの良い空間を鑑賞することができます。日本語のガイドもあるので安心ですね♪

ジムトンプソンショップやタイシルクを販売しているお店や、タイ料理のランチやディナーを楽しめるお店も敷地内にありますよ。

住所:6 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Rd., Bangkok
営業時間:09:00~18:00

THE JIM THOMPSON HOUSE MUSEUM(海外サイト)はこちらから

3.水上生活を垣間見る「タリンチャン水上マーケット」

タイの観光地としても人気の水上マーケット。中でもタリンチャン水上マーケットはバンコク市内からも近く、気軽に行けるスポットです。

週末のみの開催ですが、ローカル色が豊か♪観光ツアーで有名なダムヌン・サドゥアックやアムパワーは人混みも多いので、のんびりと古き良き風情を味わうならこちらもおすすめです。

ボートチケットを購入すると水上マーケットを見て回ったり、舞踊を見たり、寺院参拝ができたりなどたっぷり楽しむことができますよ。水上レストランではタイ料理やシーフードなどが安い価格でいただくことができます。

タイ語と英語での表記ですが、写真もあるのでオーダーも難しくないのも嬉しいですね。

住所:324 Chakphra Rd, Bangkok, Thailand
営業時間:毎週土曜日、日曜日8:00~17:00

安くてお得!おすすめショッピングスポット4選

女子旅にとって楽しいショッピングは欠かせないですよね。安くて可愛いアイテムがたくさん売られているバンコクはショッピング天国です♡

小さなお店から大きなショッピングモールまで、一度は立ち寄りたいショッピングスポットをご紹介します。

1. なんと2500店舗以上「MBKセンター」

約2500店舗が大集合する大規模ショッピングモール「MBKセンター」。8階建てになっていて一度ショッピングを始めたら止まらなくなります。

タイは物価が安いので日本でも見るようなブランドでも安く買えることも!ついつい商品に手が伸びてしまいそうですね。

住所:444 8th Fl. MBK Center Phayathai Rd., Pathumwan Bangkok 10330
営業時間:10:00〜22:00

「MBKセンター」の公式サイト(英語)はこちらから

2. 水族館や映画館まで「Siam Paragon」

有名なブランド店、水族館、映画館、そして世界中の料理が楽しめる数々のレストランが大集合している大きなショッピングモール「Siam Paragon (サイアムパラゴン)」。

高級ファッションブランドやバッグブランド店も多いですが、プチプラ服やアクセサリー店もとても可愛いのでおすすめです。朝から晩まで思う存分ショッピングがお楽しみください♪

住所:991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
営業時間:10:00〜22:00

「Siam Paragon」の公式サイト(タイ語)はこちらから

3. 大規模市場でお土産ゲット「Chatuchak Weekend Market」

現地の生活や雰囲気が感じられる「Chatuchak Weeked Market (チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット)」は土日限定で営業している大規模市場です。

アジアらしい雑貨や食器、安くて綺麗な洋服やアクセサリー、そして美容製品など女性に嬉しいアイテムで溢れています。友達へのお土産ショッピングにもぴったりです。

住所:Kampaengphet 3 Rd., Ladyao , Chatuchak district , Bangkok 10900
営業時間:8:00~19:00 (お店によって異なる場合もあります)

4.新ナイトスポット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」

2012年にオープンしたバンコクの新ナイトスポットです。倉庫跡地を再建築した観光客向けの巨大なマーケットで、アジア雑貨やバンコクの人気ファッションなど様々な小売店が約1500店並びます。

レストランも約40店が揃い、キャバレーショーやニューハーフショー、伝統人形劇などのショーステージも続々登場。タイ式マッサージのお店もあるなど、タイを思いっきり満喫できるスポットとなっています。

高さ60mの大型観覧車もあり、観覧車からバンコク市街や川沿いを一望できます♪おすすめは夕焼けの18時前後。地上から見る景色とはひと味違う素敵な景色を堪能できます。

住所:2194 Charoenkrung Rd., Wat Prayakai, Bangkoleam, Bangkok, 10120
営業時間:16:00~24:00(レストラン10:00~)

ASIATIQUE THE RIVERFRONT(海外サイト)はこちらから

レストランだってこんなに!おすすめ3選

トムヤムクンやパッタイ、そしてガパオライスなどタイ料理は日本でもとても人気がありますよね。

バンコクには定番タイ料理が食べられるお店からおしゃれな雰囲気の中で美味しい食事ができるレストランなどおすすめのレストランがたくさん!

1. お客さんで賑わう大人気店「Sornthong Restaurant」

地元人の生活が感じられる毎日大勢のお客さんで賑わう「Sornthong Restaurant (ソーントーン・ポーチャナー)」。座席数が多く大人数でも入れるので旅行者にぴったりです。

「Sornthong Restaurant」は新鮮な魚介類を使った数々の料理が大人気で、中でも大皿に盛られた大きな海老「クンパオ」は迫力満点ですよ♪

住所:2829-31 Rama 4 Rd.Bangkok,Thailand
営業時間:16:00~26:00

「Sornthong Restaurant」のFacebookページはこちらから

2. 買い物ついでにお食事を「Laem Cha-Reon Seafood」

大きなショッピングモール「Central World Plaza」の中にある大人気レストラン「Laem Cha-Reon Seafood (レムジャロン シーフード)」。

シーフード料理店というだけあり新鮮な魚を使った料理がとにかく絶品です。またメニューには日本語表記もあるのでタイ語や英語が苦手な方でも安心ですね。

住所:3th Fl., B305-306 Central World Plaza, Rajdamri Rd., Pathumwan, Bangkok
営業時間:10:30〜22:00

「Laem Cha-Reon Seafood」のFacebookページはこちらから

3. 高度世界一のスカイバー「sirocco」

出典:lebua HOTELS & RESORTS

ビルの63Fにある高度が世界一のスカイバー「sirocco」。食事を楽しむこともできますが食事のお値段は高めなのでデザートやドリンクのみの利用がおすすめです。

とにかくおしゃれでバンコクの夜景が一望できる女子旅にぴったりなレストランなので是非一度行ってみてください♡

住所:State Tower 63th Floor, 1055, Silom Rd., Bangrak, Bangkok 10500
営業時間:18:00〜25:00

「sirocco」の公式サイト(英語)はこちらから

女子旅で特に注意したいポイント

リゾート地に旅行をする場合とリゾート地以外を旅行をする場合では注意しないといけないポイントが異なります。

バンコクに限らずタイを旅行する際に気をつけたいポイントをいくつかご紹介するので是非参考にしてください。

個別行動はしない

大勢の観光客で溢れているリゾート地などでは個別行動時間を設け女子旅を楽しむことがありますが、タイではなるべく別行動は避けましょう。

特に夜の一人歩きやタクシーに乗ることは絶対にやめてください。タイは普通に生活をしている分には治安は悪くはないですが、犯罪などに巻き込まれないためにもみんなで一緒に行動することが大切です。

野良犬には気をつけて

日本で可愛い犬を見かけたらつい触りたくなりますよね。タイには驚くほどたくさん野良犬がいますが絶対に触らないでください。野良犬に噛みつかれると狂犬病にかかってしまう危険性があります。

狂犬病には予防ワクチンが無い上に発症すると高い確率で死亡する恐ろしい病気なので、野良犬にはなるべく近づかないようにしましょう。

品のある服装で

タイは年中暑い国なので涼しい格好がしたくなる気持ちは分かりますが、なるべく露出の少ない品のある格好でいることをおすすめします。

服装によっては入れない場所なども存在するので覚えておきたいポイントです。常に綺麗でフォーマルな格好をする必要はありませんが、穴が空いた洋服や肌が見えすぎている洋服は避けましょう。

バンコクで思い出に残る女子旅を♡

大切な女友達と一緒に時間を過ごしているだけでも楽しいですが、日本を出て一緒に海外旅行をするとさらに思い出に残る時間になりますよね。

今回は女子の旅行先として人気の高いタイのバンコクについてご紹介しました。次の女子旅は是非東京から約6時間で行けるバンコクを検討してみてください♡

こちらの記事も読まれています

海外旅行カテゴリの最新記事